友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

【地下神殿】東京近郊にこんな場所があったのか…!ダンジョン探索気分を味わえる「首都圏外郭放水路」体験レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近人気の「インスタ映え」スポットですが、今回は、他では考えられないようなものすごい写真が撮れるスポットを紹介しましょう。それが「首都圏外郭放水路」!名前だけ見るとおかたい施設のようですが、実はメチャクチャテンションが上がる超絶景スポットなんです。

Date2017/11/23

誰と行く
友達・仲間
私のスタイル
無敵女子
エリア
南桜井

水害から首都圏を守る地下神殿!/首都圏外郭放水路

インスタ映えすると今、ひそかに人気を集めているスポット「首都圏外郭放水路(しゅとけんがいかくほうすいろ)」。

そもそも、この「首都圏外郭放水路」とは何なのか?

埼玉から東京へと流れる中川・綾瀬川の流域は、利根川、江戸川、荒川といった大きな川に囲まれていることもあり、洪水などの水害が多い地域でした。


首都圏外郭放水路


立体地図を見ると、中央付近にある中川・綾瀬川の流域の標高が低く、水害に弱い地形だというのが分かりますね。

こうした水害を防ぐために作られたのが「首都圏外郭放水路」!

・・・なんですが、それはさておき、ものすごく格好いいビジュアルだということで見学会が大人気らしいのです。


首都圏外郭放水路


「首都圏外郭放水路」に関する資料などが展示されているとともに、見学会の受付も兼ねている「龍Q館」。

「シャ乱Q」もしくは中国の作家・魯迅作の『阿Q正伝』あたりを思い出さずにはいられない、変わった名前ですが・・・。


首都圏外郭放水路


一般公募によって決定し、「親しみ」と「誇り」「期待」がこの名前に込められているようです。


首都圏外郭放水路


施設の中にはいろんな人のサインが!

あまりにカッコイイそのビジュアルから、さまざまなミュージシャンたちのミュージックビデオや、ヒーロー特撮のロケ、バラエティ番組などでも頻繁に取り上げられているそうです。


首都圏外郭放水路


こちらが見学会の集合場所です。


首都圏外郭放水路


ガラス越しに、施設を監視する操作室なんかも見学できてテンションが上がります。

この部屋もヒーロー特撮の撮影などで使われたりしているそうです。




大人もトリコになる見学会がスタート!

首都圏外郭放水路 説明


いよいよ見学会がスタート。まずは係員さんから「首都圏外郭放水路」の概要を説明されます。


首都圏外郭放水路 説明


「首都圏外郭放水路」は、それぞれの川からからあふれた水を取り込む「立坑(たてこう)」と、水を流す「トンネル」。そしてその水を江戸川へ排出するポンプ設備などで構成されています。


首都圏外郭放水路 説明


今回見学するのは「調圧水槽」という施設。

ドドドーッと流れ込んできた水を貯めて、勢いを一旦弱め、スムーズに排出するための、要はプールですね。


首都圏外郭放水路


模型でいうと、この「立坑」に流れ込んできた水が「トンネル」を通って流れていき・・・。


首都圏外郭放水路


「調圧水槽」に一旦貯められて、「ポンプ設備」で江戸川へと流されていくという仕組みです。

2006年の完成以来、実際に稼働したのは100回以上!

この施設がなかったら、それだけの回数、洪水になっていた可能性があったということです。


首都圏外郭放水路


さて、いよいよ外に出て、調圧水槽の中へ向かいますよ。オラ、ワクワクしてきたぞ!


首都圏外郭放水路


ちなみに「調圧水槽」は、このサッカー場の真下に作られていて、大きさもほぼサッカー場と同じくらいなんだとか。

そ、そんなに広いの!?


首都圏外郭放水路


ここから階段を降りて、地下の「調圧水槽」へと向かいます。

洪水の際は中が水浸しになっちゃうこともあり、エレベーターなどはナシ!

