1. ソロ活>
  2. 一人カフェ>
  3. 中野・吉祥寺・荻窪>
  4. アイスのバラが咲きほこる“美スイーツ”!疲れた心を癒してくれる「びあん香」でリラックスタイム

2017/10/23

アイスのバラが咲きほこる“美スイーツ”!疲れた心を癒してくれる「びあん香」でリラックスタイム

いつの頃からか、「アンティークの街」「古本の街」「グルメの街」としてメディアで頻繁に取り上げられ、休日には老若男女問わず散策を楽しむ人たちでにぎわう「西荻窪」。住みたい街の上位にランクインする吉祥寺とは隣町でありながら、そこまでの混雑さはなく、ちょっとした小さな路地に個人が経営する雰囲気の良い店が多く並ぶゆるやかさが人気です。今回はそんな西荻窪でも人気の“美しいスイーツ”が楽しめる純喫茶「びあん香」をご紹介します。

いつの頃からか、「アンティークの街」「古本の街」「グルメの街」としてメディアで頻繁に取り上げられ、休日には老若男女問わず散策を楽しむ人たちでにぎわう「西荻窪」。住みたい街の上位にランクインする吉祥寺とは隣町でありながら、そこまでの混雑さはなく、ちょっとした小さな路地に個人が経営する雰囲気の良い店が多く並ぶゆるやかさが人気です。今回はそんな西荻窪でも人気の“美しいスイーツ”が楽しめる純喫茶「びあん香」をご紹介します。



西荻窪で一人優雅なスイーツタイムを楽しむ


びあん香


西荻窪を散策の途中、ぜひ立ち寄ってひと休みしてほしい純喫茶、「びあん香(か)」があります。

植物に覆われた入口が特徴的な、半地下にある同店は、実はあるメニューが大人気なのです。



びあん香


まず、びあん香という店名の由来について、店主の田中さんに尋ねてみました。

「半地下にあるからB1(=ビーワン)でしょう?その空間が香るというイメージで、“ビーワンが香る”から“びーわん香”⇒“びあん香”になったの。後から知ったのだけど、ビアンカにはイタリア語で『白』の意味もあるんですってね。それも何か素敵でしょう?」と、柔らかい笑みを浮かべながら教えて下さる田中さん。



びあん香


田中さんは数ヶ月間コーヒー学校に通った後に、この場所で約30年前に「びあん香」を開店。かつてはフラワーアレンジメント、洋裁、料理などを学んでいたそうで、その経験を活かして、ある名物メニューが生まれるきっかけとなりました。

それは、「他の店にはないものを」と考案された、見て麗しく食べて美味しい“バラの花”を模したアイスクリームです。



びあん香


特に人気のある写真の「びあん香ケーキ」(500円)は、毎日店で焼くふわふわでしっとりとしたシフォンケーキの上に、注文が入る度にディッシャーによって1枚ずつ丁寧に作られるアイスクリームのバラの花が咲いています。

繊細で甘い花びらはなんとも魅惑的な口どけ。他では食べられない味です。

まるで本物の花びらのように立体的な形に思わず見惚れてしまい、溶け始めてから慌てて口に運ぶこともしばしば。



びあん香


綺麗な花びらを作るため、アイスクリームは常に2パック常備。花びらを一番美しい形に出来るようどちらかをしっかりと冷やしておく徹底さ。

それでも注文が重なる時間帯はどうしてもアイスクリームがゆるくなってしまい、綺麗な花びらが作れないと田中さんは嘆きますが、テーブルに運ばれてきた一輪のバラを見ては、皆が笑顔になるのです。



びあん香


びあん香


バラの花のアイスクリームを楽しむことができるメニューは、コーヒーフロート、ティーフロート、びあん香ケーキ、大きなバラが美しい「コーヒーパフェ」(680円/写真上)と、小さなバラで飾られる「コーヒーゼリー」(500円/写真下)。

口コミやSNSを通じて話題を呼び、最近では若い女性をはじめに行列が出来るほどで、びあん香を目指して西荻窪にやってくる人たちが増えているのだそうです。



びあん香


常連客の多くは近所で暮らす主婦の方が多く、食事後のおしゃべりのために訪れてコーヒーを飲んでいかれるため、食事をする方は少ないとのこと。

しかし、びあん香ケーキと同じくらい美味しい食事メニューがあるのでこちらもオススメです。

「びあん香風ヌードル」(850円)は、特製トマトソース(ソースの配合は秘密とのこと)で和えたうどんをオーブンで焼いたもの。まだ筆者も食べたことのない「トーフグラタン」(600円)も気になっています。

田中さんは一人で店を切り盛りしているため、オーブンで焼いている時間に他のことができる効率的なメニューとしてこれらを考えたそう。いかに要領よくできるかを常に考えているという田中さん。その動きには見習いたいところがたくさんあります。



びあん香


「みんなそれぞれ得意なことがあるから、それを活かして使うべき。無駄なことはないと思うの。チャンスがあったらいろいろやってみて、だめならやめればいい。好きだからこそ得意なこともあるから」

カウンター席で聞いた田中さんのやさしい言葉の数々を、今でもふとした時に思い出します。散策と同じで、長い道を頑張って歩く(生きる)ことに少し疲れてしまったなら、無理をしないで、自分のペースで休めるようにしていこうと考えるのでした。

そして、西荻窪は他にも素敵な純喫茶が多いので、お休みの日にゆっくり朝から晩まで歩き回るのがオススメです。

例えば、店内に多くの柱時計が掛けられた「物豆奇(ものずき)」で、正確な時間を刻む3つだけの時計を探してみたり、月に1度、日曜日に朝市が開催される「こけし屋」でシェフが目の前で焼いてくれる熱々のオムレツや絶品コロッケを朝食にしたり。

全席禁煙の山小屋風の「DANTE」店内で美味しいコーヒーと濃厚なチョコレートケーキに舌鼓をうったり、夜遅くまで営業している「どんぐり舎」でどんぐりの形をしたクッキーを誰かへのお土産にしたり、名店トップで修業された「POT」のマスターが淹れるコーヒーと美味しい手作りケーキを楽しんだり・・・。

きっと西荻窪の純喫茶を巡るだけで楽しくて時間が足りず、何度でも訪れたくなってしまうのではないかと思います。



びあん香


誰かと一緒でももちろん楽しいですが、気の向くままに好きな場所へ行き、好きなものを食べられる、一人の時間も素晴らしいもの。

西荻窪散策に疲れたときはもちろん、日ごろの生活に疲れを感じたら、びあん香に立ち寄って、カウンター席でほっとする甘く美しい花をいただきながら、田中さんと楽しいお喋りにも花を咲かすのはいかがでしょうか?



びあん香
住所:東京都杉並区西荻北2-3-1
電話番号:03-3394-4584
営業時間: 11:00~19:00(場合によって変動あり)
定休日:不定休
最寄駅:西荻窪





純喫茶コレクション

◆取材・執筆/純喫茶コレクション

日中は会社員、日暮れから東京喫茶店研究所二代目所長。
書籍『純喫茶コレクション』、『純喫茶へ、1000軒』、『純喫茶、あの味』

Instagram: retrokissa2017
Twitter:@retrokissa




※メニュー・内容は、2017年10月23日時点の情報です。
※メニューはすべて税込み金額です。内容は変更する場合があります。





ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事

PR