子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

【自由が丘】地元で人気のテイクアウトグルメ4選!おしゃれな緑道での子連れランチにぴったり♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自由が丘のくつろぎスポットといえば、駅の南側に伸びる九品仏川緑道。通り沿いにはベンチが並び、日中は子連れでランチするママの姿もちらほら。暖かくなるこれからの季節、地元で愛されるお店のテイクアウトグルメで、子連れランチを楽しんでみませんか? 今の季節、ベンチに座って美しい桜や花々を眺めながらのランチは、とっても気持ちいいですよ!

Date2017/03/20


自由が丘ママたちの憩いの場!緑道の木陰に佇むベンチで優雅に子連れランチ♪

Potato Cream(ポテトクリーム)


グルメやファッションなど話題のスポットがいっぱいの自由が丘は、おしゃれママも注目する街の一つ。

ただ、小さい子どもと出かけるとなると、いろいろと気苦労が多いもの。せめてランチぐらいは、気兼ねなく楽しみたい!

とはいえ、あちこち動き回る子どもを連れてお店でランチとなると、なかなか落ち着かないというママも多いのでは。

そこで、これからの暖かい季節、自由が丘駅の南側に伸びる九品仏川緑道にある、ベンチでのテイクアウトランチを提案します!



おしゃれ&美味しく進化した新感覚のポテサラ、ポテトクリームに注目!/Potato Cream

Potato Cream(ポテトクリーム)

▲路地の一角に佇むこぢんまりしたお店は、いつもお客さんでいっぱい!


グルメで感度の高い自由が丘のママたちに評判の、新感覚ポテトサラダ専門店「Potato Cream(ポテトクリーム)」。

オーナーの上野さんが手がけるポテトクリームとは、マッシュポテトよりもさらになめらかなクリーム状のポテトの上に、温かいソースがトッピングされたもの。

洗練されたビジュアルと、これまでにないとろ~りクリーミーな舌触りは、大人も子どもも夢中になってしまいそう!

Potato Cream(ポテトクリーム)

▲濃厚なトマトソースとポテトの甘さが絶妙! ジャガイモは甘みとホクホクした食感が特徴のキタアカリを使用。


常時5種類あるポテトクリームの中でも定番人気は、「ナスと挽肉のトマトポテトクリーム」(550円)。

ナスやほうれん草などの野菜と、牛と豚の挽肉が入ったトマトクリームは、トマトのほどよい酸味と甘みが引き立つ逸品。まろやかなポテトクリームと一緒にいただけば、子どもでも食べやすい味わいに。

お好きなポテトクリームとバゲットがセットになった「ポテクリ+バゲット」(630円)なら、テイクアウトランチにぴったり。

お子さんと一緒に、ポテトクリームをバゲットでスクープしながら食べるのも楽しいですよ♪

Potato Cream(ポテトクリーム)

住所:東京都目黒区自由が丘1-25-2 1F
電話番号:03-3725-0222
営業時間:11:30~20:00(土日祝12:00~20:00)売り切れ次第終了
定休日:水曜




素材にこだわる極上ハンバーガーを頬張りたい♪/自由が丘バーガー 自由が丘店

自由が丘バーガー 自由が丘店

▲お店はビルの4F。エレベーターで上がると木のぬくもりあふれるナチュラルな空間が広がります。


グルメの街、自由が丘で9年目を迎える実力派のハンバーガー店「自由が丘バーガー 自由が丘店」。

長年にわたって愛される理由のひとつは、徹底した素材選びにあります。

そのおいしさを実感するなら、まずは店名を冠したスタンダードな「自由が丘バーガー」(Rサイズ1,320円/税抜、フライドポテト付き)をぜひ。

自由が丘バーガー 自由が丘店

▲野菜たっぷりの「自由が丘バーガー」には、自家製マスタードのトッピングもおすすめ。


ハンバーガーの主役であるパテには、国産牛を100%使用し、肉本来の旨味を堪能できる贅沢な味わいです。

そんなパテのおいしさを引き出すのは、風味豊かなオリジナルの天然酵母のバンズ。

サンドされている具材の玉ねぎは、甘みが特徴の淡路産を使用していて、脇役とは言わせないほどの魅力なんです。これなら野菜が苦手なお子さんも、喜んで食べてくれるかも!?

