1. ソロ活>
  2. 本物に出会う>
  3. 銀座・有楽町・日比谷・築地>
  4. 今日をもっと楽しむ!“こだわり”に触れてAクラスのアフター5~銀座・丸の内編~

今日をもっと楽しむ!“こだわり”に触れてAクラスのアフター5~銀座・丸の内編~

今日はお天気がいい、なんだか仕事が上手くいった、新しい服を着ているからこのまま帰るのはもったない、……なんて、ちょっと気分がいい日はアフター5を銀座・丸の内で過ごすのはいかがでしょうか。歴史ある百貨店や高級ブディックが集うこの街こそ、仕事帰りのちょっとした時間でも上質なひとときへと変えてくれるはず。そこで今回は、周りにも秘密にしておきたくなってしまうような、自分だけのとっておきの贅沢ができる「こそ贅沢」なスポットをご紹介しちゃいます!

香りと甘さを堪能! チョコレート専門店でカカオソフトクリームを頂く

仕事後の疲れを、甘~いもので満たしたい気分になるとき、ありませんか? それなら丸の内にある「CACAO SAMPAKA(カカオサンパカ)」へ寄ってみて。ここは、カカオ豆の輸入から、選別、製造、販売にいたるまでをすべて一貫して行っており、上質なショコラを楽しめるスペイン生まれのチョコレート専門店です。


▲丸の内仲通りに面していて、食べ歩きにピッタリ


ここでおすすめなのが、最高級のカカオパウダーを使用したソフトクリーム「ジャラッツ」(450円/税込)。スッキリとした甘さと、口に入れた瞬間に溶けるなめらかさは、素材にこだわっているからこそ出せる味。アイスの部分はもちろん、ワッフルにもカカオが練りこんであるで、最後のひと口までカカオを楽しめます。


▲コーンはワッフルタイプ。アイスとの組み合わせが◎


ジャラッツは店頭販売限定。そしてテイクアウトのみなので、食べながらウインドウショッピングするのもあり。誰かと一緒にソフトクリームを食べながらウインドウショッピングしていると、相手がお店に入りたいときにまだ自分はソフトクリームを食べている…なんて気まずくなったり、逆に相手に気を遣わせたりしてしまいますが、一人なら自由気まま。心ゆくまでソフトクリームもウインドウショッピングも堪能できます。


この場所の詳細

カカオ サンパカ

詳細を見る
電話

03-3283-2238
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都千代田区丸の内2-6-1丸の内ブリックスクエア1F

営業時間

11:00~20:00

定休日

不定休日あり (丸の内ブリックスクエアに準ずる)

最寄り駅

二重橋前

大きな地図を見る

この場所の詳細

カカオ サンパカ

電話番号

03-3283-2238
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都千代田区丸の内2-6-1丸の内ブリックスクエア1F

営業時間

11:00~20:00

定休日

不定休日あり (丸の内ブリックスクエアに準ずる)

最寄り駅

二重橋前

感性を高めて魅力もアップ!? 無料のギャラリーでアートに触れる

銀座は良質なギャラリーや現代美術などの企画展がたくさん開催されていることでも有名です。せっかくならアートに触れて、幅広い教養を持った女性を目指してみませんか? 「ギンザ・グラフィック・ギャラリー」なら平日19時まで営業しており、しかも入場無料。仕事帰りでも気軽に寄り道することができます。通称「ggg(スリージー)」といわれるこの場所は、1986年3月にオープンしたグラフィックデザイン専門のギャラリー。


▲銀座の中心にあるギャラリー。来年で30周年を迎える


企画展は月に1回展示内容が変わります。展示室は1階と地下1階に分かれており、ポスターやブックデザインなど紙を用いた作品のほかにも映像作品なども。国内外問わず、さまざまなアーティストの作品が並び、何度行っても飽きることはありません。


