森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス

  • 青海駅
  • ▲人々のための岩に憑依する滝/Universe of Water Particles on a Rock where People Gather

  • ▲呼応するランプの森 - ワンストローク、メトロポリス /Forest of Resonating Lamps - One Stroke, Metropolis

  • ▲作品は移動する

  • ▲作品は季節によって変化する

  • ▲作品から学ぶ

  • ▲作品は五感で堪能する

アート集団チームラボの作品が圧倒的なスケール感で楽しめる「地図のないミュージアム」。

施設面積10,000平方メートルという圧倒的なスケール感と、多様な空間構成が特徴で、チームラボによる東京初の常設展示であり、フラッグシップ施設です。5つの空間で構成され、世界初公開作品を含む多数の作品を展示しています。施設名称にもなっている“Borderless”という言葉には、「作品と作品」「作品と鑑賞者」「自己と他者」の境界をなくし、鑑賞者も作品の一部となって溶け込んでいくという想いが込められいます。常識を大きく超えるような地図のないミュージアムを体験してみませんか。

<構成する5つの空間>
■ボーダレスワールド
作品は、他の作品とコミュニケーションし、影響を受け合い、時には混ざり合います。そのような作品群による、境界のない1つの世界が『チームラボボーダレス』です。
■運動の森
「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」をコンセプトに、脳の海馬を成長させ、空間認識能力を鍛える新しい「創造的運動空間」です。
■学ぶ!未来の遊園地
『学ぶ!未来の遊園地』は、共創(共同的な創造性)のための教育的な プロジェクトであり、実験的な場です。
■ランプの森
人がランプの近くで立ち止まり、しばらくじっとしていると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせます。
そしてそのランプの光は、最も近い二つのランプに伝播する。伝播したランプの光は、それぞれ同じように強く輝き音色を響かせながら、最も近いランプに伝播し、同じように連続していきます。
■EN TEA HOUSE 幻花亭
EN TEA HOUSE(エンティーハウス)は、器の中の茶に花が咲き、無限に広がる世界をそのまま飲むことができるティーハウスです。茶がある限り花々は無限に咲き、季節によって登場する花も変わります。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    青海駅 / 東京テレポート駅

  • 所在地

    〒135-0064

    東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン

  • 営業時間

    最新の営業時間は公式ウェブサイトをご確認ください
    ※最終入館は閉館の1時間前
    ※現在新型コロナウイルス対策により入館チケットは日時指定予約制となります

  • 定休日

    シーズンによって異なるため、公式ウェブサイトをご確認ください

  • 料金・費用

    大人(高校生以上) 3,200円、障がい者割引 1,600円、子ども(中学生以下) 1,000円
    ※3才以下無料
    ※障がい者割引は、手帳をお持ちのご本人様と同伴者1名まで購入可です。入場には1人1枚チケットが必要となります。

  • 公式サイト

    森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス

  • その他URL

    新型コロナウイルス感染予防の対策について

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました