エンタメ・体験・子どもと一緒のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

「パパ、ママ、連れてって!」子どもの自由研究がはかどる最新イベント5選【2019年度版】

夏休みの宿題で最も手強いものといえば、自由研究。夏休み後半にバタバタしないで済むように、研究テーマだけでも早めに決めておきたいですよね。「もう8月なのに、まだ何も決めてない!」そんな家族にオススメしたい、都内のイベントをご紹介します♪

Date2019/08/01

世界初公開の復元骨格も!恐竜学の最先端が分かる「恐竜博2019」/国立科学博物館

国立科学博物館_1

ティラノサウルス 復元骨格 © Courtesy of The Royal Saskatchewan Museum, Sandra Foreman Photography 北海道むかわ町穂別博物館所蔵


古代ロマンを感じさせる「恐竜」は、いつの時代も子どもたちの興味関心の的。ちびっこの頃から恐竜図鑑に目を輝かせていたお子さんには、国立科学博物館で開催中の「恐竜博2019」がオススメです!

国立科学博物館_2

デイノケイルス 前あし(展示は複製) © Institute of Paleontology and Geology of Mongolian Academy of Sciences


1969年、「恐しいツメ」を意味するデイノニクスの発見をきっかけに新しい時代が始まったと言われる恐竜研究。恐竜の子育てから絶滅の謎まで、恐竜学の最前線を知ることができます。

国立科学博物館_3

「むかわ竜」が生きた恐竜世界のCG  © NHK


「謎の恐竜」デイノケイルスの全身復元骨格の世界初公開や、北海道むかわ町で発見された「むかわ竜」の東京初上陸など、話題性もたっぷり。ここ50年で塗り替えられてきた恐竜研究の「新常識」に、パパとママもきっと驚くはず!子どもたちと一緒にワクワクできますよ♪



恐竜博2019
期間:開催中~10月14日(月・祝)
場所:国立科学博物館
料金:一般・大学生 1,600(1,400)円、小・中・高校生 600(500)円
※( )内は20名以上の団体料金。詳細は公式サイトをご確認ください。

国立科学博物館
住所:東京都台東区上野公園7-20
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:9:00~17:00(金・土曜は 20:00まで)※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜(祝休日の場合は開館、翌日休館)、年末年始(12月28日~1月1日)
最寄駅:上野




探検ガイドツアーから“うんコーナー”まで!かわいい 生き物と楽しく学ぶ/サンシャイン水族館

サンシャイン水族館_1



生き物好きの家族なら、地上40メートルの屋上にあるサンシャイン水族館へ!45種類1400点の魚たちが暮らす大水槽「サンシャインラグーン」での「エサやり体験」(16:30~ 約20分、300円)や、飼育スタッフによる生き物たちのエピソードを聞きながら水族館のバックヤードを巡る「探検ガイドツアー」(11:00~、14:00~ 約50分、500円)など、生き物のことをじっくり学べるツアーが用意されています。


サンシャイン水族館_2



生き物について学んだ後は、楽しくリラックスする時間も必要ですよね♪夏限定アシカ・パフォーマンスタイム「アシカのびちょびちょ大作戦!」では、キュートなアシカたちが水鉄砲を使って来場者をびちょびちょに!真夏に水しぶきを浴びて涼しくなれる、大人も子どもも大喜びの人気イベントです。


サンシャイン水族館_3



また、早川いくを氏とのコラボレーションによる特別展「へんないきもの展3+うんこ」(600円)も同時開催中(~2019年10月14日)。今回は “うんこ”をテーマにした「うんコーナー」が登場、笑いながら学べる知識がいっぱいです!会場で販売している限定のフードやアイテムはお土産にもピッタリなので、ぜひチェックして♪


サンシャイン水族館 夏フェス2019 アシカのびちょびちょ大作戦!
期間:開催中~2019年9月1日(日)
場所:サンシャイン水族館
時間:各日12:30~/14:00~ 料金:大人(高校生以上)2,200円、子供(小中学生)1,200円、幼児(4才以上)700円

サンシャイン水族館
住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
電話:03-3989-3466
営業時間:9:00~22:00(最終入場21:00)
※上記期間中、8月10日(土)~18日(日)は8:30~22:00(最終入場21:00)
※へんないきもの展3+うんこは最終入場20:30
定休日:無休
最寄駅:東池袋/池袋




乗り物 好き親子は必見!火災原因調査が体験できる特別展も開催/消防博物館

消防博物館_1



「防災」は身近で重要なテーマ。東京メトロ・四谷三丁目駅 すぐの「消防博物館」では、消防の歴史から防災に関する情報などを展示、紹介しています。災害時にどう行動するかなどを家族で学び、防災意識を高める良い機会になるはず!

