1. ソロ活>
  2. 一人ランチ>
  3. 飯田橋・水道橋・神楽坂>
  4. 土日にも!神楽坂・飯田橋で遅めのランチにおすすめの店

2015/9/15

土日にも!神楽坂・飯田橋で遅めのランチにおすすめの店

お昼ごろまでついつい寝てしまった休日。せっかくのお休みだから、と家を飛び出したもののランチの時間が過ぎていて食べる場所が見つからない! 半端な時間だからランチに付き合ってくれそうな友人もいなそう…。なんて事態ありますよね。そんなとき、15時過ぎても食事をいただけるお店を知っておけば安心。今回は散策に人気のスポット、神楽坂のオススメ店をご紹介します。

 お昼ごろまでついつい寝てしまった休日。せっかくのお休みだから、と家を飛び出したもののランチの時間が過ぎていて食べる場所が見つからない! 半端な時間だからランチに付き合ってくれそうな友人もいなそう…。なんて事態ありますよね。そんなとき、15時過ぎても食事をいただけるお店を知っておけば安心。今回は散策に人気のスポット、神楽坂のオススメ店をご紹介します。

150年愛され続ける、伝統の味。フワフワなうな重で贅沢ランチ

まず、1軒目にご紹介するのは、神楽坂の老舗「志満金」。創業から150年、変わらぬ伝統の味で愛され続けている「うな重」を食べることができます。飯田橋駅B3出口を出ると、道路を挟んだ目の前にあるのでアクセスも抜群!


▲創業から150年。伝統の暖簾と味を守り続けている


開店から閉店まで、同じメニューを頂くことができるので、遅く起きた休日も安心です。店内に入ると、着物の店員さんが案内してくれました。着物姿がお店の雰囲気にぴったりでステキ。店舗に入った瞬間から気分が上がります。1階と2階はテーブル席、2階には予約専用の個室もあり、掘りごたつの座敷席で小宴会を楽しむこともできるのだとか。3階には貸切専用の大広間も用意されているので、大人数での宴会も楽しめるそう。


▲テーブル席がずらりと並ぶ2階席


今回は1人なので、2階のテーブル席に案内してもらいました。
席からは神楽坂通りが見下ろせます。外を見ていると、やっぱり外国の人も多いなぁなんて、和の空間にいながらも異国情緒を感じることができました。
今回注文したのは、うな重の「寿」(3,456円)。一人なので、周りを気にせず自分の好きなサイズを選べるのが良いですね。うなぎの仕入れ状況によっては、その日に無いメニューもあるので、注文時に確認しましょう。
150年という歴史に身を馳せながらワクワクして待っていると、気品のある器に入ったうな重が運ばれてきました!
ここからはうなぎと向き合う時間です(笑)。


▲気品溢れる漆のお重 ふたを開ける前からワクワクが止まらない


ふたを開ける瞬間、早くも気分は最高潮! ぱっかーーん!
蓋を開けた瞬間、鰻のいい香りが立ち込めます。
そして見てくださいこのツヤ!


▲タレが絡んでつやつやと輝く うなぎのいい香りがさらに食欲をそそります


▲さっそく いただきまーす!


箸を入れるだけで、うなぎのふんわり感が伝わってきます。


口に入れてびっくり。うなぎがとってもふわふわ!タレが絡んでなんとも美味です。伝統のタレは、甘すぎずさっぱりとしていて、いくらでも食べられそう。国産コシヒカリは、うなぎとの相性ばっちり。白焼きと蒸し焼きをしっかりとやることで、こんなにふわふわになるのだとか。職人さんに感謝です。
漬物のきゅうりの糠漬けは、お店の手作り。歯ごたえもよく、口の中がとっても爽やかになります。漬物のファンがいるほどなのだとか。


そしてもう一つ驚いたのがこちらの山椒。


▲抹茶と見間違えるほどの緑色をしています


そう、こちらの山椒、緑色をしています。これ、山椒だよね? と一瞬迷ってしまったほど。これは、生山椒の比率が高いから緑色をしているのだそうです。なるほどー。勉強になりました。お味も、ピリッと辛みが効いていて、山椒の風味が豊かに香ります。味がしまって、山椒をかけても美味しい!
脂ものっていて、ふわふわジューシーなうな重。最後の一口まで美味しくいただきました。
おいしいうなぎをお腹いっぱい食べて、幸せな気分になっていたら、なんともう一つ嬉しいサービスが。


