1. ソロ活>
  2. 一人飲み>
  3. 中野・吉祥寺・荻窪>
  4. 大人気ブロガー・ツレヅレハナコさんに聞く!女のひとり飲みとおいしい行きつけの作り方【前編】

2016/6/30

大人気ブロガー・ツレヅレハナコさんに聞く!女のひとり飲みとおいしい行きつけの作り方【前編】

お酒と料理と食べ歩きをこよなく愛する、100万view超えの食ブロガー・ツレヅレハナコさん。「お酒を飲まない日はありません!」と豪語するだけあって、外でのひとり飲みもお手のもの。前編となる今回は、お店探しの方法からいい店の基準まで、ざっくばらんに語っていただきました。大人女子がひとり飲みを安心して楽しむヒントが盛りだくさん!憧れるけど、ひとり飲みはハードル高そう~、と尻込みする人も必見です!

お酒と料理と食べ歩きをこよなく愛する、100万view超えの食ブロガー・ツレヅレハナコさん。「お酒を飲まない日はありません!」と豪語するだけあって、外でのひとり飲みもお手のもの。前編となる今回は、お店探しの方法からいい店の基準まで、ざっくばらんに語っていただきました。大人女子がひとり飲みを安心して楽しむヒントが盛りだくさん!憧れるけど、ひとり飲みはハードル高そう~、と尻込みする人も必見です!


おいしいものとの出合いは一期一会!

▲編集部の「行きつけのお店で取材を」というお願いから、場所は東高円寺の「天★」。お店の詳細は最後に。


子供の頃から食べることが好きだったんです。

だからといって、母親が料理上手だったかというとそれは微妙なところで……。本人は料理上手だって思っているみたいですけどね(笑)。

子供に栄養あるものを食べさせたいという母親ゆえの愛情だと思うんですけど、すべての料理に冷蔵庫にある野菜を全部入れるんですよ。
何の料理を食べても、同じ野菜が入っているんですね。しかも、野菜が4種しかないときは、冷凍のミックスベジタブルを入れてでも野菜の種類を増やすという……(苦笑)。

その反動か、なるべくシンプルな素材を組み合わせた料理が好きだし、自身でそういう料理を作るのも好きになりました。

▲普段は会社員ゆえ、メディアにお顔出ししていないハナコさん。大人の雰囲気漂う素敵な女性でした!



おいしいお店を意識するようになったのは、13~14年前に始めたホームページがきっかけです。
本の話から彼氏の愚痴まで、もともとは仲のいい友達に向けて書き綴った日記みたいなものだったんですけど、ある日アクセス数を見てみたらかなりの数字で、あれ、私こんなに友達いないぞって気づいたんです(笑)。

とくに食べ物に関する記事が人気だったので、レストランの話を中心に記事を書くようになって今に至ります。でも、自分の備忘録という意味で書いているのがいちばんかな。
外で食べておいしかったものって一期一会だと思っているんですけど、店名からメニュー名までとにかく忘れっぽいんですよ(笑)。

ブログに書いておくと、検索すればすぐに思い出せますし、あとで写真を見直したりするのも楽しいんです。

▲ライチのグラナパダーノチーズがけサラダ。みずみずしい生ライチ×濃厚なチーズは、日本酒と好相性!

▲天★はおまかせコースのみ。いわし梅煮、さばと玉ねぎレモン、チキン南蛮風、親鶏の吸い物からスタート。



▲日本酒は料理に合わせ店主が選んでくれる。福島の「天明」とハナコさんも一押し、四段仕込みの「ロマン」。



気になる店はさりげなく、何度もリサーチ!?


