1. ソロ活>
  2. 一人ランチ>
  3. 銀座・有楽町・日比谷・築地>
  4. 銀座に「八百屋さんが始めたうどん店」があるって!?アボカド入りなど野菜うどんがヤバうまい!

2017/9/21

銀座に「八百屋さんが始めたうどん店」があるって!?アボカド入りなど野菜うどんがヤバうまい!

えっ、銀座に“八百屋さん”なんてあるの?しかも“うどんが大人気の八百屋さん”って何?今回は巷でウワサの、江戸時代から続く歴史ある八百屋さんが営む、うどん店「太常(だいつね)うどん 銀座本店」をレポート!「新鮮野菜」「だし」「麺」の美味しさに定評があるヘルシーうどんは、女子にもうってつけ!最近、野菜不足だなと感じたとき、体に優しいものが食べたいときに、ぜひ行ってみてはいかが?

えっ、銀座に“八百屋さん”なんてあるの?しかも“うどんが大人気の八百屋さん”って何?今回は巷でウワサの、江戸時代から続く歴史ある八百屋さんが営む、うどん店「太常(だいつね)うどん 銀座本店」をレポート!「新鮮野菜」「だし」「麺」の美味しさに定評があるヘルシーうどんは、女子にもうってつけ!最近、野菜不足だなと感じたとき、体に優しいものが食べたいときに、ぜひ行ってみてはいかが?


八百屋さんなのにうどんが人気!?軒先で野菜も買えてしまう、東銀座のユニークなうどん店


うどん 太常(だいつね)


東京メトロの東銀座駅付近にある一軒のお店。実はココ、銀座ツウの女子でもなかなか知らないであろう、不思議な店構えのうどん店なのです。「太常うどん 銀座本店」というこちらのお店は、江戸時代から5代続いている八百屋さん。平日のみオープンしていて、近辺で働く人の間では、“八百屋さんなのにうどん”で人気を呼んでいます。


お店の軒先


お店の軒先には、野菜の山!箱ごとどっさりと野菜が並べられている様は、古き良き昭和時代のような雰囲気を醸し出しています。


長ねぎ


ちなみに並ぶ野菜は日によって変わるそうで、訪れたこの日は新鮮なサツマイモや長ねぎがたくさん販売されていました。銀座の店先でサツマイモや長ねぎを買うって、今や非日常的で新鮮な体験かも。


うどんのメニュー看板


店の軒先には、うどんのメニュー看板が。ヘルシーな「九条ねぎうどん」や「とろろうどん」などに加え、「アドカドうどん」「フルーツトマトうどん」という、聞きなじみがないメニューも。

しかもうどんは450円から、天ぷらも50円からって、チェーン店もビックリするほどのリーズナブルさです。


店内


店内は一見すると食堂のような感じになっていて、6人掛けの広いテーブル席がたくさん並んでいます。席と席の間隔は狭苦しくなく、相席でも気まずさは感じなそう。またBGMでJAZZが流れているので、リラックスできます。女子一人のお客さんも結構多いのも納得の空間でした。




八百屋さんならではの発想で作る本格ヘルシーうどん!うどんへのこだわりも半端ない!


オススメ


この日オススメのうどんがこちら。「夏野菜のだし」(750円)、「きのこバジル」(800円)、「揚げなす」(650)円、「冷やしゴマだれサラダ」(750円)など、女子好みの新鮮な野菜を主役にしたうどんがたくさん!


注文


店内での注文はセルフスタイルになっていて、まずは「あつあつ(薄口だしのあつあつうどん)」か「冷やし(濃口しょうゆの冷うどん)」を選択。そして食べたいうどんのメニューを伝え、好みでトッピングの追加をするという仕組みです。

テイクアウトができるのも、オフィスで食べたいという女子に、見逃せないポイントになると思います。


製麺所


うどんの出来上がりを待つ間にお店の奥を見てみると、「製麺所」まであるというこだわりぶり。ここで打った麺を一日寝かせ、それからお客さんたちへ提供しているとのことでした。


製麺所


さらにこんな貼り紙もありました。「安心して、つゆまで飲み干せるうどんを作りたい」との思いで、使用するだしの素材にもこだわりが。まさに生鮮品をずっと扱ってきている八百屋さんならでは。これだけヘルシーなうどんが食べられるというのは、美容や健康を気にする女子はうれしいですね。




自家製麺×こだわりの出汁×新鮮野菜!が繰り出す、うどんのトリプルハーモニー


アボカドうどん


こちらはメニューを見てぜひ食べてみたい!と思った「アボカドうどん」(700円)。よく熟れたアボカドがまるまる1個入っていて、大根おろしと生姜、ねぎがトッピングされたうどんになっています。アボカドは食べる美容液とも呼ばれるほど、栄養満点な食材。見た目も涼やかで美味しそう!


アボカドうどん


アボカドとうどんの組み合わせって合うのかな?と最初は半信半疑だったのですが、一緒に食べてみるとアボカドのコクと本場香川の小麦粉を使用した自家製麺のコシ、そこに香ってくる出汁の風味が相性バッチリ!意外な美味しさを発見して思わずテンションが上がりました!(お店の方に聞いたら、アボカドうどんは冷うどんで食べるのがオススメだそうですよ)


とろろうどん


もう一品気になったのが、ベーシックな「とろろうどん」(600円)。温かいとろろうどんは胃にも優しく、麺のつるつるした喉ごしと噛んだ時のモチモチ感が、冷うどんとはまた異なります。お酒を飲んだ次の日はコレ!と言いたくなるような、優しい出汁の味わいもとても印象的な逸品です。


とろろうどん


麺に絡んだとろろはもちろんですが、利尻産の昆布や瀬戸内の煮干、鹿児島のカツオ節など、化学調味料を使わない天然モノでとったという出汁が感動的な味わい。あまりの出汁の美味しさに、最後の一滴までキレイに飲み干してしまうほどでした!


天ぷら


天ぷら


ちなみに「うどん 太常(だいつね)」は、八百屋さんというだけあって、サイドメニューの野菜の天ぷらも豊富です。 天ぷらの素材は旬に合わせて変わるようですが、この日は「アスパラガス」「トロなす」「とうもろこし」「ブラウンマッシュルーム」などのメニューが並んでいましたよ。野菜好きの女子にはうれしいですね。


ブラウンマッシュルームの天ぷら


こちらはブラウンマッシュルームの天ぷら。旬の野菜は全て国産とのことで、その日の朝に仕入れた新鮮野菜が美味しい天ぷらへと変わります。


太常(だいつね)うどん


野菜のプロである八百屋さんならではのこだわりが詰まった天ぷらが、手軽に味わえるというのも大きな魅力ですね!




まとめ


知る人ぞ知る銀座の八百屋さんは、「だし」「麺」「野菜」のトリプルハーモニーが素晴らしいお店でした!

一人で気軽に入れて、ヘルシーなランチをリーズナブルに食べられるというのは、働く女子の強い味方。また昼は15:00まで、ラストオーダー14:30頃までと営業が長いので、仕事が押してランチが遅くなってしまったときにも助かります。きっと午後の仕事もがんばれますよ!




太常(だいつね)うどん 銀座本店
住所:東京都中央区銀座7-15-17 だいつねビル1F
電話番号:03-3541-2227
営業時間:11:30~15:00/18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:土・日・祝
最寄駅:東銀座/築地市場/汐留




取材・編集/ソーシャルグッドマーケティング



※メニュー・内容は、2017年9月21日時点の情報です。
※価格は全て税込みです。





ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事