1. ソロ活>
  2. 一人飲み>
  3. 赤坂・六本木・麻布・白金>
  4. 正統派バー白金高輪『Cafe Bar弐五壱』で、目にも美しいカクテルを堪能♥【も〜っと!よりみちか】

【も〜っと!よりみちか】正統派バー白金高輪『Cafe Bar弐五壱』で、目にも美しいカクテルを堪能♥

アタシ、駅乃みちかが、女性一人でもお仕事帰りにふらりと寄れる隠れ家スポットをご紹介する第9弾!麻布・白金エリアに繰り出した今回は、街に漂うちょっぴりハイソな空気に誘われ、しっとりオトナなバータイムを堪能してきました♥

こんみちか、東京メトロサービスマネージャーの駅乃みちかです!
フリーペーパー「TOKYO TREND RANKING」にて、東京メトロの駅を降りたらふらりと寄れるスポットをご紹介する“東京よりみちか”を担当しているの♪

一部では“天使すぎるサーマネ”なんて呼ばれているけれど、トレンディなショップと閑静な街並みが同居するオトナの街、麻布・白金エリアを巡った今回はキュートなエンジェルからちょっと背伸びして、女神を気取りたい気分…。

そこでしっとり飲みたいアタシは、みちか史上2度目のオーセンティックバーに挑戦!イケメンバーテンダーさんが振るうシェイカーの手さばきと、お味も見た目も乙女心をワシづかみにするフルーティなカクテルに、たっぷりどっぷり酔いしれてきました♥

【駅乃みちかプロフィール】
名前:駅乃みちか
職業:東京メトロサービスマネージャー
年齢:23歳女子


まさにオトナの隠れ家!しっとり過ごすひとときを求めて地下1階へ

今日もすてきなお店をいっぱい発見!ついつい覗きたくなってしまう、小さくも個性的なお店がいっぱいなのが麻布・白金エリアの魅力ね♥そんな知る人ぞ知るお店で、さらりとお買い物やお食事を楽しめてこそ、アタシの思い描くオトナの女性…。

▲地下1階に14席を設けるバー。1階には一組限定の個室も備える

となれば今夜のソロ活はちょっぴり背伸びして、バーでしっとり酔いたい気分♪
なんて歩いていると、これまでのソロ活でダイヤモンドのように磨かれたアタシの心のお眼鏡に飛び込んできたのが「Cafe Bar弐五壱」の文字。地下へと階段を降りていくスタイルも、まさにオトナの隠れ家という感じ!

▲リキュールやスピリッツなど、200以上の銘柄をラインアップ

ちょっぴりドキドキしながら階段を降りた先に待っていたのは、カウンターの壁一面と言っていいほどに並べられたお酒たち!ぼんやりとオレンジ色の照明に照らされたボトルにうっとり目を奪われていると、「いらっしゃいませ」…。まるでアタシの耳を奪うような低音ボイスが迎えてくれました♥


まるで真夏の太陽♥今しか味わえないスイカのカクテルに舌鼓

その声の主はマスターでありバーテンダーの福田さん。シャツにベスト、ネクタイというパリッとした装いも、まさにアタシが思い描いていたバーのイメージそのままです!

▲落ち着いた雰囲気の中、所々を飾る欄間や蔵度など和テーストのインテリアが目に留まる

「何をお飲みになりますか?」——。
けれどメニューがないのが、このお店。オーセンティックバーの洗礼にちょっぴり戸惑うアタシにすかさず「夏らしく、スイカを使用した一杯はいかがですか?」と福田さん。

甘い低音ボイスとH田Y彦さんに似た優しい雰囲気に、オーセンティックバーで一人過ごす緊張感がふわっと癒えていくのを感じます♥

▲ウォッカベースに生搾りのスイカ果汁が鮮やかな「真夏のソルティ」1200円

福田さんの提案する「夏らしい一杯」として出てきたのは、まるで真夏の太陽のように眩しいばかりの赤いカクテル!日中、サンサンと降り注ぐ夏の日差しを浴びたアタシにぴったりね♥

▲フチに塗られた塩がスイカの甘みを引き立て、女性にも飲みやすい夏季限定の一杯

「フルーツを使用するカクテルはすべてオーダーを受けてから、生の果汁を搾ってお作りしているんです」。まさにシーズン・イン・ザ・サン!スイカの甘みと共にウォッカのすっきりした香りが広がり、喉だけじゃなく心まで潤してくれます♪


乾き物だけじゃない!ソロ活女子にやさしい程よい満足感の一品も

夏期限定の一杯に潤わされたアタシの脳裏によぎるのは、TUBEのナンバーが響き渡る真夏の海辺…。けれど今夜は、事象の地平線に落ちちゃダメ。あくまでしっとりスマートにお酒を楽しむのもソロ活女子の流儀。適度におつまみも必要ね!

