1. ソロ活>
  2. 一人スポーツ>
  3. 練馬・成増・板橋>
  4. 【魅惑のソロ・トランポリン】跳ぶだけでストレス解消&ダイエット!?

2015/10/7

【魅惑のソロ・トランポリン】跳ぶだけでストレス解消&ダイエット!?

トランポリンというと子どもの遊びというイメージがありますが、れっきとした競技スポーツで、オリンピックの正式種目でもあります。そのトランポリンが、最近「短期間でやせられる」「骨盤のゆがみが直って姿勢が良くなる」と意外な効果で大人女子の注目を集めているって知っていますか? しかも、平日夜の仕事帰りでも、余裕で楽しめてしまう場所もあるんです! さっそく記者がトランポリン教室に行って真相をさぐってきました!

トランポリンというと子どもの遊びというイメージがありますが、れっきとした競技スポーツで、オリンピックの正式種目でもあります。そのトランポリンが、最近「短期間でやせられる」「骨盤のゆがみが直って姿勢が良くなる」と意外な効果で大人女子の注目を集めているって知っていますか? しかも、平日夜の仕事帰りでも、余裕で楽しめてしまう場所もあるんです! さっそく記者がトランポリン教室に行って真相をさぐってきました!


軽々と宙返りを決める子どもたちを見て「楽しそー!」←とんでもなかった!!

板橋区にある「トランポリン教室東京」を訪ねたのは平日の夜19時。

こちらの教室は、昼間だけでなく平日の夜20時から23時(!)までやっているという、まさに仕事帰りソロ活にぴったりな場所。


倉庫のような建物のドアを開けると、平均台やマットなどさまざまな体操器具のある空間が。そこでトランポリンの練習をしていたのは、競技としてトランポリンに取り組む子どもたち。運動不足解消のためにトランポリンで宙返りしたり、体を寝かせた状態でジャンプしたり、まるで空中遊泳のよう!



子どもたちの飛び跳ねる姿を見ていると、ムクムクと「私も飛びたーい!」という欲望が。

いとも簡単に天井近くまで跳ねたり、宙返りをくり返す子どもたちを見ていると、「きっと私もあんな風にピョ~ンとできるハズ!」と思ってしまったのですが、これがとんでもなかった・・・!


未経験の反発力・高さのジャンプに、心臓がバクバク!!


こちらが実際のトランポリンの上。中央の十字の部分を着地の目安にして跳びます。

ここ、ハンパじゃない弾力があります。さすが競技用のトランポリン、片足をのせただけでぐっと沈み込み、ヨロヨロと転げてしまいます。 高く跳べるよう高反発に作られていて、歩くだけでも跳ねるような感じ。



記者同様ソロで参加の女性にお願いして、写真を撮らせていただくことに。ラッキー! 


まず教えてもらうのは、基本のジャンプ。ラジオ体操の深呼吸の要領で両腕を振り上げ、その勢いで真上に跳び、腕を下ろしながらその場に降ります。


恐るべき反発具合にすでに緊張気味ですが、思い切ってジャンプ! 

想像以上に体が高く上がり、一気に心拍数が跳ね上がります。思わず跳びながら「高い!」「怖い!」と叫ぶと、横で見ている先生が「30センチくらいしか跳んでないですよ」と苦笑。


ええっ、ウソでしょ!? すごく高く上がったのに! スプリングの力で勢いよく跳ね上げられるためか、実際より高く跳んだ気分になるようです。ちょっと悔しい。



怖いけど楽しい! ジェットコースター的なスリルと快感


でも、飛び跳ねるのは単純に楽しい! 怖いのに自然と笑いがこみあげてきます。ジェットコースターでスリルを楽しむ感覚に近いかもしれません。


最初は、空中で安定した姿勢を保つのにもひと苦労。怖さから体がつい縮こまってしまうらしく、前かがみになったり、膝が曲がったりしてしまいます。


「運動している感」ゼロ! 遊び感覚で体を鍛えられる!