・・・ということで、当然歩いて全116段の階段を降りていかなきゃならないわけです。

「体力に自信のない人はやめておいてください」との説明に心配になりますが、大丈夫かな・・・。


首都圏外郭放水路


普通のビルで5~6階分の高さなので確かに疲れはしますが、普段からある程度運動をしている人ならば問題はないでしょう。


首都圏外郭放水路


この階段を降りてきたわけです。

・・・そして遂に「調圧水槽」に到着!


首都圏外郭放水路


首都圏外郭放水路


スゲエ!


首都圏外郭放水路


カッコイイ!

「地下神殿」なんて呼ばれることもあるように、長さ177m、幅78m、高さ18mというだだっ広い地下空間に巨大な柱が立ち並ぶ幻想的な場所。

とにかくすごすぎて言葉にならないくらい・・・メチャクチャ格好良い!

こちらで、約10分間。決められた見学可能な範囲内ならば、自由に移動して撮影ができるタイムとなります。

うおおおっ、写真を撮りまくらなきゃ!


首都圏外郭放水路


参加者のみなさん、一心不乱に写真を撮りまくり。これだけフォトジェニックな空間だったら、どんな写真を撮っても格好良くなるに決まってます!


首都圏外郭放水路


柱のサイズ感、分かりますでしょうか?

1本あたり約500トンもの重さがあり、それが59本立っています。

地下水などの力で、この「調圧水槽」自体が浮き上がってしまわないようにするには、それだけの重さが必要なんだそうです。


首都圏外郭放水路


柱には「ポンプ停止水位」(下)と「定常運転水位」(上)いう印が。

上の印のあたりまで水が入ってくると、ポンプ施設を稼働して印を越えないように江戸川へ水を排出するということです。

ちなみにここのポンプ施設には、25mプールを1秒で空にできるパワーがあるんだとか。


首都圏外郭放水路


こちらは他の川からの水が流れ込んでくる「立坑」。見学可能な範囲からは大きさがよく分かりませんが・・・。


首都圏外郭放水路


ニューヨークの自由の女神がスッポリと入ってしまうほどの大きさなんだとか!


首都圏外郭放水路


川の水が流れ込んでくれば、当然水だけじゃなくて土砂や泥などもたまってしまいます。

見学可能な範囲だけはキレイに掃除されていましたが、奥の方を見てみると、結構な泥が・・・。

コレ、どうやって掃除しているのかというと、水がたまった後には作業員が、人力で掃除しているんだとか・・・大変!

そして年1回は、ブルドーザーなどの重機を入れて全体を掃除しているそうなんですが、エレベーターもないのに、どうやって重機を入れているのかというと・・・。


首都圏外郭放水路


天井のこの穴から吊って降ろしているそうです。はぁー・・・。


首都圏外郭放水路


外から見るとこんな感じ。

とにかく、何から何まで壮大で、感動すらさせられてしまうほど格好良かった「首都圏外郭放水路」。

この施設のおかげで水害が減っているというありがたさを噛みしめつつ、地下神殿に大コーフン。写真好きな友人を誘えば盛り上がること間違いなし。

大人の社会科見学スポットとして、オススメです!



首都圏外郭放水路
住所:埼玉県春日部市上金崎720
電話番号:048-747-0281
予約受付時間:月~金(祝日・年末年始を除く)9:00~16:30
※見学会に参加するには事前予約必須。大雨などで施設内に水がたまっている場合は、急遽中止となる場合もあり。
最寄駅:南桜井
東武野田線南桜井駅よりイオンモール春日部バス。庄和高校バス停より徒歩15分。
もしくは南桜井駅北口から運行しているコミュニティバスにて龍Q館まで。




北村ヂンさん

取材・執筆:北村ヂン

1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、どーしてこんなことに・・・というようなものに関する記事をよく書きます。




※2017年11月23日現在の情報です。内容は変更になる場合があります。






あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える