1. ソロ活>
  2. 一人飲み>
  3. 上野・浅草>
  4. 【ワカコ酒】第7夜放送のおお田で実際にだし巻き卵を食べてみた!

【ワカコ酒】第7夜放送のおお田で実際にだし巻き卵を食べてみた!

“女一人呑み”をテーマにした人気漫画のドラマ版【ワカコ酒】。今回は、主人公ワカコが訪れた、路地裏のオアシス「おお田」にやって来ました。ワカコが幸せそうにほおばる「だし巻き卵」がどうしても食べたくて、下町情緒が色濃い谷根千エリアに初出陣です。

© 2015「ワカコ酒」製作委員会

© 2015「ワカコ酒」製作委員会

東京メトロ根津駅1番出口から徒歩約5分。不忍通りを根津神社方面へ進み、本郷図書館根津図書室を右に曲がると、そこは下町風情の残る別世界でした。昔ながらの喫茶店、打ち水をするおばさん、金物がたくさん並んだ日用品店、クリーニング屋で話しこむ住人……。時が止まったようなノスタルジックな光景に感動を覚えつつ、しばらく進むと、「おお田」の看板が出迎えてくれました。

情緒ある狭い路地沿いに、その店はあります。粋な門構えに、ワカコ同様たじろぎながらも、ここはソロ活。えいや!と気合を入れて中へ。う~ん、渋い! 根津に店を構えて約30年。民家(自宅)を改装し開店したという「おお田」は、どこか懐かしく温かい雰囲気にあふれています。

▲「おお田」の店構えはこちら。

6席あるカウンター席の隅にこしかけると、さっそくおしぼりでおもてなしをされました。
今日は日本酒を飲むぞ。ワカコの頼んだ「一の蔵」のぬる燗と共に、カウンター越しにくつくつと煮込まれている「おでん(12~2月の冬季限定)」をいくつか注文します。冬の定番おでんをつつきながら、ちびりちびりとお酒をいただくなんて、これぞプロの一人飲み♪

▲店内カウンター席。食器棚の上には約50種類のメニューが並ぶ。

食器棚の上に掲げられた豊富なメニューを眺めつつ、“だし巻きはいただくとして、後はどれにしようかな”と考えている内に、ほかほかと湯気を立てたおでんが目の前に。良い香りがたちまち顔の前に広がります。柔らかく煮込まれた大根を口にしながら、日本酒をちびり。旨い! 『ぷしゅー』!
聞くと、おでんのだしには北海道産利尻昆布と築地和田久のかつおぶしを使用しているそう。お店ごとにこだわりぬいただしの味を楽しめるのがおでんの醍醐味。お昼頃から煮込まれて味の染みたおでん、しっかり堪能しました。

▲おでんは、12月~2月の冬季限定メニューです。

半分ほどいただいた後、ちょっとは女子っぽいメニューも頼んでおかなきゃね、ということで、今が旬の新玉ねぎと塩トマトのヘルシーなサラダを追加。フルーツのような甘みの塩トマトと、みずみずしい新玉ねぎの相性はバッチリです。

▲塩トマトと新玉ねぎのサラダ。旬の食材のアンサンブルは今だけのお楽しみ。

お酒をちびちびやるうち、お店の雰囲気にも慣れてきて、なんだか小腹が空いてきました。 “そんなときはやっぱり揚げものでしょ~”と「れんこんハサミ揚」もオーダー。

店主が手際良く卵を割っている音がします。シャカシャカ混ぜて、ジュワーっと焼く音がここちよい。チリチリと揚げる音もいい。料理を作っているときの音って、どうしてこんなにも魅力的なのか。一人だからこそ、ゆったり音にも耳を傾けられるんだな、と気づいた瞬間でした。

ふと見ると、ショーケースには魚のネタがならんでいます。今日は“釣りアジ”がおすすめとのこと。それならいただきましょう! 食べ方はシンプルに焼きアジで。今日の私はしぶ~く硬派に日本酒をたしなむ「高倉健」。だけど、少しはカロリーを気にするソロ活女子です。

ワカコの妄想癖(?)がうつったのか、あれこれ考えを巡らせていると、だし巻きができあがりました。“はいよっ”と出されただし巻きは、輝くように美しい繊細な黄金色。まるで花が咲いたような盛り付けで、思わず「キレイ!」と叫びたくなる一品です。

まずはひとくち、パクリ。だしがじゅわ~っと、あふれるように染みでてきました。塩気のきいたふわふわのだし巻きは、そのままでも旨い! 大根おろしをのせてまたひとくち。しょうゆを数滴たらしてまたひとくち。これは食が進みます。ワカコもこれを食べたのかと思うと感動もひとしお。お腹を空かせてきて良かった!! 『ぷしゅー』!

▲これぞ名物、「だし巻き卵」。

そうこうしているうち、蓮根のはさみ揚げが運ばれてきました。丁寧に作ったえびの練り物(しんじょう)と大葉をはさんだ揚げ物は、サクサク、シャキシャキの歯応えで美味。辛子しょうゆでいただきました。

▲小腹を満たしてくれる「れんこんハサミ揚げ」

ぬるかんをもう一合追加して、次にそなえます。

釣りアジの焼き物が、これまた美しい姿で現れました。割烹をつづけて30年の店主のワザが、ここにも垣間見えます。新鮮さはもちろん、焼き加減も塩加減も抜群。お酒もどんどん進みます。少しつついてちびちび飲む。残しておいただし巻きをパクリ。おでんをパクリ。幸せのループにどっぷり浸かった夜でした。

今回の「おお田」はいかがでしたか?  ひとりだからこそ、好きなものを好きなだけ、気の向くままに味わえる場所。ただいま~!と帰りたくなるような居心地の良い空間で、粋なひとときを楽しみました。皆さんも、大人のソロ活で『ぷしゅー』っとしてみては?

この場所の詳細

おお田

詳細を見る
電話

03-3828-1351
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都文京区根津2-31-1

定休日

毎週水曜日

最寄り駅

根津

大きな地図を見る

この場所の詳細

おお田

電話番号

03-3828-1351
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都文京区根津2-31-1

営業時間

定休日

毎週水曜日

最寄り駅

根津

※2015年2月時点の情報です。メニュー、価格等は変更になる場合があります。

次回【ワカコ酒】第8夜のテーマは「自宅酒」。飲んでつまんで、自由気ままに過ごせるのは自宅ならでは。自分で「だし巻き卵」に挑戦するのもいいけど、このフワフワ感はやっぱり「おお田」で堪能したいですね。

<関連記事>

ワカコ酒

26歳、OLのワカコ。仕事を終えると、うまい酒とうまい肴を求めて、女ひとり酒場をさすらう。偶然見つけたお店でも、迷うことなく暖簾をくぐる「呑兵衛女子」という、まさにソロ活のベテラン。酒と料理に恵まれたその瞬間、彼女の口からは感嘆の『ぷしゅー』が漏れるのであった。ワカコ、至福の瞬間である。
BSジャパン:毎週木曜日 夜11時30分放送/RCC中国放送:毎週木曜日 深夜1時8分放送
主演:武田梨奈、野添義弘、鎌苅健太
製作:2015「ワカコ酒」製作委員会
原作:「ワカコ酒」新久千映(月刊コミックゼノン/ノース・スターズ・ピクチャーズ刊)
© 新久千映/NSP 2011 © 2015「ワカコ酒」製作委員会

[文・撮影:倉田千穂/編集プロダクション studio woofoo]

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事

PR