食・グルメ・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

銀座のド真ん中で料理100円&ワイン300円から!?本格ヴェネツィア料理を堪能してイタリア気分に浸ってきた

友達から「銀座のイタリアンに行かない?」と誘われたら、誰だってそれなりの出費は覚悟しますよね。 ところが今回ご紹介するお店は、そんな先入観を打ち砕く、リーズナブルな飲み方ができるんです。しかも、高級ブランドが並ぶ銀座の一等地で! さっそく行ってみましょう。

Date2018/02/23

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
無敵女子
カテゴリ
食・グルメ
エリア
銀座一丁目銀座

銀座のド真ん中でヴェネツィア気分♪料理は100円~の、お得すぎるイタリアン/OSTERIA BARABABAO

OSTERIA BARABABAO外観


やってきたのは、銀座一丁目駅前の立派な商業ビルの9階にある「OSTERIA BARABABAO(オステリア バラババオ)」。 高級ブランドが立ち並ぶ銀座の中心でリーズナブルに飲めると噂のお店です。

「本当に!?」と疑いたく気持ちを抑えつつ、落ち着いた雰囲気のお店へ。


OSTERIA BARABABAO店内


ワインボトルが飾られた壁や大理石の床などから、銀座らしさを感じるおしゃれな店内。格調高いムードの中にも居心地の良さが感じられる空間です。


OSTERIA BARABABAO立ち飲みスペース


その手前には、エントランスと店内の間に立ち飲みスペースが。このエリアでは、丁寧に作られた本格ヴェネツィア郷土料理を、気軽に一品からリーズナブルに注文できるんです!


OSTERIA BARABABAO天井


こちらは、ヴェネツィアに多くある、気軽にお酒を楽しめる「バーカロ」をイメージしたスペースだそう。 大量の鍋が吊り下げられた天井もバーカロの有名店を意識しているため、本場の空気を感じられます。先ほどの店内の雰囲気ともまた違い、さらに肩の力を抜いてすごせそうですね。


OSTERIA BARABABAO料理


カウンターには毎日25種類を超える前菜が取り揃えられており、見ているだけでワクワクしてくるような品々ばかりです。


OSTERIA BARABABAO料理2


お値段は、なんと一品100円~250円ほどと、ものすごくリーズナブル!


OSTERIA BARABABAO料理3


肉料理からヘルシーな野菜料理まで豊富にあるので、どれにしようか迷う!


グラスワインは300円から!料理との相性もバッチリなワインを堪能♪

OSTERIA BARABABAOドリンクメニュー


棚に掛けられた黒板にはドリンクメニューが。グラスワインも300円~とお手頃。

まずはスパークリングワイン「プロセッコ ドライ」(400円)からスタートしましょう。


OSTERIA BARABABAOスパークリングワイン


シュワっとキレの良い爽やかさが空腹感を刺激!美味しく料理をいただけそうです。リーズナブルかつ少量ずつオーダーできるので、いろいろな料理を楽しむことができます。

さらに友達とシェアすれば、全品制覇なんてこともできそうですよ。


OSTERIA BARABABAO野菜料理4品


まずは野菜を中心とした「グリーンピース」(写真左上/150円)、「クルミと干しイチジクマスカルポーネのムース」(写真右上/200円)、「キャベツ」(写真右下/100円)、「キノコマリネ」(写真左下/150円)をオーダー。

贅沢に注文してしまったと思っていたのに、この一皿で計600円!す、すごすぎます・・・。 複雑で濃厚な美味しさはもちろん、シンプルな野菜料理もびっくりするほど美味しい! 一品一品、丁寧に手間隙かけて作られていることが伝わってきます。


OSTERIA BARABABAOオンブラ ロッソ


せっかくなので、ワインもオーダー。「オンブラ ロッソ」(300円)をお願いすると、グラスになみなみと注がれてきました!

ヴェネツィアでは、気軽に一杯飲むワインのことを「オンブラ」と呼ぶそう。「ロッソ」は「赤」の意味なので、「気軽な赤ワイン」という意味のメニューです。 デイリーにぴったりな飲み飽きない味に加えて、この量!大サービス品です。


OSTERIA BARABABAO追加料理4品


ワインとの相性もバツグンな料理を再びオーダー。「小タマネギ マリネ」(写真左上/2個150円)、「トマト」(写真右上/3個150円)、「バッカラ マンテカート」(写真右下/250円)、「ブリのカルパッチョ しょうが風味」(写真左下/250円)。

「バッカラ マンテカート」とはヴェネツィアの定番郷土料理で、干し鱈を練ってペースト状にしたもの。味わい深い魚の旨味がたまりません。 盛りだくさんの野菜が嬉しいブリのカルパッチョも、肉厚でトロッとしていて絶品!


OSTERIA BARABABAO追加料理3品


「豚のテリーヌ」(写真左/2個200円)、「サーモンのパテ」(写真中央/130円)、「ムール貝の香草パン粉」(写真右/2個150円)をさらに追加。

う~ん、どれもこれも美味しすぎて言葉もありません・・・。 こんな贅沢な料理がリーズナブルに味わえてしまって、本当にいいんでしょうか?


OSTERIA BARABABAO本格ワインメニュー


ワイン好きならば、本格ワインメニューもおすすめ。料理がお得なぶん、贅沢して本格ワインに触れてみるというのも良い飲み方ですよね。

初心者でも店員さんに好みを伝えればおすすめを教えてくれるので、積極的に聞いてみましょう。


OSTERIA BARABABAOスティエッレ


コスパ抜群の料理やワインを堪能した後だと高級に感じてしまうけど、せっかくの機会なので本格ワインの世界も味わってみたい!思い切って、1杯1,000円の「スティエッレ」をお願いします・・・!


OSTERIA BARABABAO


こちらは、12世紀から葡萄が育てられていたというイタリア・トスカーナ州の歴史ある畑「STIELLE」の名前を冠する完成度の高い赤ワイン。 ボトルで頼めば1万円近くすることもあるそうなので、この値段はありがたいですよね。

はぁ~・・・まさに至福の味!デイリーなワインももちろん美味しいけれど、この香り、広がり、深み、別次元です。まさに、ツウも初心者も満足できるお店ですね。


まとめ

銀座の一等地でリーズナブルに本格イタリアンが楽しめる、奇跡のようなお店「バラババオ」。今回はワイン3杯、料理11種を楽しんで3,430円でした! ヴェネツィア旅行気分を味わいながら、美味しいものを食べておしゃべりを楽しんでみてはいかがでしょうか?


OSTERIA BARABABAO(オステリア バラババオ)

住所:東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス9F
電話番号:03-3535-7722
営業時間:月~金ランチ11:30~15:30(L.O.14:30)、ディナー17:30~23:00(L.O.21:30)土・日・祝ランチ11:30~15:30(L.O.14:30)、ディナー15:30~23:00(L.O.21:30)
定休日:なし
最寄駅:銀座一丁目/銀座




※2018年2月23日の情報です。価格、内容は変更になる場合があります。
※価格は全て税込みです。




パリッコさん

取材・執筆:パリッコ

DJ・トラックメイカー/漫画家・イラストレーター/酒場ライター。 酒カルチャー雑誌『酒場人』の監修をはじめ、さまざまなメディアで酒と酒場に関する記事を執筆中。



こちらの特集もチェック!

>>>【銀座】おしゃれでリーズナブル!満足度◎の女子会に使えるおすすめのお店


あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える