食・グルメのスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

「どこで買ったの!?」って聞かれちゃう!かわいすぎるネコスイーツ6選【2/22は猫の日】

にゃん、にゃん、にゃん♪ 2月22日は「猫の日」!そこで今回は、都内で手に入る“ネコスイーツ”をご紹介。目を引くキュートなルックスは、友達への贈り物やちょっとした手土産にもピッタリ。かわいくて美味しいネコスイーツの数々に、思わず笑みがこぼれること間違いなしです。ネコ好きさん、必見です♪

Date2020/02/21

私のスタイル
トキメキ女子
エリア
西大島神楽坂

【1】のんびり寝そべるぽっちゃりネコにキュン♡/和菓子司 白樺

御菓子司 白樺



東京の下町・錦糸町にお店を構える「和菓子司 白樺」は、戦後まもない頃から続く歴史ある和菓子屋さん。

良質で安全な原材料を使うこと大切にしていて、等級の高い北海道産の小豆を100%使用したどら焼きなど、素材にこだわったやさしい味わいの和菓子を毎日丁寧に手作りしています。


和菓子司 白樺


そんなお店の中でもひときわ目を引くのが、招き猫をモチーフにした最中「たらふくもなか」(1個200円)。メディアにも度々取り上げられる話題の商品です。

のんびりと寝そべる招き猫は、ぽっちゃりとしたルックスが愛嬌たっぷりで癒されます♡

最中種(最中の皮)の中には「白いダイヤ」とも称される、北海道産白小豆を炊いた黄金色のあんこがギッシリ。招き猫×黄金色のあんこなんて、なんとも縁起が良いですよね♪


和菓子司 白樺


バラでも購入できますが、手土産にするなら6個入りの箱詰め(1,350円)がオススメ!スタイリッシュな赤い箱、そして何よりズラリと寝転んで並ぶ猫たちを見れば、思わず笑顔になってしまうはず!

かわいさも美味しさも妥協しない「たらふくもなか」。あまりの美味しさにたらふく食べすぎないようご注意を♪



御菓子司 白樺 本店

住所:東京都墨田区江東橋2-8-11
電話番号:03-3631-6255
営業時間:8:00~18:30
定休日:月曜
最寄駅:錦糸町




【2】ジンジャーの風味広がるネコ型クッキー/菓子工房 ルスルス

菓子工房 ルスルス


東洋メトロ・浅草駅から徒歩約8分の場所に位置する「菓子工房 ルスルス」。

“あたり前のことを、丁寧に”という言葉を大切にしながら作る、シンプルでかわいいお菓子の数々を販売しています。

浅草店は古民家を改築した趣のある外観も印象的。素朴でどこか落ち着く、同店のお菓子のイメージにピッタリの雰囲気です。


菓子工房 ルスルス


こちらで購入できる「ミカモトわっぱ」(1,870円)は、ジンジャー風味のネコ型クッキー。ザクッとした歯ごたえと、口いっぱいに広がるジンジャーの風味はクセになる美味しさです。

ちなみにこのネコちゃんは、浅草にある洋服屋さんの看板猫をモチーフにしているのだそう。商品名の由来にもなっています。

包装にもこだわりが感じられます。容器はクッキーの入れ物としては珍しい「わっぱ」、そしてクッキーは「和紙」で包装されています。しかもこの和紙は文庫本サイズになっていて、なんとブックカバーとして再利用が可能!食べ終えた後も楽しめる、遊び心のある一品です。


菓子工房 ルスルス 浅草店

住所:東京都台東区浅草3-31-7
電話番号:03-6240-6601
営業時間:12:00~19:00
定休日:月~水曜
最寄駅:浅草




【3】「福来る」最中は大切な人への贈り物にもピッタリ/神楽坂 梅花亭

神楽坂 梅花亭


「吾輩は猫である」の著者・夏目漱石ゆかりの地でもあり、猫の街として知られる神楽坂。そんな神楽坂にも、ほっこり癒される人気のネコスイーツがあります。

1935年創業の「神楽坂 梅花亭」は、“和菓子ごとに餡を煉る”がコンセプトの和菓子屋さん。それぞれの和菓子に最も相性の良いあんを組み合わせるため、毎日20種類以上のあんを炊き分けているというこだわりのお店です。


神楽坂 梅花亭


同店のネコスイーツ「神楽坂福来猫もなか」(1個275円)は、神楽坂の路地裏や塀の上にちょこんと座る猫の姿をイメージした最中です。

それぞれの猫には名前があり、白猫はこしあん入りの「くる」、ピンク色の猫は白あん入りの「ふく」、三毛猫は粒あん入りの「あずき」、黒猫は黒糖あん入りの「たけ」。

ピンク色の猫と白猫を合わせると「ふく」「くる」(福来る)でとってもおめでたいセットに!手土産やちょっとしたギフトに、縁起の良い最中を贈ってみてはいかが?


神楽坂 梅花亭 本店

住所:東京都新宿区神楽坂6-15
電話番号:03-5228-0727
営業時間:10:00〜19:30
定休日:不定休
最寄駅:神楽坂




【4】にっこり笑ったネコちゃんに癒される「にゃんべい」/煎餅・豆・季節菓子処 みなとや

煎餅・豆・季節菓子処 みなとや


昭和23(1948)年創業、東京の下町・門前仲町にお店を構える「煎餅・豆・季節菓子処 みなとや」。軒先から奥まで自慢の炒り豆やお煎餅がズラリと並び、賑やかで活気あふれるお店です。

老舗の煎餅店ですが、商品はバラエティー豊か。定番のお煎餅や豆菓子はもちろん、メッセージやイラストがプリントされたお煎餅など、ユニークな商品がたくさんあります!


