1. ソロ活>
  2. 一人旅(東京観光、日帰り)>
  3. 湘南・鎌倉・横須賀・三浦>
  4. 女子ひとりで秋を迎えたはずの海に行ってきた【おゆみパイ企画】

【おゆみパイ企画】女子ひとりで秋を迎えたはずの海に行ってきた

!こんにちは、おゆみパイです。!

今回は『みんなのごはん』に加えて、こちらの『ソロ活』でも読み切りを書かせていただきました。
友達が少ないので孤独には慣れているものの、充実したソロ生活が全く送れていない私は休日は15時間寝ています。

そんなあたしがソロで何をして何を書いたらいいの!?と非常に頭を悩ませましたが、ありきたりな海へ今回行ってきました。

ただつらい気持ちを洗い落とすために無計画で行ったので、特に山なし意味なし落ちなしですが、どうぞよろしくお願いいたします。

自宅(東京)から電車で1時間くらいで気軽にいける海……場所はかなり限られますが、ぱっと思いついたのが鎌倉の近くにある「由比ヶ浜」。
5年位前、確かまだ学生だった頃に当時仲が良かった同級生と年末に初めて行ったのが由比ヶ浜でした。
その時歩いた砂浜がとてもきれいだったこと、冬の乾燥した空気のおかげかやたらときれいな青空だったこと、海の水がとても澄んでいたことがいまだに忘れられなくて、気持ちがつらくなるとよく当時の冬の由比ヶ浜のことを思い出します。

職場で望まない社内ニートの姿になりつつある最近、デスクで心を無にしている時間の圧倒的長さによりメンタルゲージがガンガン削られていく私は平日を狙って小田急線に乗り、江ノ電のある藤沢駅へ向かいました。

!!5年ぶりの江ノ電!!
平日だけどそこそこ人がいました。遠足だかなんだかで小学生もちらほらおりました。

由比ヶ浜駅を降りて海の方向へ歩いて行くと、間もなくして海が!
(写真だとちょっとわかりづらい)

!!!海がーー!!!

↓以下、5年ぶりの由比ヶ浜と対面した喜びを4コマにしました。↓

!!!!海が~~~!!!!

!!!!波が~~~!!!

↓以下、5年ぶりの由比ヶ浜で白い石を見つけた感動を4コマにしました。↓

↓以下、5年ぶりの由比ヶ浜に期待を膨らましたものの思った以上の人の多さと砂浜の汚さで絶望した気持ちを4コマにしました。↓

いやいや、人多すぎだろ、なんやねんあれ……と完全にしらけながら1人で15分くらいひたすら海を歩きました。
時たま曇ってはいましたが、天気が良く、非常にこの日は暖かかったです。風もそこそこあったおかげか波が結構強かったです。一体どこからこれだけの大きな音が出るんだ……と驚くくらいに、波の音も荒々しかったです。
サーファーからしたら「今波に乗らないでいつ乗る!!」といったところなのでしょうね。
とりあえず、海に行くタイミングが明らかに早かったので、増した悲しみを砂浜に刻み、記念写真を撮っておきました。

今度由比ガ浜へ行こうと思っている方、もしかしたらまだ残っているかもしれないので頑張って探してきてください。

ここで終わり、と見せかけて、実はもうちょっとだけ続くんじゃよ。

あまりにしらけすぎてすぐに帰ろうと思ったのですが、せっかく鎌倉の近くに来たことだし……ということで、昼飯を求めちょっくら鎌倉にも行ってきました。

まあ、女で1人で歩いてる人なんて私の視界の範囲内には一切うつらなかったよね。
もちろんナンパもされなかったよね。
いいと思う。みんな楽しそうで、幸せそうで、何より。

さて適当に歩きながらしばらくお店を探すことにしました。
和食で、お店の外観はオシャレ気取ったものでなく、あんまり安いのもなんだしランチが1000円くらいのお店を条件に、自分の目を頼りにブラブラと散歩。

お店の外観とメニューだけでなんとなく決めて入ったお店の名前は「段葛 こ寿々」。

お蕎麦屋さんです!
こちらのお蕎麦屋さんは、わらび餅がとても美味しいということで有名だそうです。
しかしここはあえてのお蕎麦を頂きました。

頼んだ料理は「こ寿々そば」という、ぶっかけそば。
そばの上に天かす、大葉、海苔、大根おろしが乗っかっています。
ほのかに香るゆずと、大葉のしぶい風味が口の中に広がり、この日がやや暑かったのもあってか非常に美味しかったです。
そばも歯ごたえがあって、量はあまり多くないもののお腹はしっかりと膨れました。
女性には丁度いい量かもしれませんね。

あたたかいそば湯もいただいて満足!
個人的意見ですが、そば湯が出る蕎麦屋さんはアタリが多いです。

絵ではわかりにくい方は是非実際に足を運んでご対面してみてはいかがでしょうか~~。

お蕎麦のおかげで満足いく一日が過ごせました!

<今回行ったお店:段葛 こ寿々

おゆみパイ

ブログ書いたり絵を描いたり写真を撮ったりしています。脱無職しました。

「みんなのごはん」での記事はこちら >>