食・グルメ・子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

レアな出来たて「MOW」アイスも!800種類ものお菓子が買える、新宿の「お菓子の家」を知ってる?

2017年10月にルミネエスト新宿にオープンした「Yesterday’s tomorrow」。メーカーの垣根を越えて、約800種類のお菓子が勢揃いする、お菓子のワンダーランドです。オリジナルのお菓子詰め合わせが作れたり、出来たてのスイーツを食べられたりと、子どもだけでなく大人の心をくすぐる要素もたくさん♪次のお休みに、親子で出かけてみませんか?

Date2018/03/17

約150メーカー800種類のお菓子が集結!夢のようなお菓子屋さんへ

Yesterday’s tomorrow 店内


今回訪れたのは、「Yesterday’s tomorrow ルミネエスト新宿店」。こちらは、ポテトチップスやかっぱえびせんで有名な「カルビー」が手掛ける新ブランドショップ。「お菓子の楽しさを伝えたい」という想いから生まれた、日本全国のさまざまなブランドのお菓子が一堂に集まる、夢のようなお菓子屋さんなのです!


Yesterday’s tomorrow 店内


大手メーカーから地域に根付いた地方のお菓子会社まで、取り扱いメーカーは約150社!お菓子の数は、なんと約800種類にも及びます。

店内には、子どもの頃に食べた懐かしのお菓子から店舗限定商品、全国の地方菓子までずらりと並び、目移りしてしまうこと必至!




お菓子の量り売りコーナーで、自分だけのお菓子パックを作ろう!

Yesterday’s tomorrow お菓子の量り売りコーナー


まずチェックしたいのは、お店自慢のお菓子の量り売りコーナー。約100種類のお菓子が並び、好きなお菓子を好きなだけ詰めることができます。

ちなみにこの台は、昔、百貨店などのお菓子売り場にあった、くるくる回るお菓子の回転台をイメージしたのだそう。また台の上に吊るされたシャンデリアは、本物のポテトチップを使用したオリジナルなんです!


Yesterday’s tomorrow 小さなお菓子


ビスケットやチョコレート、キャンディなど、食べきりサイズの小さなお菓子が盛りだくさん。「ママが小さいときはよくこのお菓子を食べてたんだよ」と、親子の会話も弾みそう♪


Yesterday’s tomorrow 量り売り


お菓子の量り売りは、一律で1gにつき3円。ついついたくさん詰めてしまいますね!子どもが自分で選ぶなら、「1週間分のおやつ」など設定するのがよさそう!考えながら選ぶので、お勉強にもなりそうですね♪


Yesterday’s tomorrow ラッピング


お菓子は、+100円でオリジナルの袋に入れてラッピングしてもらうこともできちゃいます。


Yesterday’s tomorrow ラッピング


スタッフさんにお願いして、専用の機械にお菓子を入れてもらうと…


Yesterday’s tomorrow ラッピング


セットされた袋にお菓子が入っていき…


Yesterday’s tomorrow オリジナルお菓子パック


あっという間にオリジナルお菓子パックの出来上がり!!


Yesterday’s tomorrow オリジナルお菓子パック


自分好みのお菓子だけで袋詰めできるなんて幸せ♡子どもの友達の誕生日会やイベント事など、いろんなシーンで活躍してくれそうですね♪




カルビーの限定商品や地方菓子など、食べたことのないお菓子も充実!

Yesterday’s tomorrow お菓子を集めたコーナー


こちらは、地域で愛される日本各地のお菓子を集めたコーナー。内容は時期によって変わるので、どんなお菓子があるかはお楽しみ♪


Yesterday’s tomorrow ミルクケーキ、パピロ


この日は、東京ではなかなか手に入らない、山形県ではポピュラーな「ミルクケーキ」や、長野県の牛乳屋さん「オブセ牛乳」のお菓子などがラインナップ。地元の人には懐かしい、東京の人には珍しいお菓子に出会うことができます。


Yesterday’s tomorrow バラパン


テレビでも話題になっている島根県の「バラパン」。毎週水曜日に入荷し、すぐに売切れてしまう人気ぶりなのだとか。気になる人は、水曜・木曜を狙って訪れるのがオススメですよ!


