1. ソロ活>
  2. ソロ活の達人>
  3. 鉄道新聞>
  4. 300円で日帰りノスタルジック体験!横浜市電博物館でタイムトリップ

ソロ活の達人に聞く!

2017/4/12

300円で日帰りノスタルジック体験!横浜市電博物館でタイムトリップ

かつて横浜を走っていた路面電車の保存施設「横浜市電保存館」。港町ヨコハマの歴史を学びながら、”三丁目の夕日”のようなノスタルジックな世界に浸ってきました。

  • 一人旅(東京観光、日帰り)
  • 遊ぶ
  • 横浜

電車旅の達人

鉄道新聞さん

「鉄道のおもしろさ」を「利用者目線」でお伝えするインターネット新聞。鉄道主要ニュースを分かりやすく解説したり、電車に関する素朴な疑問、通勤に役立つマメ知識、電車トリビア、美味しい駅弁紹介など。

Webサイト
鉄道新聞 / ツイッター(@tetsudoshimbun )
かつて横浜を走っていた路面電車の保存施設「横浜市電保存館」。今回は同施設で港町ヨコハマの歴史を学びながら、映画“三丁目の夕日”のようなノスタルジックな世界に浸ってきました。

横浜を舞台にしたジブリ映画「コクリコ坂から」にも登場する横浜市電。1972年まで約70年間、市民の足として親しまれた市電の車両7両を、当時の姿のまま保存展示している施設が、横浜市磯子区滝頭(たきがしら)にある「横浜市電保存館」です。


横浜市電保存館


最寄り駅のJR根岸線・根岸駅からバスで約10分、「横浜市電保存館」に到着しました。


横浜市電保存館


館内に入ると早速市電の模型がお出迎え。入館料(大人300円・3歳~中学生100円)を払ってさっそく中へ進んでみましょう。


横浜市電保存館


1両編成とはいえ、実物を目の前で見ると思ったよりも迫力があります。横一列に7両鎮座している様子は壮観です。


横浜市電保存館


自由に車内にも入ることができます。展示車両の中でも特に味のある古い車両を中心に見ていきましょう。


横浜市電保存館


車内に入った瞬間・・・もう現実世界とは少し違った異空間に紛れ込んでしまったよう。ここなら“タイムトリップ”が捗ります!


横浜市電保存館


車内に貼られている案内板、昔の路線図、運転台・・・ここはすべて時が止まっています。時間の許す限り、じっくり一人タイムトリップ気分を味わってみては。


横浜市電保存館


車内は座ったりつり革につかまったりもできるので、当時に思いをはせてみます。


横浜市電保存館


横浜市電保存館


どこか映画の1シーンのような車内には、営業運転当時の空気を感じました。


横浜市電保存館


車内の広告もレトロ。


横浜市電保存館


「20円」の運賃箱が時代を感じさせます。


横浜市電保存館


車外の広告がまたいい味ですね。


横浜市電保存館


保存館の中の展示車両は、片方は車両の頭がそろっています。


横浜市電保存館


そして反対側から見ると、同じ市電でも形式によって車体の長さがみんな違っていることが一目瞭然で興味深かったです。


横浜市電保存館


今回案内して頂いた館長の石井英明さん。後述の「展示コーナー」リニューアル後は資料が充実し、市電を知っている年配の方も多く来てくれるようになったと感慨深げでした。


横浜市電保存館


館内の中央付近には休憩コーナーがあります。館長いわく、お弁当などの持ち込みもOK。近くにコンビニエンスストアもあるので、買ってここで食べることもできるとのこと(再入場可能)。


横浜市電保存館


休憩コーナーは飲み物のみならず、ちょっとレトロなホットメニューやアイスクリームの自販機もあります。


横浜市電保存館


今はなき、市電現役時代のムービーも流れていました。
保存館の奥は広い展示スペースになっています。2017年1月にリニューアルされたばかりです。


横浜市電保存館


横浜の交通やまちの発展と、市電の歴史や役割がよくわかる展示の内容や方法になっています。

写真が多く見ごたえがあるので、ついつい時間かけてゆっくり見入ってしまいました。


横浜市電保存館


昭和40年代の横浜の街をCGで再現した市電のシミュレータで運転体験も楽しめます。


横浜市電保存館


鉄道模型コーナーでは横浜の街のジオラマを背景に、横浜エリアを走る様々な電車が駆け抜けます。


横浜市電保存館


保存館の一番奥にはシアターコーナーがあります。映像が11本あり、自分で好きなものを再生できます。一人なのでゆっくり何本も鑑賞してしまいました。


横浜市電保存館


春休みなど、時期によってはスタンプラリーなどのイベントも行われています。


横浜市電保存館


出入り口のショーケースにはいろいろなグッズがズラリ。お土産も要チェックです。


横浜市電保存館


さて、実はこの横浜市電が屋外に保存展示されているスポットが近くにあります。根岸駅の1駅隣、磯子駅からバスで約17分のところにある久良岐(くらき)公園へ。


横浜市電保存館


公園内には美しく補修された横浜市電が鎮座。月に1回、車内外が公開されています。普段も柵の外から眺められます。青空の下で乗り場を模したモニュメントも相まって、今にも走り出しそうです


横浜市電保存館


思わず写真を撮りたくなる“ノスタルジック”が詰まった横浜市電館、いかがだったでしょうか?

都心からもすぐ行ける横浜市内で、のんびり日帰りタイムトリップに出かけてみては!



横浜市電保存館
住所:神奈川県横浜市磯子区滝頭3-1-53
電話番号:045-754-8505
営業時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3まで)
最寄駅:根岸



※2017年4月12日時点の情報です。施設の情報、内容等は変更になる場合があります。

この記事を書いた人

鉄道新聞さん

「鉄道のおもしろさ」を「利用者目線」でお伝えするインターネット新聞。鉄道主要ニュースを分かりやすく解説したり、電車に関する素朴な疑問、通勤に役立つマメ知識、電車トリビア、美味しい駅弁紹介など。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事

PR