▲壁にずらっと並べられたラース・ミュラー氏の作品


▲本は手に取り、中を見ることが可能


この日は「ラース・ミュラー: 本 アナログリアリティー」の展示企画中(2015年8月4日~8月26日)。スイスを拠点とし、国際的に活躍する出版者でありデザイナーであるラース・ミュラー氏が出版した書籍の中から厳選した100冊を展示していました。誰にも邪魔されない静かな空間で、じっくりと作品を眺めたり本を手に取ってみたりして得た刺激は、仕事上のコミュニケーションツールとしてもアイデア探しにも役立ちそう


この場所の詳細

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

詳細を見る
電話

03-3571-5206
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル

営業時間

午前11時-午後7時(土曜日午後6時まで)

定休日

日曜・祝日

最寄り駅

日比谷 / 有楽町 / 銀座

大きな地図を見る

この場所の詳細

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

電話番号

03-3571-5206
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル

営業時間

午前11時-午後7時(土曜日午後6時まで)

定休日

日曜・祝日

最寄り駅

日比谷 / 有楽町 / 銀座

洗練さに一歩差をつける。紙質にこだわったオーダーメイドノートを作る

今年の6月16日にリニューアルオープンしたばかりの「G.Itoya」。“働くをサポート”をコンセプトに、さまざまな文房具が並びます。


▲外国人観光客も多く訪れる、伊東屋本店


▲選べる中紙、表紙はすべて実際に触ることができる


お目当ては手帳やルーズリーフなどを取り扱う4階にあるNote Couture(ノートクチュール)。数種類ある中紙や表紙を選んで、オーダーメイドのノートがその場で作れます。


▲最速で5分、混雑時は30分ほどで出来上がる


▲完成したノート。女性には淡い色、男性には黒などの色が人気


種類は、中紙10枚を選べる中綴じ(350円~)、A5より横幅が細い中紙60枚を選べるダブルリング綴じ(900円)、A5の中紙60枚を選べるダブルリング綴じ(900円)の3つ。紙は万年筆が透けない厚めのものから、色付きのものまでさまざま。中紙は規定枚数内ならば、数種類を組み合わせてもOK。並び順もオーダーできるので、より自分の使いやすいようにカスタマイズできます。
表紙も裏と表が別々に選べるなど、欲張り放題!なかなか決められない…。そんな時は店員さんにどんな筆記具を使うのがよいか相談したり、売り場にほかのノートを確認しに行ったりするのもオススメ。心おきなく悩めるのは一人の特権、誰にも気を遣わず、お気に入りの1冊を作っちゃいましょう。今回私が作ったのは横幅が細いダブルリング綴じ。お気に入りの1冊を作れば、明日からの仕事のやる気も上がりそうです。


この場所の詳細

G.ITOYA

詳細を見る
電話

03-3561-8311
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都中央区銀座2-7-15

営業時間

<月曜日~土曜日>10:00~20:00 <日・祝>10:00~19:00 12F CAFEのみ 22:00まで(Lo.21:00)

最寄り駅

銀座一丁目

大きな地図を見る

この場所の詳細

G.ITOYA

電話番号

03-3561-8311
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都中央区銀座2-7-15

営業時間

<月曜日~土曜日>10:00~20:00 <日・祝>10:00~19:00 12F CAFEのみ 22:00まで(Lo.21:00)

定休日

最寄り駅

銀座一丁目

銀座・丸の内はお金をかけずとも、上質なサービスを受けたり刺激をもらえることができる場所です。満喫したあとは、一人で飲みに行ってもいいけど、まだ今なら毎週楽しみにしているドラマに間に合う時間なので、あとは家でのんびりと過ごすなんていうのもいいかもしれません。
みなさんも、ちょっと優雅なAクラスのアフター5を過ごしたいと思ったときは、是非参考にしてみてくださいね。


ライター:岩崎 悠(女子部JAPAN(・v・))

※2015年8月時点の情報です。メニュー、価格等は変更になる場合があります。

2015年9月中吊り・ポスター掲載記事

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事