さらに、甘みが濃厚な有機栽培のじゃがいもで作る付け合わせのフライドポテトも、やみつきになるおいしさ! 外はサクッ、中はホクホクの食感は、他では食べられない代物ですよ。

テイクアウトの場合も、お店では通常、注文ごとにパテを焼き上げてくれるので、オーダーから最低でも15分はみておきたいところです。

しかし、テイクアウトの待ち時間は少しでも短くしたいのが、小さなキッズがいるママの本音ですよね。大丈夫ですよ! そんなときは前日までの予約注文が便利です。

そして、卵アレルギー持ちのお子様に朗報!こちらのハンバーガーは、パテにもバンズにも卵を使っていません。バンズに塗るマヨネーズを抜いてもらえば、卵アレルギーのお子様にも安心して食べていただけますよ。

自由が丘バーガー 自由が丘店

住所:東京都目黒区自由が丘1-3-15 BISビル4F
電話番号:03-6459-5133
営業時間:11:30~21:00(LO 20:00)
定休日:月曜(祝日の場合営業)




賞味期限は1時間!? ランチのスイーツにぴったりの絶品スイートポテト/粉と卵

粉と卵

▲富ヶ谷からこの地に移転して14年目。毎日食べたくなるようなスイーツが並びます。


自由が丘駅から徒歩8分ほど、閑静な住宅街に佇むパティスリーの「粉と卵」。

「パティスリーって、カタカナの店名が多いでしょう? 日本人に親しみやすい名前にしたいと思って、覚えやすい店名にしたんです」と、気さくなオーナーパティシエの岡本さん。

そんなお店の中で、サツマイモ好きな子どものおやつにちょうどいいのが「スイートポテト」(量り売り1g4.5円、1個約300~400円)。

地元民はもちろん、わざわざ名古屋から月1ペースで買い求める常連さんもいるスイートポテトは、一度食べればやみつきになる人が続出の禁断の味♪

それゆえに、詳しい製法や材料は企業秘密なんだとか。

粉と卵

▲ピラミッドのような三角形が特徴のスイートポテトは、子どもでも手で持ったまま食べやすい。


注文ごとに仕上げてくれるこちらのスイートポテトは、表面にグラニュー糖をまぶしてバーナーで炙り、キャラメルのようなカリカリとした食感にするのがポイント。

「お客様には購入後、季節やその日の気温によっても異なりますが、大体1時間後にお召し上がりいただきたいですね。時間とともにこの表面のバリバリ感がなくなるので、本来の美味しさではなくなります」と岡本さん。

最高の状態でいただくには、タイムスケジュールが肝心! ランチ前に購入しておけば、食べ終える頃にはスイートポテトもちょうどいい頃合いに。

サツマイモの自然な甘さと、表面のカリッとしたキャラメルが絶妙で、ママも子どもも思わず笑顔がこぼれること間違いなしですよ!

粉と卵

住所:東京都世田谷区奥沢5-2-5 電話番号:03-3718-0901
営業時間:9:00~19:00
定休日:月曜




子どもも喜ぶ!カラダにやさしい味わいが魅力の無添加ヘルシードーナツ/はらドーナッツ自由が丘店

はらドーナッツ自由が丘店

▲九品仏川緑道からほど近い「はらドーナッツ」。子どもとのんびりお散歩がてら訪れて。


子どもにはカラダにやさしいおやつを食べさせてあげたい、と願うママからの高い支持を集める、無添加ドーナツショップ「はらドーナッツ自由が丘店」。

豆乳とおからを使用したヘルシーなドーナツは、毎日食べても飽きのこない素朴な味わいです。

はらドーナッツ自由が丘店

▲看板メニューの「はらドーナッツ」は、もっちりした食感とやさしい味わいが印象的。


約15種類のメニューの中でも、人気ナンバー1は「はらドーナッツ」(120円)。

シンプルだからこそ、素材そのものの味が引き立ち、まるで子どもの頃にお母さんが手作りしてくれたような懐かしい味わいが魅力です。

はらドーナッツ自由が丘店

▲「さくら」は3月22日(水)〜4月中旬までの期間限定商品。


桜咲く季節にぜひ味わいたいのが、期間限定で販売される「さくら」(210円)。桜の塩漬けが入った、ほんのり甘じょっぱい春らしい味は、九品仏川緑道の桜を愛でながら堪能すれば、美味しさも格別ですよ。

持ち運びもしやすいドーナツは、テイクアウトに最適。ランチ後のおやつにちょうどいい、ほっとする甘さがうれしいですね。

はらドーナッツ自由が丘店

住所:東京都目黒区自由が丘1-3-13
電話番号:03-3717-8850
営業時間:10:00~19:00
定休日:無休




まとめ

子どもと一緒に桜を楽しみながら、自由が丘グルメを満喫できる外ランチ。青空の下でいただく食事は、美味しさも倍増しますよね。

緑道には子連れのママもたくさんいるので、子どももママもリラックスしてランチを満喫してください♪


取材・文/岡井美絹子

※2017年3月20日の情報です。価格やメニュー内容は変更になる場合があります。



◆そのほか、お花見情報を探すならこちらのページもチェック!


>>>お花見特集2017




◆あわせてチェックしたい特集はこちら

>>> 都内で子連れでもゆっくりランチを楽しめるレストラン






あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える