子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

【上野】1万冊の児童書が読み放題!「国際子ども図書館」は子連れお出かけスポットの聖地だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界文化遺産に登録された国立西洋美術館をはじめ、文化やアートに親しめる施設が集まる上野エリア。その一角に、約1万冊の児童書がそろうなど、親子でじっくり本の世界を楽しめる穴場的スポットがあるのをご存じですか?子育てママ必見の「国際子ども図書館」を大解剖しちゃいます!

Date2017/03/12


上野 子連れ

世界文化遺産に登録された国立西洋美術館をはじめ、文化やアートに親しめる施設が集まる上野エリア。その一角に、親子でじっくり本の世界を楽しめる穴場的スポットがあるのをご存じですか? 子育てママ必見の「国際子ども図書館」を大解剖しちゃいます!


子どもがじっくり本と向き合うための工夫がたくさん!

JR上野駅公園口から徒歩10分。親子連れの憩いの場でもある、噴水池を通り抜けると、じきに見えてくるのが今回の目的地、「国際子ども図書館」です。


国際子ども図書館

▲上野駅から上野公園の中を通って10分ほど。ほどよいお散歩コースです。


国立国会図書館の支部図書館である国際子ども図書館は、児童書を中心になんと約40万冊の蔵書を持つ本のワンダーランド♪

館外への本の貸し出しは行っていませんが、親子で本の世界に浸れる工夫やサービスが満載で、一日中いても飽きないスポットなんです。



国際子ども図書館

▲立派な建物にワクワク。さあ、“本の国”の入り口はこちらです!


正面玄関のある「レンガ棟」は、1906年に建築された旧帝国図書館で、東京都の歴史的建造物に選定されている名建築。風格ある佇まいにドキドキしつつ、さっそく中へ入ってみましょう。



国際子ども図書館

▲円形の書棚が特徴的な「子どものへや」。書棚の内周に絵本や物語、外周には知識を深める本が。


レンガ棟1階の「子どものへや」は、主に小学生以下を対象とした閲覧室。約9000冊の絵本や図鑑などを自由に手に取ることができます。

円形書棚の内周に並ぶ絵本や物語の選定基準は、「世代を超えて読み継がれてきた本」。ママにとっては懐かしい絵本もちらほらあって、子どもと一緒に楽しめること間違いなしです。



国際子ども図書館

▲ふと見上げると、明るい! 特別な設計を施した天井にその秘密がありました。


さて、懐かしの絵本に見入っていると、視界がとても明るいことに気づきました。見上げると、天井が光ってる……!? 

実は「子どものへや」の天井は、天井全体に照明が入った「光天井」と呼ばれる設計。

部分的な照明のように光の角度がつかないため、部屋の隅々まで明るく、どこで本を読んでも手元に影ができないのです!



国際子ども図書館

▲靴を脱ぎ、自宅のようにくつろいで本を広げられます。


また、こちらの閲覧室には、靴を脱いでくつろぎながら本を読めるスペースも。

小さな子どもが自分で本を取れるよう、低い位置に書棚があるなど“子ども目線”の工夫もうれしいポイントですね♪



国際子ども図書館

▲本を自分で探したい子ども向けの蔵書検索システム。


「子どものへや」のお隣は、「世界を知るへや」。世界の国や地域の地理、歴史、文化などを分かりやすく紹介した、児童書を集めた閲覧室です。



国際子ども図書館

▲帝国図書館時代は貴賓室として使われていた「世界を知るへや」。


こちらには、世界各地で出版されている数字や文字の絵本や、日本で発行された子どもの本の各国語翻訳版を展示したコーナーも。

外国語が読めなくても、絵や写真で楽しめる本がたくさん。「我が子を国際派に!」なんていうママは必見ですよ。




休憩スペースは授乳室完備。カフェテリアのランチも美味しい!

