イメージ

【自由が丘】手土産にも!人気のおすすめスイーツ店10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロールケーキ、チョコレート、クッキーetc.話題の最新スイーツが集まる自由が丘エリア。味はもちろん、見た目のよさも魅力のスイーツは、ギフトや手土産にもぴったり♪今回は、ここぞというときに使える、自由が丘のスイーツショップをまとめまてご紹介!

Date2016/12/27

カテゴリ
スイーツ・パン
エリア
九品仏自由が丘


自由が丘スイーツまとめ

ロールケーキ、チョコレート、クッキーetc.話題の最新スイーツが集まる自由が丘エリア。味はもちろん、見た目のよさも魅力のスイーツは、ギフトや手土産にもぴったり♪今回は、ここぞというときに使える、自由が丘のスイーツショップをまとめまてご紹介!


【1】「自由が丘ロール屋」


「自由が丘ロール屋」


自由が丘の人気パティスリー「モンサンクレール」のオーナーシェフ・辻口博啓さんがプロデュースする、ロールケーキ専門店「自由が丘ロール屋」。

なめらかな口どけと上質の味わいは、一瞬にして食べた人をハッピーにしてくれます。



◆ 自由が丘ロール屋
住所:東京都 目黒区 自由ヶ丘1-23-2
TEL:03-3725-3055
営業時間:11:00~19:00
定休日:水曜・第3火曜


【2】「モンサンクレール」


「モンサンクレール」


辻口博啓氏が最初に立ち上げたのが、ここ自由が丘にある「モンサンクレール」。

ショーケースに並べられた華やかなプチガトーは、思わず全部食べてみたくなってしまいますが、おもたせで買うならお店の人気商品は必ず押さえておきたいもの。



◆モンサンクレール
住所:東京都目黒区自由が丘2-22-4
TEL:03-3718-5200
営業時間:11:00~19:00(サロンはLO 17:30)※12/31(土)は11:00~18:00
定休日:水(臨時休業あり)※2017年1/1(日・祝)~5(木)は休業


【3】「ベリーベリー」


「ベリーベリー」


日本初のスイーツのテーマパーク「自由が丘スイーツフォレスト」。こちらで人気のイチゴスイーツ専門店「ベリーベリー」は、その名の通りイチゴづくしのスイーツがずらりとそろいます。

なかでもおすすめは、外側をイチゴのクラム生地で包み込んだ「とちOTOMEチーズケーキ」。甘酸っぱいイチゴとチーズの組み合わせが絶妙で、老若男女を問わず鉄板の手土産です♪



◆ベリーベリー
住所:東京都目黒区緑が丘2-25-7 ラ・クール自由が丘2F「自由が丘スイーツフォレスト」内
TEL:03-5731-6600(自由が丘スイーツフォレスト)
営業時間:10:00~20:00
定休日:なし(元旦のぞく)


【4】「ブルームス 自由が丘本店」


「ブルームス 自由が丘本店」


タルトや焼き菓子に定評がある「ブルームス」。素材の味や技術がストレートに出やすいベイク系スイーツだからこそ、材料は厳選したものを使用しています。

こちらの人気は、フルーツをふんだんに使ったベイクや、焼き菓子セット。

徹底した素材選びと、丁寧な仕事ぶりが光るお菓子だからこそ、お子様からママまで安心して食べられます♪



◆ブルームス 自由が丘本店
住所:東京都世田谷区奥沢5-26-2
TEL:03-3725-0705
営業時間:11:00~18:00
定休日:月、2017年1/1(日・祝)~3(火)


【5】「ボン・モマン」


「ボン・モマン」


自由が丘で知らない人はいないほど人気の、手作りパイ専門店「ボン・モマン」。

看板商品のアップルパイは、サクサク食感が自慢。

紅玉りんごの爽やかな酸味と甘みと、バターの風味豊かなパイ生地と相性バッチリ。



◆ ボン・モマン
住所:東京都目黒区自由が丘2-15-10 A&Dハウス102
TEL:03-6459-5315
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日


【6】「Souvenir(スヴニール)」


「スヴニール」


「Souvenir(スヴニール)」があるのは、東急大井町線の九品仏駅から歩いてすぐの場所。こちらのお店、ケーキを販売しているという点で他の洋菓子店と同じですが、一方でなんとイートインで毎日ケーキブッフェを開催しているんです。

ケーキブッフェは1日3回行われていて、90分制で大人1名2,500円。3才以下は無料なので、小さい子ども連れのママは要チェック。



◆ スブニール 九品仏店
住所:東京都 世田谷区奥沢7-18-5 めぞんひろせ1F
TEL:03-6805-9321
営業時間:11:00~19:00
定休日:不定休


【7】「バルベーロ」


「バルベーロ」


1881年にイタリア・ピエモンテ州で創業、世界中の愛好家が訪れる老舗チョコレート専門店「バルベーロ」。

世界初出店となる店舗をこちらにオープンし、イタリアの本店以外では世界でも自由が丘でしか買えないという超レアなチョコレートを販売しています。



◆ バルベーロ
住所:東京都 目黒区自由が丘1-31-7
TEL:03-3718-2266
営業時間:月・火・木~日 11:00~19:00
定休日:水曜


【8】「フェーヴ 自由が丘本店」


「フェーヴ 自由が丘本店」


「モンサンクレール」のパティシエ、辻口博啓氏が手がける、豆スイーツブランドの「フェーヴ 自由が丘店」。

栄養豊富な豆を繊細なスイーツのように美味しく、サプリメント感覚で手軽に味わってもらいたいという辻口シェフの想いと、クリエイティブな発想に満ちた、全く新しいスイーツです。



◆ フェーヴ 自由が丘本店
住所: 東京都 目黒区 自由が丘1-29-14 Jフロントビル1F
TEL:03-6421-4825
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休


【9】「Ben's Cookies(ベンズクッキー)」


「Ben's Cookies」


2016年12月13日、自由が丘駅構内にオープンしたイギリス発のクッキー専門店「Ben's Cookies(ベンズクッキー)」。

店舗に併設の厨房で1枚1枚焼き上げるスタイルが、本国イギリスをはじめ、展開する世界7か国で人気のお店です。

上質なベルギーのチョコレートをたっぷり使った全16種類のクッキー(各270円/税抜)を楽しめます。



◆ Ben's Cookies(ベンズクッキー)
住所:東京都 目黒区 自由が丘1-11-7 エトモ自由が丘内
TEL:03-5726-9817
営業時間:11:00~20:00



【10】「メルシークレープ」


「メルシークレープ」


スイーツ大好き夫婦は、『自由が丘スイーツフォレスト』デートがピッタリ。久しぶりのデートを楽しむなら、大人のクレープ専門店『メルシークレープ』へ。

洋菓子界の先駆者の1人『マルメゾン』の大山シェフがプロデュースしたクレープは、ナイフとフォークでいただく気品あふれるスイーツ。 お酒も飲めるので、たまには夫婦水入らずでリラックスタイムなんていかがでしょう。



◆ メルシー クレープ
住所:東京都 目黒区緑が丘2-25-7 ラ クール自由が丘 自由が丘スイーツフォレスト
TEL:03-5731-6600
営業時間:10:00~20:00


※イベントの内容や日程等は変更になる場合があります。
※価格は税込みです。





あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える