1. ソロ活>
  2. 食べる>
  3. 恵比寿・代官山・中目黒>
  4. ノー残業デイは自分のために!スイーツとグリーンで水曜日のヒーリングタイム@中目黒

ノー残業デイは自分のために!スイーツとグリーンで水曜日のヒーリングタイム@中目黒

今日は水曜日、ノー残業デイ。この日だけは早く帰れることに感謝! ってくらいの激務。そんな女子、多いのでは?
ところで、残業ナシで帰れた日、何をしていますか? 映画、飲み会、家でドラマ……
それもいいけどでも、いつもとは気分を変えて、ちょっとだけ贅沢な時間を過ごしてみませんか? 前から気になっていたあの店にも、一人でならだれにも気兼ねなくゆっくり行けちゃいます。今日は、普段のオツカレモードを一転、一気に気分がアガル“女子力チャージツアー”をご紹介します。

カラフルなショーケースにクギヅケ! 今日の気分で選ぶスイーツ

中目黒駅18:30。まだ明るいホームからエスカレーターを降りると改札は大混雑。ああ、定時で帰るサラリーマン、こんなに多いんだ。中央口を出て、広い横断歩道を渡ったすぐ先に、今日の最初の目的地はありました。ここ「エコール・クリオロ」は世界コンクールプチガトー部門で優勝したチョコレートとブラックベリーのケーキ「ニルヴァナ(Nirvana)」をはじめとする絶品スイーツが揃う、有名洋菓子店。


▲「エコール・クリオロ 中目黒店」は駅から徒歩1分、中目黒アリーナの1階


店内にはすでに数人のお客さんがおり、かなりの人気店であるようです。この店のシェフ、サントス・アントワーヌ氏は、世界大会で「最優秀味覚賞」を受賞した経験もあるのだとか!


▲ケーキだけでも20種類以上! 目でも楽しめるカラフルスイーツ♪


シューケースの中には、たくさんのケーキに焼き菓子などたくさんのスイーツは並んでおり、どれも美味しそう…! さきほど紹介した世界コンクールプチガトー部門で優勝したケーキ「ニルヴァナ(Nirvana)」も迷いますが、その隣にあるフランボワーズやイチゴが乗っているハート型のケーキ「クール・ヴィオレ(Coeur Violet)」も気になります。表面がツヤツヤで柔らかそうで、何といっても形がカワイイ!


▲一番人気「ニルヴァナ」(左)とハート型の「クール・ヴィオレ」


▲どれもおいしそう!「モンゴー・マンブラン」(写真中央)も気になります


迷いに迷って、今日はハートの「クール・ヴィオレ」に(税込540円)。12月までの期間限定(予定)というのも決め手になりました。この他にも、限定スイーツがたくさんあり、常連客らしき女子2人組は、季節限定ケーキの中から、スイカのケースに入った「クレーム・ブリュレ」、「モンゴー・マンブラン」というオチャメな名前のモンブランを買って行きました。


▲夏限定の「クレーム・ブリュレ(スイカ)」(写真右)。中のクリームはフランボワーズ味、種はチョコレート


▲マカロンは常時9種類。こちらも季節によって入れ替わります


今日はちょっと奮発して、焼き菓子で一番人気という「ヨーヨーマカロン・ニルヴァナ」(税込238円)を1つと、季節限定のマカロン「パイナップル」と定番「フランボワーズ」(税込各248円)も追加。マカロンは賞味期限3日なので、週末の楽しみにとっておけそうです。


エコール・クリオロ 中目黒店

住所:東京都目黒区上目黒1-23-1 中目黒アリーナ1F

最寄駅:東急東横線/東京メトロ 日比谷線 中目黒駅 中央口 徒歩1分


花のある生活で、日々の暮らしがちょっと変わる、かも!?