国際子ども図書館

▲施設の全体像がわかる縮尺模型を展示。向こう側が2015年に新築された「アーチ棟」。


さて、2000年に設立された国際子ども図書館は、2015年から2016年にかけてリニューアルされたばかり。

資料室や研修室を供えた「アーチ棟」が新築されたほか、子ども向けの閲覧室のある「レンガ棟」では親子のための休憩室も新設されました。



国際子ども図書館

▲小さな子どもがいるママも安心の「休憩・飲食・授乳スペース」。


誰でも自由に利用できるレンガ棟1階の「休憩・飲食・授乳スペース」は、広々した空間にイスやテーブルが置かれ、靴を脱いで利用できるキッズスペースも。

飲食OKで、持参したお弁当を仲良く広げる親子の姿もありました。

さらに、授乳室には調乳専用の浄水給湯器が完備されていて、看護師が待機する時間帯もあるなど至れり尽くせり!これならベビ連れのママも安心して利用できますね。



国際子ども図書館

▲カフェテリアでは、お手頃な価格でランチがいただけます。


「朝からずっと子どもと一緒に本を読んでいて、お腹が減った…」というときには、カフェテリアへ行ってみましょう。

ランチタイムには日替わりランチが550円~楽しめるほか、カレー、スパゲティ、サンドイッチなど、子どもと一緒に味わえるメニューがリーズナブルに揃います。



国際子ども図書館

▲中庭を望む開放的な雰囲気。これからの季節はテラス席でのランチもいいですね。


国際子ども図書館

▲ママに人気の「日替わりランチA」はメインにご飯、サラダ、スープ、ドリンクがついて720円。


子どもが大好きなカレーは、カツカレーやオムカレー(各570円)もラインナップ♪ 週末限定で、お子様ランチ(510円)も登場します。カフェテリア内の厨房で調理しているので、出来たてを味わえるのもうれしいですね!




歴史的建造物なのに!? 触ってOK!キッズの探検大歓迎!

国際子ども図書館

▲探検が大好きな元気キッズのために、館内の見どころをまとめたポスターも。


読書と美味しいランチで、心も体も栄養満タンになった子どもたちには、建物内の探検がおすすめ。

こちらの「レンガ棟」は歴史的建造物だけあって、建築ファンも垂涎の設備やしつらえが当時のままに残されているんです。



国際子ども図書館

▲天井のデザインも美しい、吹き抜けの大階段。


たとえば吹き抜けの大階段。天井のシャンデリアや細かなデザインが施された階段の手すりは、100年以上前の創建当時から使い続けられているものだとか。

アンティークが醸し出す厳かな雰囲気は、子ども心にも感じるものがあるはず!



国際子ども図書館

▲ルネサンス様式の貴重な外壁レリーフを間近で拝め、大人も大興奮!


また、レリーフ彫刻が素晴らしい建物の外壁を間近で見られるよう、ガラス張りの張り出し窓が設けられた場所も。

手で触れてもOKで、こちらも子どもの知的好奇心が刺激されそう!



まとめ

子どもも大人も一緒になって、一日中楽しめる「国際子ども図書館」。

今回ご紹介したスポット以外にも、「児童書ギャラリー」や、中高生の調べものに役立つ閲覧室「調べものの部屋」などもあって大充実。基本的に、利用登録が不要なのもうれしいところです。

この他にも、子どもの年齢に合った絵本の読み聞かせを行う、年齢別の「おはなし会」など、興味深いイベントも定期的に開催されているので、子どもと一緒にぜひお出かけしてみてくださいね♪




国立国会図書館 国際子ども図書館

住所:東京都台東区上野公園12-49
TEL:03-3827-2053
開館時間:9:30〜17:00
休館日:月曜日、国民の祝日・休日(5月5日こどもの日は開館)、年末年始、資料整理休館日(毎月第3水曜)
最寄駅:上野、鶯谷



取材・文/芝真紀子

※2017年3月12日時点の情報です。





◆あわせてチェックしたい特集はこちら

>>> 都内で子連れでもゆっくりランチを楽しめるレストラン



あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える