今は、新規のお店開拓は、もっぱら友人からの口コミですね。
食いしん坊で外食好きな友人が多いこともあって、おいしいお店を教えてもらっています。互いの好みも熟知しているので、まずハズレはないですね。

口コミ情報サイトも見るんですけど、レビューはあまり読まなくて、参考にするのは料理の写真とお店のデータ情報だけかな。

逆に、ふらっと飛び込みで入ることはあまりないです。
やっぱり知らないお店は未知の世界だから、怖い部分もあるんですよ。

外観を見て、なんとなくよさそうなお店だなと思っても、当日すぐには入らず、何回かそのお店の前を通るんです。
で、また次に通りがかったときに、外にメニューなどの情報がないかどうか、窓から中の様子をチラ見してどんなお客さんがいるのか、内観はどんな感じなのか、さりげなく店の前を通りながらさらにリサーチをするんです。

でもなかには、外から全く様子がわからないお店もありますよね。その場合は、一杯どこかで軽く飲んでほろ酔い気分のまま、勢いをつけてから入ります(笑)。

吉祥寺にあるおでん屋さんは、まさにその「ホロ酔い入店」で入って大好きになったお店です。



店の空気感や店主の人柄がしっくりくることが大事


入ってみてここは当たりだなと思う店は、いい匂いがすること。
料理のいい匂いでもなんでもいいんですけど、チリひとつ落ちていなくて空気がよどんでいないんですね。そして、聞いたことに店の人がきちんと答えてくれること。

客をちゃんと見てくれているかどうかも大事です。

あとは、満腹中枢が壊れる店がいいですね(笑)。私はお酒も好きだけど、やはり食べ物もあってこそなので、メニューを見て端から端まで全部食べたくなるお店はいい!


▲秋田の白神山地で採れたじゅんさいは、ツルンとしたのど越しがたまらない逸品。ものすごくフレッシュ!


▲サクサクの衣が美味、なめこのかきあげ。まろやかな味わいのゲラントの塩でどうぞ。



肉団子ひとつでうれしくなれる!
そんな店に行きたい

さらにそこで、食べると想像の5ミリ上を行くものが出てくるとうれしくなっちゃう。

例えば、おなじみの肉団子なんかも、粗挽き肉を使っていて外はカリカリに、割ると肉汁が溢れてくる、しかもたれに花山椒がたっぷり…とか、その店ならではのちょっとした工夫があると、あー本当に来てよかったなって思うんですよ。


▲ここで鯛やマグロなどの寿司盛り合わせが登場。「でもこれで終わりじゃないよ(笑)」と店主の早坂さん。



……楽しいお話はまだまだ続く!インタビュー後編ではハナコさん流のお店の人と仲良くなる方法や、ひとり飲みでのオーダー術を伺います(7月中旬公開予定)。乞うご期待♪



今回お話をうかがったお店

天★さんは、私に日本酒のおいしさを教えてくれたお店。初めて来たのは、8年前。
その日は友達とライブを観に行ったあとで、どこかに飲みに行きたいねってことになり、まだ今みたいにネット社会ではなかったので、情報誌を眺めていたんです。
そしたら、いちごが乗ったレバーパテが掲載されていて、見た瞬間、いてもたってもいられなくなって。その場ですぐに電話をしてお店に伺ったんです。店主の早坂さんには、「雑誌の発売日当日に、記事を見て来る人がいると思わなかった」って言われましたね(笑)。


天★(てんせい)
東京都杉並区梅里1-21-17
tel:03-3311-0548
営業時間:18:00~24:00
定休日:不定休



→インタビュー後編はこちらから



ツレヅレハナコさん

100万view超えのブログ「ツレヅレハナコ」をはじめ、ツイッター、インスタグラムなどで、食に関する情報を発信。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)、『ツレヅレハナコのじぶん弁当』(小学館)。『月刊! スピリッツ』(小学館)で連載中の『みつめさんは今日も完食』(漫画・山崎童々)の原案を務めるなど幅広く活躍中。
『女ひとりの夜つまみ』には、今回のお店「天★」で教わったレシピも紹介されています!



◆自由を謳歌する無敵女子はこちらもチェック!
オトナ女子のスペシャルご褒美ごはん♥女一人、寿司屋のカウンターデビュー!
遊郭の街”が変貌中!? 実は女子も楽しめる東京・吉原おすすめスポット4選
ソロ活ライターが選ぶ! 都内近郊の「一人飲み」に丁度いいお店レポ5選
場内市場の移転前に絶対行きたい!【築地ツウのつきじろうさん厳選】築地の絶品グルメ

撮影/谷脇貢史 取材・文/岡井美絹子

※2016年6月30日時点の情報です。情報、内容等は変更になる場合があります。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事

PR