前かがみを直そうとして、逆に反り返ってしまったり、微妙なバランスが難しくて、なかなか格好良く着地を決められません。でも、怖いのは最初だけ。何度も跳んでいるうちに高さには慣れてきます。


それより想定外だったのは運動量。ただ跳ぶだけなのに、体力を使うみたいなんです。「みたい」というのは、「体力使ってる感」が全然ないから。

でも、たった1分跳んでいるだけで、体が暑くなるし、呼吸が乱れてくるから、運動になっていることは間違いない! この教室にも運動不足解消のために通っている人がいるそう。やせるというのは本当かも!



トランポリンはバランスが命!これが「やせる」秘密かも!?


次はお尻で着地するジャンプに挑戦。5~6年教室に通っているという女性が、手をつく位置を教えてくれます。


立ち姿勢で跳び上がり、空中で足を前に伸ばし、すわり姿勢で着地!

着地のタイミングでうまく手をつくと、真上に体が上がります。これもトランポリンの基本のワザなのだとか。


立ち姿勢でジャンプをしているだけでも、着地時にバランスを崩してしまう記者。

高く上がり、さらに空中で姿勢を変えるとなると・・・やっぱり怖い&難しい!! 何度かくり返す内に要領はつかめてきましたが、腕と脚をまっすぐ伸ばした美しい座り姿勢をキープするのは、神業です。


この辺りから記者は気づき始めます。トランポリンというのはバランスが命らしい!とういことに。ふにゃふにゃした布の上でジャンプし、転ばないように着地するには、体の軸がしっかりしていることが重要です。跳ぶたびに、全身の筋肉が無意識に動いて最適な姿勢を取っているに違いありません。


指導してくださった野沢先生に聞いてみると、空中でのバランス感覚を養うため、多くのモーグルやチアリーディングの選手が、トランポリンを練習に取り入れているとのこと。こちらの教室にも、スキーヤーやチアリーディングの選手が通っているそうです。やっぱり! トランポリンは、体作りに適したスポーツなのです。

体でジャンケン! 遊び感覚でさまざまな姿勢をマスターできる


トランポリンの本質(?)は掴んだ! もっと空中でいろんなポーズを決めてみたい!

 

一人盛り上がった記者は、「初心者でも簡単にできて楽しい跳び方、もっと教えてください!」と先生に詰め寄り、ジャンケンポーズなるものを教えてもらいました。

まずは空中で膝に触る「グー」。これは比較的簡単です。



次はチョキ。

足先に触るイメージで体を折りたたみます。体も温まって高さにも慣れてきたせいでしょうか。つい1時間前まではただ跳び上がるだけでも怖かったのに、空中姿勢を気にしながらけっこう大胆に跳んでいる自分に気づきます。



パーは開脚跳び。

体の硬い人でも、脚を開けばなんとなくそれっぽく見えます。「出来てますよ!」と先生がほめてくれるので、嬉しくて何度もやってしまいました。

跳ねているだけで体幹が鍛えられて、やせ体質に!

こちらの教室では1人1分を目安に、どんどん順番を回していくスタイル。

たった1分と思うことなかれ! 1分跳んだだけで、息は切れ、うっすら汗ばむんです。

そんなこんなで、ぐるぐる順番が回ってきて、1時間ほど経ったところで体験会を切り上げました。


体験後、疲労感はありませんでした。

が、筋肉痛はしっかりやって来ました。特に腹筋や背筋。いわゆる体幹といわれるところです。

体幹を鍛えると基礎代謝が上がるといいますから、トランポリンを続けることで、やせ体質への体質改善も期待できそう・・・! 


ちなみに、今日教えてくれた野沢先生は、過去に1カ月で10kgもやせたそう。食事制限など一切せず、トランポリンだけで!



<ソロ活・仕事帰りトランポリンのススメ>
・日常生活では味わえないジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!! ストレス発散にぴったり!
・自分の体がコントロールできない状況は新鮮! みっともない姿勢もソロだからこそ、平気!
・跳んでるだけで体幹が鍛えられて、自然とやせ体質になれるかも!?



大人も楽しめるトランポリン教室

30分だけでも3時間でもOK
予約は前日まで受付。要靴下
※時間、料金はお問い合わせください

ライター:佐々木志野
※2015年10月時点の情報です。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事

PR