1. ソロ活>
  2. ソロ活の達人>
  3. 朝井 麻由美>
  4. ツリークライミングで木に登って、一人秘密基地を楽しんでみた

ソロ活の達人に聞く!

2017/3/29

ツリークライミングで木に登って、一人秘密基地を楽しんでみた

ラクに木登りができる「ツリークライミング」というレジャーがあるらしい。木に登って、木の上でごろごろする。そんな一人秘密基地ごっこをしに行こう。

  • 一人アウトドア
  • 中野・吉祥寺・荻窪

一人遊びの達人

朝井 麻由美さん

ライター・編集者。最新刊『「ぼっち」の歩き方』が発売中。その他、著書に『ひとりっ子の頭ん中』。

Webサイト
ツイッター(@moyomoyomoyo)
ツリークライミングで木に登って、一人秘密基地を楽しんでみた


体力がないわりに、アウトドアレジャーが結構好きである。といっても、アウトドアの体力を使う部分は好きではない。そういった面倒くさい過程をすっ飛ばして、おいしいところだけを味わいたいのだ。

登山ならいきなり頂上に辿り着きたいし、普段着のまま突っ立っているだけで滑る爽快感と景色を堪能できるスキーがあればいいのに、とえらく怠けたことを考えている。苦労する過程があるからこそ景色に感動するのではないか、との考えにも異論を唱えたい。それは、本当にそうなのだろうか。

「苦労したから、そう思いたい」だけではなかろうか。苦労して成果を得られるのと、ラクして成果を得られる、このどちらかを選べるならば後者のほうがいいに決まっているではないか。

そういうわけで、「誰でも簡単に木登りができる」との謳い文句に惹かれて、私は一人「ツリークライミング」をしに都内の公園にやってきた。

ツリークライミングとは、専用のロープや保護具を使って安全に木登りができるレジャーのこと。木登りをするだけでなく、木の上に釣り下げてある「ツリーボート」(ハンモックのようなもの)でひと休みすることも可能。ツリーボートでお菓子を食べたりゲームをしたりすれば、憧れの秘密基地気分を味わえそうだ。

今回は「ツリーマジック」という団体の主催する会に参加させてもらった。ほかにもあらゆる団体がツリークライミングの体験会を全国各地で行っている。

▲器具を装着して説明を受ける



まずは、保護具のサドルを装着してもらい、木の上から垂れ下がっているロープと繋ぐ。そして、片足を引っかけているロープを踏み込むことでロープの結びを押し上げ、その結果、自分の体が上に移動する、という仕組みだ。

階段をのぼるようにロープを踏み込むだけでいいはずなのだが、これがなかなか最初はうまくいかない。ロープにぶら下がっている状態だと、体全体がぶらんぶらんとして安定しないため、下に体重をかけにくいのだ。うまく踏み込めずに力んでしまい、思いのほか息が切れる。


▲ぶらんぶらん(※ツリークライミング中の撮影は危険なため、写真はインストラクターさんに撮ってもらっています)



一歩一歩踏み込んで上のほうまでくると、今度は恐くて踏み込めなくなり、なかなかツリーボートまで到達しない。私だけの秘密基地(ツリーボート)への道は遠い。


▲あ、無理


▲こうして改めて写真で見ると、あまり高くなさそうに見えるけれど実際はかなり恐い



インストラクターさんに手伝ってもらいつつ、私は秘密基地入りを果たした。



▲秘密基地でお菓子を食べてみる


▲秘密基地でニンテンドー3DSをやってみる


▲秘密基地でカードゲームをやってみる(ニムトというゲームをやっています)


▲秘密基地でトランプもやってみる


▲秘密基地で寝る



ツリークライミングは、想像していたよりもずっと体力を使った。これはひとえに私がうまくコツを掴み切れなかったからであり、本来は力を使うレジャーではない。慣れればもっとひょいひょいと登れるはずなのだ。ちなみに、インストラクターさんによると、ツリークライミングは「木と友達になるレクリエーション」らしい。木と友達になる力が足りなかったということだろうか。

アウトドアレジャーをすると、一人でできることには限りがあることを実感する。一人遊びができるのは、その環境が整ってこそ。その環境は、どこかの誰かが整えてくれたものだ。そのことを肝に銘じて、これからも一人を楽しみたい。




一人秘密基地を楽しむ3カ条

その1
ツリークライミングのコツを掴めるように頑張ろう
その2
木の上で食べるためのお菓子を持って行こう
その3
木の上でゲームをするのも楽しい


※注意:木の上でゲームなどをする際は、インストラクターさんの監修のもと、細心の注意払って安全に行ってください。


「ツリーマジック」
https://www.facebook.com/12treemagic/
都内の公園(主に井の頭公園)で定期的に体験会を開催している。

お知らせ

ソロ活の当連載が、書籍化しました!

「一人プラネタリウム」から「一人豆まき」までの連載記事を大幅に加筆修正し、「一人スイカ割り」、「一人流しそうめん」、「一人ラブホテル」などの書き下ろしも収録しています。

この記事を書いた人

朝井 麻由美さん

ライター・編集者。最新刊『「ぼっち」の歩き方』が発売中。その他、著書に『ひとりっ子の頭ん中』。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事

PR