子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

朝10分限定パンケーキや老舗のとんかつも♪3/8まで開催「湯島天神梅まつり」と楽しむ湯島散歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暖かい日が増えてお散歩が楽しくなってきましたね。親子で出かけるなら3月8日まで開催中の「湯島天神 梅まつり」はいかがですか?梅を眺めて春の訪れを感じたり、美味しいスイーツを堪能したり。湯島には敷居が高いお店が多いイメージがあるかもしれませんが、じつは子連れでも満喫できるグルメスポットやショップが満載!モデルでママの佐藤飛鳥さんと一緒に湯島の魅力をレポートします。

Date2017/02/15

私のスタイル
おしゃれママ
カテゴリ
歴史・名所カフェ
エリア
御徒町上野御徒町


湯島天神梅まつり

暖かい日が増えてお散歩が楽しくなってきましたね。親子で出かけるなら3月8日まで開催中の「湯島天神 梅まつり」はいかがですか?梅を眺めて春の訪れを感じたり、美味しいスイーツを堪能したり。湯島には敷居が高いお店が多いイメージがあるかもしれませんが、じつは子連れでも満喫できるグルメスポットやショップが満載!モデルでママの佐藤飛鳥さんと一緒に湯島の魅力をレポートします。


初春の風物詩「梅まつり」で満開の梅の香りに包まれて/湯島天満宮

湯島天神梅まつり

▲写真提供:湯島天満宮

学業の神様として名高い湯島天満宮、通称・湯島天神では3月8日まで「梅まつり」を開催中。約300本もの可憐な梅の花が咲き誇る様子は、日本ならではの風流さで、地元の人から観光客まで例年大人気。期間中の土日祝日には神輿や野点などのスペシャルイベントも行われています。


湯島天神梅まつり

▲今回、湯島をレポートしてくれたのはモデルの佐藤飛鳥さんと2歳になる息子さん。コロンと丸い梅の花弁は愛らしくて子どもウケが良さそう。


湯島天神梅まつり

▲女坂は、片側に梅の木が立ち並ぶ人気の観梅スポット。美しく咲く梅の花々に心なごみます。


▲きれいな梅の花に佐藤さん親子も思わず笑顔に♪

▲梅の花を眺めつつ親子でほっこり春散歩。



親子で行っても境内を回りながら梅を眺めたり、写真を撮ったりと、ゆっくりと春散歩を楽しめます。とくに梅の木が集められた梅園や女坂はフォトスポットとしてもオススメ。今年は梅の開花が少し早いそうなので、今すぐチェックしてくださいね。


湯島天神 梅まつり2017
期間:2017年2月8日~3月8日
住所:東京都文京区湯島3-30-1
電話:03-3836-0753
入園時間:8:00~19:30
定休日:なし
入園料:無料
最寄り駅:湯島駅・上野広小路駅・上野御徒町駅・御徒町駅・本郷三丁目駅




絶対食べたい!絶品パンケーキの朝ごはん/うさぎやCAFÉ

うさぎやCAFE

▲若者も入りやすいモダンな店構え。店内にはハワイアンミュージックが流れ、明るくカジュアルな雰囲気。


どら焼きで知られる和菓子の名店「うさぎや」。100年以上ものあいだ受け継がれてきた餡を新しい形でデザートとして頂けるのが、今回ご紹介する「うさぎやCAFÉ」です。

北海道十勝産の小豆を使用したうさぎやの餡は、粒餡でも皮の堅さを感じさせないのが特徴。口の中に残らない滑らかな舌触りが優雅な味わいを後押しします。水は体に浸透しやすいというこだわりのハワイウォーターを使用し、餡の美味しさを引き立てています。変わらない伝統の味と新しい試みがマッチした評判のお店です。

うさパンケーキ

▲「うさパンケーキ」650円。オリジナル焙煎珈琲440円。

絶対に味わいたいのが、午前9時~9時10分に来店した人だけが頂ける朝限定「うさパンケーキ」。実はこちら、工場から届けられるできたて熱々のどら焼きの皮をパンケーキに見立てたもの。発酵バターと自慢の餡を挟んで頬張れば、とろけたバターの塩気と皮の甘さが絶妙なハーモニーに♥その味はまさに絶品!

うさぎや4代目が幼少の頃にしていた食べ方を再現したという「うさパンケーキ」は、どら焼きの皮を半分に折ってバターを挟んで頂く新しいスタイル。うさぎの形に配膳されているのもお茶目♪上質な素材を使っているのはもちろんのこと、何より熱々を頂くのが美味しさの秘訣です。

うさぎやCAFÉ

▲開店から10分間だけ限定のうさパンケーキをお目当てに行列ができることも。お店前の道は、道幅が広くないので気をつけつつ、わくわくしながら順番を待って!

うさぎやCAFÉ

▲店内に溢れる甘い香りに幸せな気分いっぱい。パンケーキの生地はふんわりと甘く、子どもも大好きな味!



▲どら焼きの皮を半分にして食べるスタイルだから子どもも食べやすい♪

▲もぐもぐ!ママが食べさせてくれるパンケーキに夢中♪



うさぎやCAFÉ
住所:東京都台東区上野1-17-5 1階
電話:03-6240-1561
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜
最寄り駅:湯島駅・御徒町駅・上野広小路駅・上野御徒町駅




湯島ランチは老舗で至極のとんかつを堪能/井泉本店

井泉本店ヒレかつ定食

▲「ヒレかつ定食」1,850円。丁寧に下処理したお肉を独自の製法で仕込み、驚きの柔らかさに。外側はサクサク、中はしっとりなカツをぜひ一度味わって!

