1. ソロ活>
  2. ソロ活の達人>
  3. 辛酸 なめ子>
  4. 【辛酸なめ子連載】高尾山に新たなブーム!?「下山」の魅力に目覚める

ソロ活の達人に聞く!

2015/12/25

【辛酸なめ子連載】高尾山に新たなブーム!?「下山」の魅力に目覚める

独特の視点と語り口で世間を斬るコラムニスト・辛酸なめ子さんが、ソロでのおでかけ先で出会う人やシーンを辛酸ワールド全開で観察&分析する連載企画。第7回は、周辺に話題の新施設が続々オープンする高尾山。混雑必至の紅葉の季節に、辛酸さんが感じた魅力とは…?

  • 別世界をみつける
  • 一人アウトドア
  • 新しい趣味をみつける
  • 立川・日野・八王子

一人観察の達人

辛酸 なめ子さん

漫画家・コラムニスト。東京都生まれ、埼玉育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。現在も漫画やイラスト、コラム執筆のほか、TV、ラジオ出演など多彩に活躍中。

Webサイト
ツイッター(@godblessnameko)
【辛酸なめ子連載】高尾山に新たなブーム!?「下山」の魅力に目覚める

激混み!紅葉の季節の高尾山でソロ登山


▲ラッシュ状態だったケーブルカー。角度がかなりの急勾配でスリリングでした。


冬、紅葉の季節の高尾山にふらっとひとり行ってみたら予想通り激混みでした。ケーブルカーとリフト乗り場には長い列ができていました。

最初、高尾山はどうやって行くのか失念していて、中央線の高尾山駅で降りたら普通にビルとかが並ぶ都会でした。ここは私の知っている高尾山じゃない……と焦り、調べなおして京王線の高尾山口駅に行かなければならないことが判明。そこで時間をロスしてしまったようです。

おとなしく最後尾に並ぶと、人が密集しているおかげで暖かく、ひとりでもそんなに寒さを感じません。そのまま50分ほど並びましたが、両側には土産物屋もあり、空腹でしたが買いにもいけない数メートルの距離。並びながら買えたらありがたいのですが、お店の人が列の人に売りにきてくれることもなく……某国の有名観光ガイドブックにも認定された高尾山なのでそんなに商売にアグレッシブにならなくても繁盛しているのでしょう。

やっとラッシュ状態のケーブルカーに乗り込み高尾山へ。途中急勾配でポールにつかまらないとずり落ちそうでした。でもラクして登ろうとしているので文句は言えません。



▲人生で食べた中で最もおいしかったといっても過言ではないだんご。2本完食。


高尾山駅で降りると、見晴らしが良くてところどころ紅葉した樹々が美しく、山に来たという実感が。高尾山は天狗が住んでいるという伝説があり、天狗まんじゅうや天狗ドッグなどが売られています。

しかし売店は、ディズニーランドのチュロスかと思うくらい並んでいました。三福だんごというだんごが名物なのか100人くらいは並んでいました。そこまで並んでいなかった、素朴なごまだんごを購入したら今まで食べたどのだんごよりもおいしくて、しかも無料のお茶まであり、ありがたさで目頭が熱くなりました。

家族連れが多かったのですが、親が子どもに「ほら、言うこと聞かないと山に置いていくよ!」と叱ったりとか、「階段が怖い~」とお寺の階段をいやがる少女に対して「ふだん悪いことしてるからだよ!」と戒めるお母さんとか、高尾山を活用し、子どもをしつけている家族を何組か見かけました。高尾山という存在の大きさを思い知らされます。


薬王院も、ケーブルカー乗り場も大行列!


▲登るのに並んだということは帰りも……。ケーブルカーの列を見て断念。


しかしどこも混んでいて、薬王院境内の、願いが叶う輪っかをくぐる列も40人ほど、お寺にお参りの列も50人位はいます。こんなにどこも混んでいるのなら早く下山しないと帰れなくなる、と焦燥感にかられ、お参り後、すぐにケーブルカー乗り場に進んだらすでに大行列が。



登山より楽しい!? 思わずドヤ顔になる「下山」


▲徒歩で下山中に見かけた微妙な沼。ケーブルカーより自然を満喫できた気がします。


誘導スタッフの人に歩いても40分くらいで降りられると聞いたので、はじめて高尾山の自力下山に挑戦。1号路は全て舗装されており、坂はところどころ急でしたが、そこまで危険を感じることなく歩いて下れました。普通の革靴やヒールの女子もいるくらいです。

また、こちらはわりと余裕で下山していると、苦しそうな表情で登っている人々とすれ違います。一足先に下山している身としては、がんばってください、と心の中で応援しながらも、優越感をにじませドヤ顔になってしまう……。ねぎらいと満足感が入り交じったノーブルな微笑みを浮かべながら下山するのは楽しかったです。

登山よりも楽しい下山。景色を眺める心の余裕も残っています。行きはケーブルカーで帰りだけ下山するのも、大人のソロ活動におすすめです。ムリなく体力を省エネできて明日の仕事にも響きません。登山ブームの次は下山が来る、と予感した体験でした。





【おまけ】


▲ケーブルカーの駅にたたずむ北島三郎の像。人気のスポットに目を付けるとはさすがです。


この場所の詳細

高尾山

詳細を見る
電話

042-661-4151
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都八王子市高尾町

最寄り駅

高尾山口

大きな地図を見る

この場所の詳細

高尾山

電話番号

042-661-4151
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都八王子市高尾町

営業時間

定休日

最寄り駅

高尾山口


※2015年12月時点の情報です。

この記事を書いた人

辛酸 なめ子さん

漫画家・コラムニスト。東京都生まれ、埼玉育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。現在も漫画やイラスト、コラム執筆のほか、TV、ラジオ出演など多彩に活躍中。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事