煎餅・豆・季節菓子処 みなとや


「七福にゃんべい」(21枚入箱4,500円)は、にっこり笑ったネコの表情がなんとも愛らしいお煎餅。

一枚一枚丁寧に焼き上げられたお煎餅に、イラストレーター・福田紀子さんがデザインしたネコが描かれています。幸せそうな表情のネコちゃんは、見ているだけで福を運んできてくれそう!


煎餅・豆・季節菓子処 みなとや


21枚箱入りのほか、2枚入り紙台紙(450円)、3枚入りバスケットボックス(800円)、7枚入袋(1,500円)と枚数のバリエーションが豊富なのもうれしいポイント。

また、顔なしのネコ型お煎餅「にゃんべい」や、付属のチョコペンを使って自分で顔を描ける「お絵かきにゃんべい」などさまざまな種類があります。

どれにしようか迷ってしまう、ネコ型お煎餅。もちろんかわいいだけじゃなく、昔から変わらない美味しさにも注目です。



煎餅・豆・季節菓子処 みなとや

住所:東京都江東区門前仲町2-4-9
電話番号:0120-80-3708
営業時間:10:00~19:30
定休日:なし
最寄駅:門前仲町




【5】褒められ確実♡おしゃれで愛らしいネコ缶クッキー/Addict au Sucre

Addict au Sucre


都立大学駅から徒歩5分の場所に位置するパティスリー「Addict au Sucre(アディクト オ シュクル)」。

温かな雰囲気の木のドアのむこうには、焼き立てのフィナンシェや、オペラ、サヴァランなどの定番菓子などがズラリと並びます。

店名の「Addict au Sucre」は、フランス語で「甘味中毒」という意味。その名の通り、何度でも食べたくなる美味しさの本格フランス菓子を楽しめる人気のお店です。


Addict au Sucre


ギフトに選ぶなら、ネコのイラストが描かれた缶入りクッキー「ボワット レ シャ」(1,760円)をぜひ。

イラストのネコは、パティスリーのオーナーの愛猫がモデル。くるくると変わる気まぐれな表情は、手にした瞬間、ほっこり笑顔になってしまいます。

中には5種類のクッキーが入っており、缶を開けてからもワクワクが続きます。


Addict au Sucre


2017年の誕生以来またたく間に人気となり、今では“絶対に喜ばれる東京手土産”として名高い名品。

クラシカルな缶入りクッキーは目上の人にも喜ばれそう。ちょっとしたギフトや手土産に贈れば「センス良い!」と褒められること確実です。



Addict au Sucre

住所:東京都目黒区八雲1-10-6
電話番号:03-6421-1049
営業時間:11:00〜18:30(商品がなくなり次第閉店)
定休日:不定休
最寄り駅:都立大学




【6】行列必至!にゃんともかわいいネコ型食パン/ねこねこ食パン

ねこねこ食パン


生食パン専門店「ねこねこ食パン」では、ネコの形をしたかわいすぎる食パンが大人気。その愛おしいフォルムにノックアウトされる人が続出しており、お店では焼き上がりを待つ人の行列ができるほど!


ねこねこ食パン


「ねこねこ食パン プレーン」(1本550円 ※催事店舗では価格が異なる場合があります)は、かわいさはもちろんのこと、その味わいにもこだわりがいっぱい!

お水は一切使用せず、ミルク100%で作る生地は、コクがありリッチでミルキー。小麦粉は北海道産のものを使用し、小麦本来の甘みと、ふんわり&もっちりとした食感を実現しています。また、ハチミツ、生クリーム、バターを加えることでほんのり甘い口どけに。

そのままでも美味しくいただけるので、グルメな友達にも喜んでもらえるはず!


ねこねこ食パン


プレーンのほか、チョコ味、あずき味、チーズ味(各1本748円 ※催事店舗では価格が異なる場合があります)とその時々により期間限定フレーバーが登場します。選べるフレーバーの豊富さも、手土産に最適なポイントです。

また、ネコの形を生かしてチョコペンで顔を描いたり、デコレーションを加えたりと、アレンジをするとさらにかわいさアップ!小さなお子さんがいるご家庭にも喜ばれること間違いなしです。



ねこねこ食パン アリオ北砂店

住所:東京都江東区北砂2-17-1 アリオ北砂内1F
電話番号:03-6666-2027
営業時間:10:00~22:00(売り切れ次第終了)
定休日:不定休(施設に準ずる)
最寄駅:西大島




日笠麗奈

◆取材・執筆/日笠麗奈

ライター・モデル・イベントMC、来る仕事拒まずのなんでも屋。
お酒とアイドルとテレビが好きで、カルチャー・グルメ記事を中心にさまざまなメディアで執筆中。

[Twitter] https://twitter.com/reina_hikasa

[Instagram] https://www.instagram.com/reina_hikasa/



※2020年2月22日時点の情報です。掲載情報は変更となる場合がございますので、事前にご確認ください。
※価格はすべて税込です。

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える