1. ソロ活>
  2. ソロ活の達人>
  3. 朝井 麻由美>
  4. 海には近寄りたくないけど思い立って一人潮干狩りに行ってきた

ソロ活の達人に聞く!

2015/5/13

海には近寄りたくないけど思い立って一人潮干狩りに行ってきた

リア充が多いイメージがあるため海にはなるべく近寄らないようにしていたが、潮干狩りはソロ活向きなのでは……と思い立ち、一人潮干狩りに行ってきました。

  • 一人レジャー
  • 一人アウトドア
  • 船橋・浦安・舞浜

一人遊びの達人

朝井 麻由美さん

ライター・編集者。最新刊『「ぼっち」の歩き方』が発売中。その他、著書に『ひとりっ子の頭ん中』。

Webサイト
ツイッター(@moyomoyomoyo)
前回(https://www.enjoytokyo.jp/solo/master/tatsujin1/215/ )、バーベキューに勤しむリア充についての思いの丈をぶちまけさせていただいた。

 前回、バーベキューに勤しむリア充についての思いの丈をぶちまけさせていただいた(前回記事はこちら)。だが、公園や河川敷でバーベキューをする連中はまだいい。凶悪なのは、海でバーベキューをする輩たちである。真っ黒い肌に海パンで、サングラスでビールでビーチバレーで二言目にはウェーイなどと言い出しそうで……嫌すぎる。そんな偏見のもと、海には極力近寄らない人生を送ってきたのだが、実は隠れたソロ向きレジャーなのではないかと常々思っていたのが、潮干狩りである。熊手を使って砂浜をひたすら掘り、バケツに貝を放り込んでいく。海なのに、なんて地味なんだろう。

▲まずは熊手を借りる

 潮干狩り場に着いてみると……思った通りである!!!!

▲この、砂浜を歩く人々の、リアルが充実していない感じ!(失礼)

 おじいさんにおばあさん、家族連れに、若者グループもいるけれど、サングラスじゃないし、ウェーイって言わなそう! 何より、グループで来ているにも関わらず、誰も彼もが当たり前だが個人作業。貝を掘る瞬間は、いつだってみんな一人。各々が各々の掘り作業に邁進する、そんな光景が広がっていた。
 ここは、ソロ活民にとっての楽園かもしれない。言い知れない安心感に包まれながら、さっそく砂を掘り始めた。

▲こういう、砂浜に穴が空いているところを狙う

 しばらく掘っていると、

 それらしきものが見えてきた。

 が……、駄目っ……!

▲ただの砂にまみれた貝殻だった……

 ……。

 不発も少なくはないが、一度金脈を見つけると、一気に複数見つかることも。

▲僥倖っ……!

 そんなことを繰り返し、

▲掘っても採れなかったときの顔

 採れたり採れなかったりの悲喜こもごもがありつつ、

▲掘ってわりと採れたときの顔

 30分がたった。

▲掘ってかなり採れたときの顔

 ふと周りを見渡してみると、来たときと変わらず、やっぱり誰もがひたすら下を向き、黙々と掘っている。海、という場所に一般的に抱くイメージとは、あまりに大きくかけ離れている。その様子を眺めながら私は、「距離感」について思いを馳せていた。
 一人行動を好む者の中には、先天的なタイプと後天的なタイプがいるように思う。先天的なタイプは、いつの時代も一人で行動することに疑問を持たず、中学・高校でのグループ行動もなんのその、他人の目を一切気にすることなく一人でどこへでも行ける、生まれついてのソロプレイヤー。対して、後天的なタイプは、最低限のグループ行動は不本意ながらも受け入れてきた。いや、受け入れない選択肢を取れるほど、強くはなかった。けれども、集団の同調圧力や近すぎる距離感に息苦しさを覚え、社会に出てから徐々に一人行動に目覚めた。私は、この後天的なタイプである。潮干狩り場には、「みんなで一緒に同じところを掘ろうねー」という近すぎる距離感の息苦しさが、なかった。団体客だろうが家族客だろうが一人客だろうが、誰もがそれぞれのスペースで掘り、踏み込まれ過ぎない距離感が蔓延していた。それでいて、貝を掘るという同じ目標に向かうことでの、薄っすら感じる連帯感。“ソロ活”をしているからといって、世界で一人ぼっちになりたい、というわけではないのだ。それぞれが一人で自由に行動することで、「一人行動っていいよね」と暗に認め合いたい、そんな気持ちが根底にあるのかもしれない。潮干狩り場にあったのは2つ。意外と短時間で掘れる貝と、心地良いソロ空間。

▲…というような、ややこしいことを考えながら掘った貝。最後に採ったグラムに応じて料金を払う仕組み

潮干狩りをソロで楽しむ3ヵ条

その1
貝は思った以上に採れる(30分に30個程度)ので気楽に構えよう
その2
潮干狩りにはリア充はあんまりいない(多分)ので安心しよう
その3
“それぞれ自分の場所を掘る”という心地よい距離感を楽しもう

※なお、この連載の写真はすべてセルフタイマー&三脚で撮影しています。

この場所の詳細

ふなばし三番瀬海浜公園

詳細を見る
電話

047-435-0828
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

千葉県船橋市潮見町40

営業時間

潮干狩り開催期間:2019年4月18日(木)~2019年6月9日(日) ※潮回りの関係で開催できない日がありますので、詳しくは公式HPなどをご確認ください。 9:00~17:00(施設により異なります。)

定休日

無休(年末年始除く)

最寄り駅

二俣新町

大きな地図を見る

この場所の詳細

ふなばし三番瀬海浜公園

電話番号

047-435-0828
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

千葉県船橋市潮見町40

営業時間

潮干狩り開催期間:2019年4月18日(木)~2019年6月9日(日) ※潮回りの関係で開催できない日がありますので、詳しくは公式HPなどをご確認ください。 9:00~17:00(施設により異なります。)

定休日

無休(年末年始除く)

最寄り駅

二俣新町

この記事を書いた人

朝井 麻由美さん

ライター・編集者。最新刊『「ぼっち」の歩き方』が発売中。その他、著書に『ひとりっ子の頭ん中』。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事

PR