▲食後に嬉しいお抹茶と和菓子のサービス 隣接した茶室で作られたお抹茶は上品なお味


これは嬉しい!普段お抹茶をいただく機会が少ないので、なんだか優雅な気分になりました。本日のお茶菓子は、卵白と木の実を混ぜて焼いたお菓子で、こちらも大変おいしかったです。
店内は15時過ぎということで、比較的静か。ゆったりとした時間が流れます。日々バタバタすごしていると、このような時間って意外と貴重なんですよね。お茶と和菓子を頂きながら、一人の時間を噛みしめます。
ほっこりした幸せな気分になりました。
たまには一人、ゆったりきままに、こんな贅沢な味と時間を楽しむのも良いですね!


この場所の詳細

志満金

詳細を見る
電話

03-3269-3151
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都新宿区神楽坂2-1

営業時間

月〜日 11:00〜22:00 (L.O.21:40)

定休日

無 年末年始(2018年12月31日〜2019年1月3日) ※お盆

最寄り駅

飯田橋

大きな地図を見る

この場所の詳細

志満金

電話番号

03-3269-3151
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都新宿区神楽坂2-1

営業時間

月〜日 11:00〜22:00 (L.O.21:40)

定休日

無 年末年始(2018年12月31日〜2019年1月3日) ※お盆

最寄り駅

飯田橋


パリの街角に訪れた気分でクレープ&シードルで乾杯!

神楽坂と言えば、“東京のフランス”と呼ばれている街。路地裏を歩けば石畳が続き、フランス料理店巡りも楽しめます。そこで、お次にご紹介するのは、フランス北西部・ブルターニュ地方の味をいただけるクレープリー「ル ブルターニュ 神楽坂」をご紹介します。
神楽坂に本店を構えるこちらは、来年20周年を迎えるそう。ブルターニュ地方出身のオーナーが、本場のクレープを日本人に食べてほしいという思いで開いたそう。
さあ、パリに訪れた気分で参りましょう!


▲神楽坂の路地裏を進むとお店を発見。石畳の小路はまるでフランス 。


店内もフランスのクレープリーの雰囲気。カフェのようにカジュアルに利用できるから、ソロランチにぴったりです。営業時間中はずっと、グランドメニューをいただけるので、15時過ぎでもしっかりと食事をオーダーできるんです。
この日、オーダーしたのは、土日祝日の11時30分~17時限定のお得なメニュー「ムニュー ド ブルターニュ」(2580円)。
オーダーすると、オープンキッチンからジューッとクレープを焼くいい音が聞こえ、バターのいい香りが漂い始め、食欲が刺激されます。休日はやっぱり、丁寧に作られる美味しいランチをゆったりいただきたいですよね。ここに来てよかった!


▲「ムニュー ド ブルターニュ」。ベーコン、タマゴ、トマト、チーズのガレット&シードルが登場!


そば粉100%のクレープはパリッとしているのに、食べるとしっとりとした生地が最高に美味しい! 塩と水と粉だけのシンプルな料理だけに、料理人の腕と素材の良さがよくわかる料理なのだとか。こちらでは、フランスから持ってきた鉄板を使い高温で焼き上げるそう。中のチーズはグリエールチーズとマリボチーズをミックスしたオリジナル。濃厚なコクがあり、とろりととろけるチーズと、旨みたっぷりのベーコンに、黄身のとろみやトマトの酸味が相性抜群。
りんごのお酒・シードルは、甘口、辛口、オーガニックから選べるのも嬉しい。
そして、休日限定のこちらのセットにはなんとデザートのガレットも付くんです。


▲キャラメルブールサレのクレープ、グレープフルーツ、バニラアイスクリーム添え


濃厚な自家製の塩バターキャラメルソースをかけたクレープは、至福の味わい。温かいクレープに冷たいバニラアイスがよく合い、自宅では決して味わえない美味しさに感激。休日家でゴロゴロしていたら、絶対に出会えない味でした。
人気店だけに土日のランチタイムは行列ができるほど混むこともあるそう。でも、15時以降は比較的空いているそうなので、一人でゆっくり過ごしたい人はむしろこの時間を狙うのが良さそうですよ~。


▲ブルターニュ地方の文化を感じさせる絵画や絵皿などが飾られた、かわいい店内


店内では、ブルターニュ地方のバターキャラメルやビスケットの販売もしています。ちょっとした手土産や自分のおやつに買っていくのもいいかも。パッケージがとにかくかわいいんです!


