1. ソロ活>
  2. ソロ活の達人>
  3. 鉄道新聞>
  4. “一人掛けグリーン車”で大人のソロ朝活!グルメも名所もアリの小田原観光はいかが?

ソロ活の達人に聞く!

2017/7/14

“一人掛けグリーン車”で大人のソロ朝活!グルメも名所もアリの小田原観光はいかが?

早起きした朝。予定は午後からだし、ダラダラするのももったいない・・・そんな⽇は、⾸都圏からスグの⼩⽥原で、サクッと半⽇観光はいかが?帰りは特別感満載の“⼀⼈掛け座席”のある特急列⾞グリーン⾞で、プチ贅沢気分も味わっちゃいましょう!

  • 一人旅(東京観光、日帰り)
  • ストレス解消
  • 厚木・相模原・小田原・箱根

電車旅の達人

鉄道新聞さん

「鉄道のおもしろさ」を「利用者目線」でお伝えするインターネット新聞。鉄道主要ニュースを分かりやすく解説したり、電車に関する素朴な疑問、通勤に役立つマメ知識、電車トリビア、美味しい駅弁紹介など。

Webサイト
鉄道新聞 / ツイッター(@tetsudoshimbun )
早起きした朝。予定は午後からだし、ダラダラするのももったいない・・・そんな⽇は、⾸都圏からスグの⼩⽥原で、サクッと半⽇観光はいかが?帰りは特別感満載の“⼀⼈掛け座席”のある特急列⾞グリーン⾞で、プチ贅沢気分も味わっちゃいましょう!

小田原観光


小田原駅は東京駅から東海道新幹線「こだま」で約35分、新宿から特急ロマンスカーで約70分。都心からもあっという間の距離にあります。



小田原観光


しかも小田原なら、駅から徒歩圏内だけでも意外色んな所に行けちゃいます。そして海も近い!それでは早速、歩いてみたいと思います。



小田原観光


小田原駅東口から「お堀端通り」を歩くこと約10分。突然視界が開けたと思ったら、お堀が現れました。



小田原観光


小田原城の正規登城ルート入口もありました。が、とりあえず直進し、まずは海のほうへと向かいます。



小田原観光


ここからは「かまぼこ通り」というらしいです。言われてみれば、いくつものかまぼこ屋さんが集まっています。



小田原観光


かまぼこ通りを歩くこと約5分、ひときわ古い建物のかまぼこ屋さんが目に留まりました。「籠清(かごせい)」本店です。

ここにはなんと、「鉄道」にまつわる名物かまぼこがあるらしい・・・!



小田原観光


中に入ると・・・さまざまなかまぼこがズラリ。



小田原観光


名物の新幹線かまぼこを発見!ドクターイエローと700系。食べるのが勿体ない・・・。



小田原観光


籠清から歩くこと約5分。小さいトンネルの先に青いいものが見えてきました。



小田原観光


トンネルをくぐると・・・一面の海!来たときは海開き前で人影も無く独り占め状態!まるでプライベートビーチのようで、贅沢な時間を楽しめます。



小田原観光


近くの自動販売機で飲み物を買って、日陰でしばし休憩。



小田原観光


次は歩いて10分ほど、小田原城に行ってみました。



小田原観光


この地点で結構標高があります。入場料を払えば天守閣まで登れますが、暑くて今回はここまでにしました。



小田原観光


筆者が行った頃はちょうどアジサイが満開でした。



小田原観光


ちょっと変わった踏切の音が聞こえ、敷地内の「こども遊園地」なるエリアへ行ってみると・・・



小田原観光


かなり立派な汽車の乗り物を発見!30分に1回の運運行で、乗車料金は80円。

筆者も乗ってみたかったのですが、こども遊園地なので大人一人で乗るのは遠慮しておきました。



小田原観光


家族連れが楽しそうに乗っていました。1回の運行でこども遊園地内を2周します。



小田原観光


最近ではなかなか見かけない、ちょっと昔の子ども向け遊具。懐かしい!1回30円という価格もすごいですね。



小田原観光


帰りはこども遊園地から裏道経由で歩くこと10分、小田原駅に戻りました。自由通路にはお土産屋さんもありますよ。



小田原観光


スーパービュー踊り子は首都圏と熱海・伊豆エリアを結ぶ列車ですが、11時46分の1本だけ小田原にも停車します。

全席指定なので、駅のみどりの窓口などでグリーン⾞指定席券を購入します。その際、窓口に「一人掛け希望」の旨伝えればOK。

小田原〜東京間の場合1時間弱の乗車で運賃+2,210円(通常期)でした。



小田原観光


ちなみに小田原駅停車は1日1本しかないためか、スーパービュー踊り子の乗車案内はありませんでした。

グリーン車は進行方向最後部2両なので、ホーム後ろの辺りで待ちます。



小田原観光


スーパービュー踊り子がやってきました!いよいよグリーン車でプチ贅沢移動開始です。



小田原観光


グリーン車の1人掛け座席。隣に人が来る心配もなく、優雅に過ごすことができます。



小田原観光


さらに座席の下のフットレストも引き出せます。リクライニングを少し倒して足を乗せればかなり寛げます。



小田原観光


そしてスーパービュー踊り子のグリーン車ではウェルカムドリンクのサービスも!オレンジジュースやコーヒーなどから選ぶことができます。



小田原観光


一人で気兼ねなく、リッチな気分で東京駅まで帰りました。この時点で時刻は12時41分。この後まだまだ時間があるのは嬉しいところ。

オフの日や午前中に時間がある日は、ぜひ大人の朝活で爽やかな一日のスタートをきってみてはいかがでしょうか。



籠清(かごせい)
住所:神奈川県小田原市本町3-5-13
電話番号:03‒5256‒2660
営業時間: 0465-22-0251
最寄駅:小田原


※2017年7月14日時点の情報です。店舗・内容等は変更になる場合があります。



この記事を書いた人

鉄道新聞さん

「鉄道のおもしろさ」を「利用者目線」でお伝えするインターネット新聞。鉄道主要ニュースを分かりやすく解説したり、電車に関する素朴な疑問、通勤に役立つマメ知識、電車トリビア、美味しい駅弁紹介など。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事