子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

4万冊の絵本にオーガニックランチ食べ放題etc.表参道の老舗「クレヨンハウス」が子連れママに愛される秘密とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

表参道は最先端ファッションの街。でもママにとっては子どもを遊ばせる場所が少なくて困ることがありますよね?そんな表参道で人気なのが、食も遊びも大充実で、親子でたっぷり楽しめる『クレヨンハウス』。今回は、その人気の秘密を徹底解説します!

Date2017/01/10

私のスタイル
おしゃれママ
エリア
表参道

オーガニックレストランからおもちゃフロアまで♪まるでテーマパークのような『クレヨンハウス 東京店』

クレヨンハウス

▲表参道駅から歩いてすぐ、とママと子どもに嬉しい立地。緑豊かなエントランスが目を引きます。


元アナウンサーで作家の落合恵子さんがオープンさせた『クレヨンハウス 東京店』。創業41年を迎えた今も、親子で表参道におでかけするならクレヨンハウスは外せない!というほどの人気ぶり。4フロアになっていて、オーガニックランチを始め、絵本、木のおもちゃ、オーガニックコスメ、雑貨など、ママと子どもが楽しめる要素がたっぷり詰まっています。




【B1F】体に優しい有機食材を堪能できる『オーガニックレストラン広場』

クレヨンハウス

▲広々としたテラス席では、ベビーカーを横付けしてお食事も可能。


平日であっても、オープンと同時に親子でいっぱいになるのが、地下1階にある『オーガニックレストラン広場』。有機食材を95%以上使用し、ヨーロッパのオーガニック認定基準も満たした由緒正しいオーガニックレストランです。

旬の有機野菜は食べ物に敏感な子どもにとってベストであるのはもちろん、忙しい毎日を送るママの体にも優しく浸み渡ります。栄養たっぷりで野菜本来の旨みが味わえるメニューに、親子で大満足すること間違いなし。ゆっくりと会話しながらランチできるから、ママ会にもよさそうですね。


クレヨンハウス

▲ランチバイキング1,500円(大人)、1,296円(小学生)、648円(2~6歳)。メニューのアレルゲン表示も完璧。


大人気のランチバイキングは、おかずもご飯もお味噌汁もすべて食べ放題!おかずは日替りで、この日は『和歌山産豚のハンバーグ 中華あんかけ』など趣向を凝らした6種。滋味あふれる味わいはオーガニック食材ならではです。

使用している食材と産地の一覧は壁に掲示されているから安心。しかも毎週月曜日はベジオンリーメニューを実施中。11:00~14:30であれば時間制限はなく、ランチタイムの予約は不可なので行列必至。開店と同時に入って早めのランチを堪能するのもオススメです。


クレヨンハウス

▲1日『クレヨンハウス』を体験してくれたママ・河中あいさんと娘のりんかちゃん。美味しいランチに思わずこの笑顔♥


クレヨンハウス

▲食欲がわくメニューが、ビュッフェカウンターにズラリと並びます。

クレヨンハウス

▲スイーツが欲しくなったらレストラン隣の手作りケーキの店『ケーキおばさん』にオーダー。定番シフォンケーキ600円が絶品!


クレヨンハウス

▲店内のテーブル席とビュッフェカウンターは白樺製。木のあたたかみに包まれた店内。

クレヨンハウス

▲ゆったりと落ち着ける、靴を脱いで座る小上がりの席も。




店内は広々としていて、テーブル席、小上がり席があります。もちろん子どもイスも用意。またテラス席では、屋外用ストーブが設置されているので、冬でも寒さが気になりません。


クレヨンハウス

▲土がついた自然そのままの野菜を知ることが、子どもへの食育に。


レストランと同じ地下1Fにある、オーガニック八百屋『野菜市場』も要チェック。有機栽培の野菜や果物から無添加の加工食品、調味料、お菓子までこだわりの食材がそろっています。

一部農家から直送されている野菜もあり、時季によって違う仕入れ先から、その時に一番新鮮な食材が届けられる貴重な八百屋さん。子どもの口に入る食べ物は、何より安全性&新鮮さにこだわりたいのが親心。賢いママには絶対外せないショップですね。


クレヨンハウス

▲『野菜市場』はレストラン広場に併設されており、ランチ帰りに夕ご飯の買い物もできて便利です。

クレヨンハウス

▲各階のトイレにはオムツ交換台があるので、乳幼児がいる方も安心(写真は地下1階のトイレ)。




【1F】親子で絵本の世界に飛び込んで♪『クレヨンハウス』

クレヨンハウス

▲1Fの本売り場。所狭しと絵本が並びます。子どもだけでなく、大人もワクワク!