▲塩バターキャラメル630円、りんごキャラメル750円、シュゼットキャラメル750円、バタービスケット540円など


この場所の詳細

ルブルターニュ 神楽坂

詳細を見る
電話

03-3235-3001
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都新宿区神楽坂4-2

営業時間

火〜土 11:30〜22:30 (L.O.22:30) 日・祝日 11:30〜22:00 (L.O.22:00)

定休日

月曜日

最寄り駅

牛込神楽坂

大きな地図を見る

この場所の詳細

ルブルターニュ 神楽坂

電話番号

03-3235-3001
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都新宿区神楽坂4-2

営業時間

火〜土 11:30〜22:30 (L.O.22:30) 日・祝日 11:30〜22:00 (L.O.22:00)

定休日

月曜日

最寄り駅

牛込神楽坂


神楽坂で南イタリア料理をいただくならこちら! 駅から徒歩2分の1軒家

 神楽坂で極上のパスタが食べたくなったら、迷わず駆け込みたいのが1軒家イタリアン「ラ・タルタルギーナ」。本場で修業をしたオーナーシェフが作るパスタやドルチェは、見た目も美しく、食べればハッピーな気持ちに。
 カーチョリコッタチーズをたっぷりかけていただくオレキエッテは、モチモチとした触感と素材の甘さ、チーズのうまみが口の中で交じり合い、至福のひとときを提供してくれます。


▲自家製焦がし小麦のオレキエッテ ジャガイモ、チェリートマト、ルーコラのソース カーチョリコッタチーズをかけて。ランチでは1900円でいただける人気のメニュー


▲カウンター席もあるから一人でも利用しやすい!


 イタリアの街角にあるトラットリーアのような、気の置けない雰囲気のお店だから、一人でも入りやすいのがソロランチにぴったり。土日祝日は15時30分ラストオーダー、16時までランチタイムだから、ワインと共にゆったりランチを楽しめます。


この場所の詳細

ラ・タルタルギーナ

電話

03-6265-3146
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都新宿区赤城下町33-24

営業時間

火~金ディナー 17:30~24:00(L.O.23:00)、ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)、土・日・祝日ランチ 12:00~16:00(L.O.15:30)、土ディナー 17:30~24:00(L.O.23:30)、日・祝日ディナー 17:30~24:00(L.O.23:00)

定休日

月曜日
月曜日が祝日の場合、翌火曜日がお休みとなります。

最寄り駅

神楽坂、江戸川橋

この場所の詳細

ラ・タルタルギーナ

電話番号

03-6265-3146
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都新宿区赤城下町33-24

営業時間

火~金ディナー 17:30~24:00(L.O.23:00)、ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)、土・日・祝日ランチ 12:00~16:00(L.O.15:30)、土ディナー 17:30~24:00(L.O.23:30)、日・祝日ディナー 17:30~24:00(L.O.23:00)

定休日

月曜日
月曜日が祝日の場合、翌火曜日がお休みとなります。

最寄り駅

神楽坂、江戸川橋

神楽坂はフランスを感じるお洒落さと、神社の門前町として栄えてきた昔の香りを併せ持つ、魅力溢れる街。チーズ屋さん、パン屋さん、パティスリー、オイル専門店など、食通な人をうならせるショップも多く、歩いているだけでも楽しいです。「志満金」「ル ブルターニュ 神楽坂」は、グルメな人をうならせる店でありながら、ひとりでも入りやすいのも高ポイント。どちらも、ランチタイムは混み合うけれど、ソロ利用をするなら、敢えて混んでいるランチタイムをはずして訪れるのも裏ワザとしてよさそう。街歩き+遅めのランチの組み合わせで、ゆっくり神楽坂巡り、なんていうのもおすすめですよ!


※2015年9月時点の情報です。メニュー、価格等は変更になる場合があります。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事

PR