食・グルメ・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

コッペパン専門店「パンの田島」のおすすめ10種を実食レポ

これからの季節、早起きして気持ち良い朝の日差しを浴びてからの朝食や、公園でのランチが楽しみになりますよね。そんな時にオススメなのが、店内でもテイクアウトでもいただけるコッペパン。今回は、約30種類から選べる「パンの田島」のコッペパンをご紹介!惣菜パンとスイーツパン10種を実食してみました。

Date2018/04/18

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
トキメキ女子
カテゴリ
食・グルメ
エリア
自由が丘

約30種類の作りたて上質パンで、朝食、ランチ、おやつタイムが楽しくなる!/パンの田島 自由が丘店

パンの田島


近年のコッペパンブームのなかで、首都圏を中心にお店を構える人気コッペパン専門店「パンの田島」。 今回は、自由が丘駅から徒歩約2分の場所にある「パンの田島 自由が丘店」に潜入してきました。


パンの田島


パンのカテゴリーは大きく分けて3つ。

朝食やおやつ、デザートとしてピッタリの「甘いコッペパン」、空腹を満たしてくれるランチに最適な「惣菜コッペパン」、カリカリとした食感が特徴の「揚げたてパン」がラインナップ。

約30種類と豊富なので、友達と来たらそれぞれ違う味を選んでいろいろ食べ比べるのがオススメ。手で簡単に分けられるので、シェアするのも楽々ですよ。


パンの田島


店頭には揚がったばかりの美味しそうな揚げパンがずらり。 お店に入る前から食欲を刺激されて、「早く食べたい!」と期待が高まります。


パンの田島


イートインコーナーがあるので、持ち帰る時間すら待ちきれないという人は、作りたてをすぐにいただくこともできますよ。二名テーブル席があるので、友達と来たら、こちらの席をチョイスして。


パンの田島


店内は昔の小学校をイメージしたレトロかわいい空間で、雰囲気バッチリ!

朝8時からオープンしているので、出社前のモーニングにも◎。美味しいコッペパンをゆったりと店内でいただいて、仕事前のパワーチャージにもピッタリです。


パンの田島


同店のパンは「焼きたて」、「揚げたて」、「作りたて」にこだわっています。 惣菜コッペパンも揚げたてパンもアツアツのまま、一番美味しい出来立ての状態でいただけるのがうれしいですね。


パンの田島


それでは、さっそくお店イチオシコッペパン10種類をご紹介していきます。



腹ペコ女子も大満足!ランチに食べたいボリューム満点「惣菜コッペ」!


まずは、惣菜コッペパン5種から!

今回は、中身がよく見えるようにパンを開いた状態のコッペパンを撮影させていただきました!


パンの田島からあげ タルタルソース


老若男女問わず人気の「からあげ タルタルソース」(350円)は、ぷりっぷりのお肉がジューシーでお腹がペコペコのときにかぶりつきたい一品。

タルタルソースの主張が強すぎず、見た目よりもさらっといただけます。シャキシャキとしたキャベツが良いアクセントになっています!

パンはふわっとしていてしっとり。パサパサ感とは無縁のパンだから、スイスイといくらでも食べられそうです。


パンの田島厚切りハムカツ


お肉をさらに楽しみたいなら「厚切りハムカツ」(350円)がオススメ!

ステーキを食べているような感覚がするほどハムが肉厚で、ボリューム満点! 腹ペコ女子も大満足間違いなしですよ。


パンの田島海老カツたまご


この春からメニューに加わった「海老カツたまご」(350円)はプリップリの海老の食感が◎。

なめらかなたまごペーストがやさしい味わい。サクップリッとした海老カツの食感と、しっとりしたたまごの風味の相性がバツグンです。


パンの田島コンビーフポテト


精肉店が手作りする極上コンビーフを使った「コンビーフポテト」(350円)は、一度は食べてみてほしい美味しさ!

口の中でとろけるような柔らかさのコンビーフから、お肉の旨味がジワ〜っと溶け出します。ゴロゴロとしたポテトは甘めで、マヨネーズの香りがほんのり漂います。


パンの田島ナポリタンドッグ


「ナポリタンドッグ」(350円)は長いソーセージが印象的。

ナポリタンはシンプルな味付けで、どこか懐かしさを感じる味わい。だからソーセージのお肉の味がよく引き立ち、お肉の美味しさを感じられるコッペパンです。


スイーツとしても超優秀!「甘いコッペパン」も高クオリティ


惣菜コッペパンでお腹を満たしたら、〆はどれもこれも絶品ぞろいの甘いコッペパンで!


パンの田島つぶあん・マーガリン


スイーツ系コッペパンの王道「つぶあん・マーガリン」(200円)は、同店でも大人気。

自家製のつぶあんは、甘さ控えめですがコクがあり上品なお味。たっぷり塗られたマーガリンの香りもたまりません! シンプルだからこそ、素材へのこだわりを感じられる一品です。


パンの田島いちごジャム・マーガリン


パンにいちごジャムとマーガリンという、いたって普通のコッペパンに見える「いちごジャム・マーガリン」(200円)ですが、ひと味違います。

上品で香り豊かなイチゴは上品な味わいで、果肉がジューシー。マーガリンは相変わらず香り高く、イチゴとの相性もバッチリ!朝食、ランチ、おやつ、いつでも食べたいと思わせてくれる上質なコッペパンです。


パンの田島生チョコクリーム チョコチップ


チョコ好きなら注文せずにはいられない「生チョコクリーム チョコチップ」(240円)は、生チョコクリームがたっぷりで濃厚! ほんのり苦味のあるチョコチップが、パリパリと食感をにぎやかにしてくれます。

スイーツとしてもハイクオリティなので、自分へのご褒美にもピッタリですよ。


パンの田島つぶあん・宇治抹茶クリーム


深みのある抹茶の風味に心癒される「つぶあん・宇治抹茶クリーム」(240円)は、見ため鮮やかで食欲をそそります。

抹茶とあんこの相性の良さは言わずもがな。甘すぎず上品な味わいなので、ホッとひと息つくティータイムにいただくのがオススメです。


パンの田島黒豆きなこクリーム


最後にご紹介するのが、きなこの風味が口いっぱいに広がる「黒豆きなこクリーム」(220円)。

口に入れた瞬間、きなこの香りがふわーっと漂うきなこクリームは、甘さ控えめで大人のスイーツといった感じ。 しっとりとしたコッペパンとなめらかなクリームの相性がバツグンで、何度も食べたくなる味わいです。




パンのお供に欠かせないコーヒーにもこだわりが!

パンの田島


パンの田島


コッペパンのお供に欠かせないコーヒーは、系列である「ドトールコーヒー」が「パンの田島」のコッペパンにあうようにブレンドしたもの。こだわりの「田島ブレンド」(250円)は、もちろんテイクアウトも可能です。



まとめ

ポポラマーマ御徒町店


作りたてにこだわった「パンの田島」のコッペパンは種類豊富で、どれもなつかしさの中に驚きや新しさを発見できるものばかり。

コーヒーをお供に、さまざまな味を楽しんでみては?



パンの田島 自由が丘店
住所:東京都目黒区自由が丘2-11-11
電話番号:03-6421-2015
営業時間:8:00~20:00(イートインL.O.19:30)
定休日:なし
最寄駅:自由が丘



取材・文/黒澤陽二郎


※2018年4月18日時点の情報です。価格は、すべて税込みです。内容は変更になる場合があります。


あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える