Yesterday’s tomorrow カルビーの店舗限定商品


国内11店舗、海外1店舗を展開するカルビーのアンテナショップ「カルビープラス」と「Yesterday’s tomorrow」でしか購入できない、カルビーの店舗限定商品もそろいます。


Yesterday’s tomorrow かっぱえびせん匠海


通常の「かっぱえびせん」の6~7倍の量のエビを使用した「かっぱえびせん匠海」(40枚2,160円)は、手土産用にもピッタリ!食感と味を追求した究極のかっぱえびせんは、どの世代の人にも喜んでもらえること請け合いですよ♪


Yesterday’s tomorrow ロングセラーのお菓子


Yesterday’s tomorrow お菓子の珍しいフレーバー


そのほか、ロングセラーのお菓子があったり、なじみのあるお菓子の珍しいフレーバーがあったりと、気になるお菓子がたくさん!選んでいる間も、思わず笑顔がこぼれてしまいそうです♡


Yesterday’s tomorrow 雑貨


お菓子だけでなく、各メーカーのお菓子をモチーフにしたオフィシャルの雑貨類もラインナップ!


Yesterday’s tomorrow お菓子のワッペン


Yesterday’s tomorrow マスキングテープ


「じゃがりこ」や「食べっ子どうぶつ」など、なじみのあるお菓子のワッペンやマスキングテープ、ノートなどがずらり。これらは全て「Yesterday’s tomorrow」でしか購入できない限定品。子どもだけでなく、ママも一緒に使いたくなってしまうようなかわいいアイテムばかりです。




キッチンコーナーで食べられる、出来たてお菓子に感動♡

Yesterday’s tomorrow キッチンコーナー


さらに、作りたてのお菓子が食べられるキッチンコーナーも!


Yesterday’s tomorrow イートインスペース


イートインスペースがあるので、子どもと一緒にゆっくり座って食べられるのが嬉しいですね。


Yesterday’s tomorrow ポテりこサラダ、できたてチーズビット 濃厚チェダーチーズ味


一番人気は、「じゃがりこ」から生まれた新感覚のフライドポテト「ポテりこサラダ」(写真左/310円)。外はカリッ、中はホクホクな、出来たてならではの食感が楽しめます。一度食べたら止まらなくなってしまうこと間違いなし♡

そのほか、サクサクと軽やかな食感とチーズの風味がたまらない「できたてチーズビット 濃厚チェダーチーズ味」(写真右/250円)や、ポテトを練りこんだもっちり食感のチュロス「ポテチュロ」(210円)などがあるので、子どもとシェアしていろいろな味を楽しんでみて!


Yesterday’s tomorrow 抹茶ラテ


またカルビー以外のメーカーの出来たてスイーツも用意。季節によりラインナップが変わり、現在は「伊藤園」のお茶を使ったドリンクと、森永乳業と伊藤園がコラボしたソフトクリームを販売中。

ママにオススメは、無糖で抹茶本来の苦みとうま味を堪能できる「抹茶ラテ」(380円)。ほどよい苦みで、甘いお菓子と合わせるのにもピッタリですよ。


Yesterday’s tomorrow 忍者アイス ~忍法、味変えの術~


子どもと一緒に食べたいのが、こちらの「忍者アイス ~忍法、味変えの術~(580円)」。ミルク感たっぷりな「MOW」のソフトクリームに、緑茶、ほうじ茶、麦茶の粉末をかけていただく、ユニークなメニューです。


Yesterday’s tomorrow 忍者アイス ~忍法、味変えの術~


それぞれのお茶をかけて食べてみたり、お茶を混ぜて食べてみたり…、食べ方によって変わる味わいを楽しんでみてくださいね♪




まとめ

Yesterday’s tomorrow ルミネエスト新宿店


お菓子や雑貨、イートインと、楽しみが詰まったお菓子のワンダーランドは、大人も子どももワクワクすることうけあい!ママ用、子ども用はもちろん、ちょっとしたプレゼントにもピッタリで、いろいろなシーンで活用できますね。ぜひ子どもと一緒に訪れてみてくださいね!


Yesterday’s tomorrow ルミネエスト新宿店
住所:東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿B1
電話番号:03-6380-1888
営業時間:月~金 11:00~22:00、土・日・祝 10:30~21:30 ※L.O.は閉店30分前
定休日:ルミネエストに準ずる
最寄駅:新宿




取材・文/石部千晶(六識)

※2018年3月17日現在の情報です。価格はすべて税込みです。商品や内容は異なる場合があります。


あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える