アート・カルチャー・友達・仲間のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

【無料】ぜんぶ0円!東京都内の美術館・ギャラリー7選

現代アートやアニメーションなど、さまざまな作品に出会うことができる美術館やギャラリー。実は無料で利用できるところも多いのをご存知でしたか?今回は、無料で楽しめる都内の美術館・ギャラリーをご紹介します。今度のお休みは友達や家族を誘って、気軽にアートを体験して感性を磨いてみては?

Date2019/03/15

【目黒】現代彫刻美術館/都会の喧騒を忘れさせる彫刻専門の美術館


現代彫刻美術館



現代彫刻美術館は、20世紀後半以降の日本の彫刻家の作品に限定した、彫刻専門の美術館です。

初代館長渡辺泰裕の眼として1970 年頃から2009年7月までの266点の蒐集作品を、テーマを決めて150点ほど展示。

次代を担う彫刻家の発表の場として、特別展も開催しています。

室内展示の朝倉響子や舟越桂の作品は、問い合わせも多く、見逃せません。

現代彫刻美術館 野外展示



美術館は本館のほかに、4つの野外展示場を用意。

目黒川方面を一望できる「野外展示場4」や、座って休める石の椅子がある「野外展示場1」も友達や家族と楽しい時間を過ごせそう♪

都会の喧騒を離れ、一緒に訪れた友達や家族とゆっくりとした時間を過ごせる美術館です。

現代彫刻美術館

住所:東京都目黒区中目黒4-12-18
電話番号:03-3792-5858
営業時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜
最寄り駅:中目黒




【荻窪】東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム/アニメの制作過程やアフレコを体験


東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム



東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアムは、日本初のアニメ専門ミュージアム。日本のアニメの歴史や制作工程を、画像や映像で楽しく学んだり、体験したりすることができます。

東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム 常設展



常設展の中で特に人気なのは、『機動戦士ガンダム』の富野由悠季監督などの仕事机を再現したコーナー。アニメ監督の仕事環境をのぞくことができます。

またマンガ家やクリエイターたちの貴重な直筆サインを間近で見ることも♪お父さん世代にはたまりませんね!

東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム アフレコ体験



友達同士で楽しむなら「アフレコ体験」がオススメ。動くキャラクターに合わせてセリフを言う体験に大盛り上がり!子供だけでなく大人もはしゃいでしまいそう♪

「パラパラアニメ体験」では、実際にアニメ作り体験ができます。アニメの「ものづくり」という忘れられない体験ができるでしょう。

東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム

住所:東京都杉並区上荻3-29-5 杉並会館3F
電話番号:03-3396-1510
営業時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:月曜
最寄駅:西荻窪




【鷹の台】武蔵野美術大学 美術館・図書館/目に楽しい約100脚の名作椅子が並ぶ


武蔵野美術大学 美術館・図書館



1967年に開館し、2010年に現在の名称になった武蔵野美術大学 美術館・図書館。美術作品やデザイン資料などの収集と保存、展覧会の企画、開催、図録の刊行、教育普及活動やデーターベースの構築などを行っています。

展覧会は年間10回ほど開催。武蔵野美術大学の教授陣が監修をつとめる展覧会や、優れた造形学部卒業制作、大学院修了制作の作品を展示した、「武蔵野美術大学 優秀作品展」なども毎年行われています。

武蔵野美術大学 美術館・図書館 椅子ギャラリー



また美術館では、さまざまな素材や機能、形態をもつ、約400脚の椅子を収蔵。美術館棟2Fの椅子ギャラリーでは展覧会の期間中、その中から代表的な約100脚をギャラリーの外側から鑑賞できます。

美術館だけでなく大学キャンパス全体は、建築家の芦原義信が設計したもの。鑑賞後は建築を楽しみながら、構内を散歩するのもオススメです。

武蔵野美術大学 美術館・図書館

住所:東京都小平市小川町1-736
電話番号:042-342-6003
営業時間:月~金10:00~18:00、土曜・特別開館日10:00~17:00
休館日:日曜、祝日、展示替期間、入構禁止期間
最寄駅:鷹の台




【銀座】資生堂ギャラリー/100周年の歴史ある日本最古の画廊


資生堂ギャラリー

撮影:加藤健



1919年にオープンし、2019年に100周年を迎える日本最古の画廊と言われている資生堂ギャラリー。現代アートを中心に幅広いアートの表現を紹介し、「新しい美の発見と創造」を理念として活動しています。

2019年4月3日から6月23日まで、若手映像作家の荒木悠の新作映像展を開催。19世紀末に訪日し、見聞録を残したフランス人作家ピエール・ロティの著書「秋の日本」を元にした、映像作品を見ることができます。