▲オーセンティックバー初心者にうれしい、ちょっとした一品料理もラインアップ

ソロ活の妙技、「おすすめは何ですか?」戦法をマスターしたはずのアタシだけれど、やっぱりオーセンティックバーの格式ある雰囲気に、ちょっぴり押され気味?

しかしそこはカウンター越しに、何人ものお好みや要望を見抜いてきた福田さん。「おつまみもいかがですか?定番の乾き物のほか、もう少しお腹にたまる一品もございます」と、ジャストミートな提案!!

▲「卵のアンチョビのせ」700円(左)、「チーズの盛り合わせ」1,100円〜(右)

そうしてサーブいただいた「卵のアンチョビのせ」は、絶妙なゆで具合の黄身がまろやか。そこにアンチョビの塩気と大葉の爽やかな風味が相まって、バーにいながらグルメな気分が味わえるだけでなく、程よい満足感で悪酔い防止にもなりそう♪

▲そのほかミックスナッツやビーフジャーキーなど、おつまみは常時8〜9種類

せっかくだもの!いかにも正統派のバーと言ったおつまみにも挑戦よ!!

「では、複数のお味が楽しめる盛り合わせはいかがでしょう?」という福田さんのおすすめに誘われ、「チーズの盛り合わせ」をオーダー。マイルドな味わいからクセが強めなブルーチーズ、さらにドライフルーツまで盛り付けられ、ついついお酒も進んじゃいます♥


ここから新たな会話が生まれる♥特別に添えられたカットメロン

福田さんの低音ボイスから繰り出されるスマートな接客とサーブによって、完全に緊張の解けたアタシ…。ついに本領発揮とばかりに「次なる一杯におすすめ何ですか?」攻撃を繰り出すと、またも目にも美しいカクテルのお出ましです♥

▲ウォッカにメロン果汁、リキュールで仕上げた「メロンのカクテル」1,400円

「初めてご来店くださった記念に…」と特別に添えてくださったカットメロンに胸キュンしながらいただいてみると、お口いっぱいに爽やかでいて濃厚なメロンの甘さが広がります。けれどウォッカベースとあって、すっきりキレのある味わい♪

日中の暑さを癒やしてくれるような味わいと福田さんの粋な計らいに、オーセンティックバーの魅力を再確認してしまったアタシ。ホロ酔い気分も手伝って会話も弾みます♥

「様々な場所で経験を積んできましたが、そこで学んだことはお客さまとの繋がりの大切さ。『CafeBar弐五壱』という店名も『二つで一つ』という意味を持つ『ニコイチ』から来ているんです。カクテルも二つ以上のお酒をミックスして完成するものですしね」。

バーテンダーさんとの会話を楽しみながら味わうカクテルに、アタシのほっぺも真夏の太陽色…。ちょっぴり背伸びしたバー体験だったけれど、次に近くを訪れたときにもふらりと寄ってしまいそうね♥


住宅街としても知られるこのエリアにバーを開いた理由も「住宅街のほうがお客さまも通いやすく、一期一会ではない関係が築けると考えたからです。お仕事からご自宅に帰られる前に、ちょっとクールダウンできる場所であれたら幸いです」と福田さん。

もう!仕事の疲れをふらりと寄ったバーで癒やすなんて、まさに女子がソロ活をする大きな理由!!今日の疲れをリセットし、明日のお仕事をがんばるためにも自分だけの隠れ家を見つけ出して、も〜っと!よりみちかしなきゃね♪


CafeBar弐五壱
住所:東京都港区白金1-25-15 平野ビルB1F-102
最寄り駅:地下鉄南北線白金高輪駅から徒歩2分
営業時間:18:30〜翌2:00 定休日:不定休



▲みちかハンドタオルプレゼントの条件
※ご飲食いただいた方のみプレゼント


ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事