子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

大人も夢中になれる科学のテーマパーク!?近未来を感じられる「日本科学未来館」徹底レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お子さんが楽しみながら学べるおでかけスポット“科学館”。今回は、体験型展示が多くあり、科学に詳しくなくても、楽しく学べる「日本科学未来館」をレポート。夢中で展示に触れていると、「どうしてこうなるの?」と疑問が生まれ、学びにつながっていくので、お子さんの視野もぐっと広がりそう。実は大人も夢中になれる展示がたくさんあるので、科学に苦手意識があるパパ・ママも楽しむことができそうですよ♪

Date2017/09/03

子どもだけではなく、大人も夢中になる展示がたくさん!/日本科学未来館

日本科学未来館



訪れたのは、お台場にある国立の科学館「日本科学未来館」。科学と聞くと「なんだか難しそう…?」と思うかもしれないけれど、こちらの施設は“体験型”の展示もたくさんあり、遊びながら楽しく科学を学ぶことができるんです!

アクセスは、ゆりかもめ・テレコムセンター駅から徒歩約4分。新橋駅から乗車すれば、車窓からフジテレビやレインボーブリッジが眺められ、ちょっとした遠足気分で出かけることができそう!

入場料は大人620円、お子さま(18歳以下)210円と、リーズナブルにたっぷり遊べるのもうれしいですね♪



青く輝く地球の美しさに感動!/1F 地球とつながる


どんな体験が待っているのか、ワクワクしながらさっそく潜入! 

まずは、“地球とつながる”をテーマにした、シンボルゾーンを訪れます。こちらは、最先端の技術とデータで、地球上のあらゆる生命と環境、自分との“つながり”を感じ理解するゾーンになっています。

日本科学未来館


こちらのゾーンで外せないのが、日本科学未来館のシンボルでもある「ジオ・コスモス」。

この「ジオ・コスモス」は、約10,000枚の有機ELパネルを使った、世界初の地球ディスプレイ。直径は約6mで、これは本物の地球の約200万分の1のサイズなのだとか。まるで宇宙に浮かぶ地球を眺めているような、不思議で幻想的な感覚が楽しめます。

日本科学未来館


表面に映し出されているのは、宇宙から撮影した過去90日間のリアルな地球の姿。毎日最新の情報が取り込まれていて、“今”の地球の姿をチェックすることができます。

お子さんに「日本はどこだ?」とクイズを出してみたり、「あそこに台風ができてる!」と発見したことを言い合ってみたり、「ジオ・コスモス」を見ながらいろいろな会話ができそうですね♪



ASIMOの実演も!最新技術を体感しよう/3F 未来をつくる


次に向かうのは、“未来をつくる”をテーマにした3Fフロア。
「未来の社会や暮らしの理想的なかたち」と、「それをどんなアイデアで実現できるか」ということを、「ロボット」や「イノベーション」など5つの項目で考えていくゾーンです。

日本科学未来館


こちらのフロアで特にお子さま人気が高いのが「アナグラのうた-消えた博士と残された装置」。

“博士がいなくなってしまった研究室の1000年後の世界”をイメージした空間で、QRコードを使いながら5つの装置を巡っていく体験型の展示です。

日本科学未来館


中に入ると、壁には木や植物などのシルエットが映し出されて、どこか不思議でたのしげな雰囲気。そして足元には、「ミー」と呼ばれるカラフルな生物(!?)が現れます。

このミーが、自分がこの空間に来てから歩き回った軌跡などの情報を記憶。装置に触れると、その情報を教えてくれたりします。

そして1 番のお楽しみは、5つの装置のひとつ「シアワセ」が歌ってくれる、自分の名前入りのオリジナルソング!スクリーン全体に名前や歌詞が表示され、特別感◎。喜ぶお子さんの顔が見られそうですね。

日本科学未来館


こちらは、2017年6月に新しく導入された、“生命らしさ”を表現する機械人間「オルタ」。腕や頭、目や指先まで、なめらかで不規則な動きを繰り返しています。

現在は動きや言葉を学習してるところなので、不規則な動きをしていますが、もしかしたら今後人間らしい動きや言葉を覚えていく可能性もあるのだとか!科学の進化の瞬間を見られるかも⁉

日本科学未来館


また、この3階フロアのジオ・コスモス前では、ASIMOの実演を開催。走ったり、横歩きをしたり、ボールを蹴ったり…なめらかなASIMOの動きにお子さんも釘付けになってしまうはず!こちらのショーは1日4回公演なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

日本科学未来館


他にも、白黒のボールを使ってインターネットの仕組みを表現した装置や、約半年に1度内容が変わる展示スペースなど、見所がたくさんあるので、お子さんの興味が向くままにゆったり回りましょう。



ダイナミックな世界観で、世界について考える/5F 世界をさぐる


続く5Fフロアのテーマは“世界をさぐる”。「宇宙」や「生命」など、ダイナミックな4つのジャンルで、世界の仕組みを学んでいきます。

日本科学未来館


小さなお子さま向けの「ぼくとみんなとそしてきみ-未来をつくりだすちから」では、絵本の世界に入り込んだような感覚で、人の脳の働きや、社会との関わり合いについて考えることができます。

日本科学未来館


ハンドルを回したり、スイッチを押したりと、アクションを起こすとお話が始まるので、お子さんも飽きることなく集中することができそう。

イラストでポップに表現されていますが、「なぜ奪い合いが起きるのか」など、科学だけではなく、道徳心を育むいいきっかけになりそうです!

日本科学未来館


国際宇宙ステーションの内部を表現した「こちら、国際宇宙ステーション」は、大人気の展示のひとつ。

日本科学未来館



窓からは宇宙が…!無重力の中で、どうやって睡眠を取っているのだろう?など、どんな生活をしてるのかを紐解くことができそうです。

お子さんだけではなく、大人も興味をひかれる魅力的な内容が盛りだくさん!すべての内容が理解できないとしても、感覚的に楽しめる内容になっているので、お子さんが小さくても十分満喫できます。この楽しいという感覚から、科学や宇宙に興味を持つようになるかもしれませんよ。



まとめ

日本科学未来館



最初はよくわからなかったとしても、展示を見たり体験してみると、自然と疑問が湧いてきます。この疑問を考えることが大事!

ちょっとでもわからないことや気になることがあったら、館内を巡回している、白いジャケットを着た「科学コミュニケーター」さんに質問してみて。納得できるまで、わかりやすく説明をしてくれますよ。

ただ知るだけで終わらなように、「こういうことが起こったら、私ならできるだろう?」と親子で考えてみてくださいね!



日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2-3-6
電話番号:03-3570-9151(代表)
営業時間:10:00~17:00 ※入館券の購入は閉館30分前まで
定休日:火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/28~1/1)」
最寄り駅:テレコムセンター/船の科学館/東京テレポート





取材・文/石部千晶(六識)

※2017年9月3日の情報です。記事の内容は変更になる場合があります。






あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える