せっかく梅まつりに来たなら、湯島らしい名店に足を運んでみて。昭和5年に「お箸で切れる柔らかいとんかつ」をうたい文句に創業した「井泉本店」は、伝統の味を今に伝える貴重なとんかつ屋さんです。

映画の舞台となり、当時の花柳界とも交流があったとあって、創業当時の雰囲気を残した外観やお座敷など、お店の佇まいも風情があって素敵!ここなら昭和初期にタイムスリップしたような気分で、ゆったりと老舗の味を頂けそうです。


井泉本店カツサンド

▲「カツサンド(6切れ入り)」900円。芸者衆の口元が汚れないようにと工夫された小さめサイズ。

井泉本店

▲湯島の名店、井泉本店。歴史を感じさせる落ち着いた店構え。



井泉本店
住所:東京都文京区湯島3-40-3
電話:03-3834-2901
営業時間:月~土 11:30~20:50 日・祝日11:30~20:30
定休日:水曜(祝日は営業)
最寄り駅:湯島駅・御徒町駅・仲御徒町駅・上野広小路駅・上野御徒町駅
お子様対応:子ども用食器/あり




ほっこり心あたたまる和雑貨をゲットするなら/王冠印雑貨店

王冠印雑貨店

▲上段は「おまもりぽっけ」3,780円。織物産地・富士吉田発のブランド・kichijitsuの、和のモチーフをポップにデザインしたカラフルなお守り型ポーチ。下段は、おまもりポッケと同ブランド「御朱印帳」2,160円。

「王冠印雑貨店」は、まるで宝箱のようなお店。昔なつかしい雰囲気が漂う店内には、昭和の家具や雑貨に囲まれて和モダン&レトロなニッポンのアイテムがずらりと並んでいます。

女性の心をくすぐるハイセンスなポーチから縁日に並んでいたような昔ながらのオモチャまで、大人も子どもも興味をそそられるグッズが揃っているから親子で来ても楽しめそう。猫好き店主選りすぐりの猫もの雑貨も必見です。


王冠印雑貨店

▲店頭に並ぶ愛らしい雑貨やおもちゃ。見ているだけでも好奇心をかきたてられます。

王冠印雑貨店

▲一点一点手作業で作られている「ねこけし一輪挿し」1,026円。表情が少しずつ違うのも手作りならではの魅力。



王冠印雑貨店
住所:東京都文京区湯島3-4-2 佐藤ビルディング1階
電話:03-6806-0252
営業時間:平日 12:00~19:00 土日祝 12:00~18:00
定休日:不定休
最寄り駅:湯島駅・末広町駅・御茶ノ水駅
※2/15〜3/5開催中の『ねこまつり at 湯島〜猫でつなぐ湯島のまち』に参加。




徹底的に素材にこだわった甘味を湯島散歩のお土産に/つる瀬

つる瀬

▲甘味喫茶で頂ける「小倉あんみつ」650円。あんみつに自家製の小倉アイスをのせ、波照間産黒糖で作った黒蜜をとろりとかけて。

昭和5年に創業した「つる瀬」は、四季折々のお菓子を提案し、多くの人から愛され続ける老舗和菓子店。

素材はとことん国産にこだわり、とくに「つる瀬」の顔とも言える豆大福や豆餅の餡には、大粒で皮が薄く香り高い北海道産の豊祝小豆を使い、長年経験を積んだ職人が小豆の粒をつぶしすぎないように丁寧に練り上げています。防腐剤を一切使用せず厳選された素材だけをぜいたくに使用しているから、子どもにも安心して食べさせられますね。

つる瀬ふく梅

▲通年商品ですが、ぜひ梅の季節に頂きたい「ふく梅」200円。湯島天神に咲く白梅をイメージし、小梅と梅餡をくるんだ逸品。甘酸っぱい春の味です。

つる瀬豆大福

▲名物「豆大福」180円。北海道十勝産の赤えんどう豆がたっぷり。お餅の塩味が、豆のホクホク感と餡のやさしい甘味を引き立てています。




喫茶・御菓子司 つる瀬
住所:東京都文京区湯島3-35-8
電話:03-3833-8516
営業時間:<火~土>9:30~19:00<日>9:30~18:00
定休日:月曜
最寄り駅:湯島駅・御徒町駅・仲御徒町駅・上野広小路駅・上野御徒町駅




湯島散歩いかがでしたか?クラシックな味とカジュアルな楽しさが両方叶う貴重な街。ぜひ親子で訪れてみてくださいね。




佐藤 飛鳥さん

モデルとして雑誌・広告・ショーなどを中心に幅広く活躍。2013年に放送されたTV「ウーマンオンザプラネット」では、単身NYに渡り、奮闘する姿で人気を集めた。現在は一児のママとして育児とモデル業を両立する日々。オフィシャルブログはこちら




モデル:佐藤 飛鳥 写真:片岡 祥(湯島天満宮、うさぎやCAFÉ) 取材・文:野田 比都美

※2017年2月15日現在の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。




◆あわせてチェックしたい特集はこちら

>>> 都内で子連れでもゆっくりランチを楽しめるレストラン

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える