地下1階には大正から平成までに活躍した消防自動車7台を展示。館内5階の屋外には消防ヘリコプターが展示されており、操縦席に乗ることもできるんです!乗り物好きのお子さんなら、この夏一番の思い出になりそう♡



消防博物館_3

昨年の様子


館内6階の企画展示室では、夏の特別展「火災原因調査 原因究明のメカニズム」を開催中。博物館オリジナルの「なりきり調査員キャップ」をもらったら調査開始!火災の原因を明らかにするための調査方法などが、パネルや映像を通して学べます。


消防博物館
住所:東京都新宿区四谷3-10
電話:03-3353-9119
営業時間:9:30~17:00
利用料金:入場無料
定休日:毎週月曜(国民の祝日にあたる場合は翌日) 、館内整備日
※8月5日(月)・13日(火)・26日(月)・27日(火)は休館、8月12日(月)・19日(月)は開館します。
最寄駅:四谷三丁目





夏の星座解説も。ちびまる子ちゃんと一緒に学ぶ地動説/コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン(R)

天空_4



「宿題」「勉強」と思うと身構えてしまうけど、おなじみのアニメをきっかけにすればすんなりと学ぶことができるかも!? 「コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン(R)」で現在上映中の「プラネタリウム ちびまる子ちゃん それでも地球はまわっている」は、宇宙の魅力に気付く絶好のチャンスです♪


天空_2



『ちびまる子ちゃん』のプラネタリウムプログラム第2弾となる本作品は、「地球は回っている?それに気づいたのは誰?」というまる子の疑問をきっかけに、地球の不思議を探求するオリジナルストーリー。地動説を楽しく学べる作品になっています。また、声優のTARAKOさんによる夏の星座解説も同時上映。楽しく分かりやすいナレーションで、親子の星空散歩をナビゲートしてくれますよ。


天空_3



“天空”をはじめ、都内4か所をめぐる「ちびまる子ちゃん 12星座のスタンプラリー」も開催中です。スタンプをそろえるとオリジナルの星座早見盤が完成!夏休みの思い出をつくりに、ぜひ出かけてみて。


プラネタリウム ちびまる子ちゃん それでも地球はまわっている
期間:開催中~2019年9月1日(日)
場所:コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン(R)


コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン(R)
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・イーストヤード7F
電話番号:03-5610-3043
営業時間:10:00~21:00の回 ※上映日時は公式HPに掲載、上映時間は季節により変更する場合があります。
定休日:無休(作品入替・機器メンテナンス期間は休館)
料金:一般シート大人(中学生以上)1,500円/1名、一般シートこども(4歳以上)900円/1名、三日月シート4,000円/小学生以上2名まで
最寄駅:とうきょうスカイツリー/押上〈スカイツリー前〉





特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」でスポーツと歴史を学ぶ/東京都江戸東京博物館

江戸博物館_1

「流鏑馬絵巻」(部分)  狩野與信(春貞)/画 江戸時代後期 東京都江戸東京博物館蔵


いよいよ来年開催される東京オリンピック ・パラリンピックに向けて、江戸の歴史とスポーツ、そして前回の東京オリンピックについて学ぶのも“今年ならでは”の研究テーマになりそう!

東京都江戸東京博物館で開催中のTOKYO2020 公認プログラム 特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」では、日本におけるスポーツとオリンピックにまつわる貴重な資料を展示。江戸時代の絵画や道具などから、当時の人々が楽しんだ運動や競技を知ることができます。


江戸博物館_2


第12回オリンピック東京大会記念手旗 1936年(昭和11)頃 東京都江戸東京博物館蔵


また、日本がオリンピック初出場を果たした1912年のストックホルム大会、日本が招致するも国際関係の悪化から返上にいたり、幻の大会となった1940年の東京オリンピック、そして1964年についに開催された東京オリンピックなどと、日本人とオリンピックの歴史をさまざまな資料をもとに学ぶことができます。


江戸博物館_3

「1964年東京オリンピック記録カラー映像」 師岡宏次、東京エイト/撮影 1964年(昭和39) 東京都江戸東京博物館蔵


さらに、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの概要や見どころ、開催までのあゆみについての展示コーナーも。来年のオリンピックがさらに楽しみになりそうです♪


特別展 江戸のスポーツと東京オリンピック
期間:開催中~2019年8月25日(日)
場所:東京都江戸東京博物館
料金:一般 1,000円、大学生・専門学校生・中学生(都外)・高校生・65歳以上 500円 ※都内在住・在学の中学生と、小学生以下は無料


東京都江戸東京博物館
住所:東京都墨田区横網1-4-1
電話番号:03-3626-9974[代表]9:00~17:00
開館時間:9:30~17:30(金曜は21:00まで、土曜は19:30まで開館) ※入館はいずれも閉館30分前まで
休館日:月曜(月曜が祝日または振替休日の場合は、その翌日)、年末年始 ※国技館で大相撲本場所開催中は臨時開館します。
常設展料金:一般600円
最寄駅:両国





取材・文/根本暖子


※2019年8月1日の情報です。メニューや価格等は現在と異なる場合がありますので、事前にご連絡ください。
※価格はすべて税込みです。




こちらの特集もチェック!

>>>都内で子連れでもゆっくりランチを楽しめるお店

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える