資生堂ギャラリー 展示



ギャラリーではリピーターズカードを配布しており、来館やアンケート記入ごとにスタンプが一つずつもらえます。3つ集めると資生堂ギャラリー特製グッズがもらえるので、展覧会が変わるたびに訪れたくなりますね。

資生堂ギャラリー

住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル
電話番号:03-3572-3901
営業時間:月~土11:00~19:00、日・祝祭日11:00~18:00
休館日:月曜
最寄駅:銀座/新橋/東銀座




【銀座】ポーラ ミュージアム アネックス/銀座で美意識や感性を磨く


ポーラ ミュージアム アネックス



ポーラ ミュージアム アネックスは、「銀座で芸術を通して、美意識や感性を磨いて欲しい」という思いから生まれたギャラリー。気軽にアートを体感してもらえるように、入館無料にしたのだとか。

ポーラ ミュージアム アネックス 屋内



企画展は年間を通じて、ポーラ・コレクションから現代アートまで、幅広いラインナップで開催されます。

2019年3月20日~4月14日までは、「ポーラ ミュージアム アネックス展2019-創生と技巧-」を開催。川久保ジョイや池ヶ谷陸、木村恒介、柳井信乃の作品が展示されます。

会期中は無休で20時まで開館しているので、仕事帰りに友達と足を運びやすいですね。美しい作品に出会って気軽に感動体験を味わってはいかがでしょうか。

ポーラ ミュージアム アネックス

住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3F
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
営業時間:11:00~20:00(最終入館19:30)
休館日:会期中無休
最寄駅:銀座一丁目/銀座






【汐留】アドミュージアム東京/広告の歴史を楽しく学ぶ


アドミュージアム東京



一般の人でも広告を気軽に楽しんで見ることができる、2017年にリニューアルオープンした広告専門のアドミュージアム東京。

江戸時代から現代までの広告を通して、さまざまなアイディアやヒントを得て、みんなが違う“発見”ができる場所を目指しています。

アドミュージアム東京 デジタルコレクションテーブル



広告のことがよくわからないという人でも楽しめるように、デジタルコレクションテーブルを設置するなど展示や解説も工夫されています。

1950年代から現在までのテレビCM、ポスターなど、画面上に流れる約2,000点の広告資料を自由に見ることができます。20世紀のヒット商品などが壁面にコラージュされているコーナーでは、友達と「懐かしい!」と盛り上がるかも。

アドミュージアム東京 ニッポン広告史



常設展示では日本の広告の歴史がわかる「ニッポン広告史」がオススメ。“マーケティングの原点は日本の江戸にあり”と言われる、江戸時代のマーケティングや広告事例を見ることができます。

また、視聴ブース「4つのきもち」は、“元気が出る”“心あたたまる”“考えさせられる”“あっと驚く”広告が見られるコーナー。感情に訴えるものも多く、友達との会話のきっかけにもなりそうです。

アドミュージアム東京

住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B2F
電話番号:03-6218-2500
営業時間:11:00~18:00
休館日:日・月(ほか臨時休館あり)
最寄駅:汐留/新橋






【町田】町田市立国際版画美術館/版画のミニ企画展を開催


町田市立国際版画美術館



町田市立国際版画美術館は、数多くの版画作品と版画に関する美術資料などが集まる日本唯一の版画を中心とする美術館です。市民が気軽に版画制作を楽しめる、実技講座なども行っています。

アドミュージアム東京 屋内



美術館内の観覧は有料(企画展により料金は変更)ですが、常設展示室で行われるミニ企画展は無料で観覧が可能です。

2019年4月7日まで『浮世絵と百人一首』が開催中。葛飾北斎など、百人一首の世界を描いた江戸の浮世絵を紹介しています。

また、2019年4月10日~6月23日には『彫刻刀で刻む社会と暮らし―戦後版画運動の広がり』を開催予定。版画に刻まれた1950年代の社会をご紹介します。

ミュージアムショップでは関連書籍や絵葉書など、ミュージアム関連のグッズを幅広く用意。友達や家族と観覧の感想を語らいながら、お土産選びを楽しめます。

町田市立国際版画美術館

住所:東京都町田市原町田4-28-1
電話番号:042-726-2771
営業時間:火~金10:00~17:00、土日祝日10:00~17:30(最終入館は30分前)
休館日:月曜、祝日の場合は翌火曜
最寄駅:町田




取材・文/酒井明子
※2019年3月15日の情報です。内容など変更になる場合があります。



あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える