なんと45,000冊もの絵本がそろう子どもの本の専門店がメインとなる『クレヨンハウス』。たくさんの絵本に子どもが夢中になることうけあいです。店内中央と窓際に設置された椅子に座って、ゆっくりと絵本を吟味できるのがうれしいポイント。

もちろん我が子のためだけではなく、プレゼントにも最適。定番のシリーズ本から絵本のキャラクターグッズ、保育書までが並ぶうえ、知識が豊富な店員さんが選書のアドバイスをしてくれ、まさに至れり尽くせり。


クレヨンハウス

▲気になる絵本を持って席へ。ママの読み聞かせに夢中!

クレヨンハウス

▲今回は5歳のりんかちゃんにオススメを選んでいただきました。お店の方に相談できるのも嬉しいですね!




【2F】ワクワクが止まらない!おもちゃ天国『クーヨンマーケット』

クレヨンハウス

▲安全性が高く、子どもの成長につながるおもちゃがラインナップ。


木製玩具や楽器、人形、文具など世界中から集めた1,000種類以上のおもちゃを取り扱う『クーヨンマーケット』。楽器や玩具のサンプルが置いてあってプレイランドのように遊んで試すことができるから、子どもは釘付け!

長く遊べるシンプルな木製のタイプから、年齢に応じたものまで。トレンドに流されず、かといって知育だけに偏らない子どもの想像力を引き出すおもちゃがそろっていて『クーヨンマーケット』に並ぶおもちゃなら確か、という安心感があります。


クレヨンハウス

▲カラフルな木製の積み木も、子どもの手に優しい丸みを帯びたデザイン。

クレヨンハウス

▲愛らしい動物のぬいぐるみはプレゼントにもオススメ。

クレヨンハウス

▲フロアの隅には清潔な授乳スペースも設置されています。




【3F】オーガニックグッズに癒される『ミズ・クレヨンハウス』

クレヨンハウス

▲人気オーガニックブランドのアイテムがそろい、見応え十分。


おもちゃを見た後はママの番。子どもに少しお付き合いしてもらって、気になるオーガニックアイテムをチェックしましょう。

女性のための環境や暮らしの本、オーガニックコスメ&ケアグッズ、冷え防止グッズなど女性の体に良い商品が終結した『ミズ・クレヨンハウス』へ。フロア全体に漂うアロマの香りに癒されます。子連れだと、ゆっくりコスメチェックも出来ないのが現実ですが、クレヨンハウスなら絵本とおもちゃを見たついでに付いてきてくれそうです。


クレヨンハウス

▲WELLEDAやPERFECT POTIONのケアアイテム、Dr.Hauschkaのコスメなど話題の商品も。

クレヨンハウス

▲フロア中央ではオーガニックコットン製の衣料品を展示・販売。随時イベントも開催しています。




いかがでしたか?子どもはたっぷり遊んで大満足、ママは美味しいランチとオーガニックグッズに癒されちゃう♪ 子連れでとことん楽しめる『クレヨンハウス』に、ぜひ一度遊びに行ってみてくださいね。




クレヨンハウス 東京店
住所:東京都港区北青山3-8-15
TEL:【B1Fオーガニックレストラン広場】03-3406-6409【B1F野菜市場】03-3406-6477【1F】03-3406-6492【2F】03-3406-6420【3F】03-3406-6465
営業時間:【B1Fオーガニックレストラン広場】11:00~14:30(土日祝10:30~)、14:40~23:00【B1F野菜市場】10:00~20:00【1F】【2F】【3F】11:00~19:00(土日祝10:30~)
定休日:無休(年末年始除く)
お子様対応:キッズメニュー/なし 子ども用イス/あり 子ども用食器/なし 授乳スペース/あり(2F) オムツ交換台/あり(B1F・1F・2F・3F)
最寄り駅:表参道駅




河中あいさん&りんかちゃん

河中あいさん

1985年3月3日生まれ。Pre-mo(主婦の友社)、Baby-mo(主婦の友社)、赤ちゃんとママ(赤ちゃんとママ社)などで活躍するママモデル。5歳になるりんかちゃんとのおでかけが日課。
⇒公式ブログ
⇒Instagram ai_kawanaka




モデル:河中あい、りんか 写真:古田裕子 取材・文:野田 比都美

※2017年1月10日現在の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。



あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える