続いて向かう先は、駅の反対側です。東横線の高架脇を祐天寺方面に徒歩5分。商店街を抜けた遊歩道の先、ぼんやり光が漏れている場所が次の目的地「ex.(イクス)」。


▲やわらかいオレンジ色の光が漏れて、あたたかい雰囲気の店先


一見すると、アトリエかしら? と、思うほどのオシャレな佇まいに少し緊張してしまいそうですが、足を踏み入れると、フローリストである田中さんが明るく迎えてくださいます。店内には生花はもちろん、ドライフラワー、多肉植物など多彩な品揃えで、生花は1本から購入できます。
葉の上に花が乗っているように見える「ルスカス」(税抜100円/本)や、見た目も名前もかわいい白い「クルクマ」(税抜220円/本)など、駅ナカや近所の花屋さんでは見たことのない花も。「何ていう名前ですか?」と田中さんを質問攻めにしてしまいました。天井からは、紫陽花やアーティチョークのドライフラワーなどがぶら下がっていて、ナチュラル&コージーな雰囲気を醸し出しています。


▲大きなピンクの花は「キングプロテア」は男性にも人気。ドライフラワーにもできるそう


自宅用の花を少し買いたいと伝えると、部屋のどの辺りに飾るか、どんな花瓶をもっているかなどを聞かれました。「ちょうどいい花瓶がなくても、コップなどで代用できますよ」と田中さん。
今回は大き目のコップに無造作に挿す感じで、数本を選んでもらいました。


▲バランスを考えながら、真剣に選んでくれる田中さん


夏の暑い時季でも持ちのよい花もたくさんあり、グリーンのみのアレンジでも質感も色合いもさまざまで十分にインパクトがでるそうです。
今までは、プレゼント用以外ではあまり花を買ったことがなかったワタシにはとても新鮮な話ばかりでした。


▲選んでもらった花。こういうシンプルな瓶が逆にオシャレ!


ちなみに田中さんは、もともとはサラリーマンだったそうなのですが、退職後、南青山の花屋で修行し、海外で勉強を重ねた後にこの店をオープン。お客さんと話しながらその人の生活がちょっとだけ変わるような提案を心がけているそうです。


「1000円以下でもけっこうボリュームが出ますよ」と言ってくれたけど、気になった紫の実(ビバーナム デンタタム)も入れてもらって、今日は自分ご褒美価格の1370円。これからは田中さんが言う通り、1000円以内で楽しむのもいいかも。


▲花を買いなれていないお客さんには花瓶に一輪挿しの提案も。
フラワースタイリスト・ワイヤー作家の増田由希子さんによるオリジナルの花器(税抜1,200円)


ちょうど店内はリニューアルの最中。田中さんが選んだ花器や雑貨などもこれから入荷されるそう。ここにしかない物も沢山あってオシャレ。そしてとても居心地のよい空間。気になる花瓶もあったし、この花が終わるころにまた来ようと思いました。


▲スタッフの中村さんがかわいらしくラッピングしてくれました


▲リニューアル後の店内。よりナチュラルな雰囲気で居心地の良い空間に


店を出て駅へ。まだ19:30、普段なら仕事をしている時間です。気になっていたお店に行けたし、お店のスタッフの方にいろいろ質問しながらじっくりお買い物できて大満足。まだ早いしちょっと一杯、とも思ったけど、今日はスイーツとお花を持って早く家に帰ります。水曜の夜の自分ご褒美ソロ活は、帰宅後のスイーツで締めくくりました。


ハート型の「クール・ヴィオレ」は、カシスのムースに甘さを抑えたバニラクリームがベストマッチ。ケーキの上には4種類のベリー(フランボワーズ、ブルーベリー、イチゴ、グロセイユ)、ムースの中にはチェリーのコンポートが入っていて、とても贅沢。甘酸っぱいなめらかムースを一口ごとに味わいながら食べていたら、残暑の疲れも忘れて穏やかな気分になりました。


▲土曜日になってもお花はまだこんなに元気。毎朝お水を取り換えるのが楽しい日課に。


ex.(イクス)

住所:東京都目黒区上目黒2-46-4

最寄駅:東急東横線/東京メトロ 日比谷線 中目黒駅 西口 徒歩5分


(ライター:ライター 柊田碧)


ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事

PR