1. ソロ活>
  2. 一人レジャー>
  3. 秩父・坂戸>
  4. 男一人でイチゴ狩りをはしごする

男一人でイチゴ狩りをはしごする

メルヘンチックな食べ物「イチゴ」。女性アイドルが好きな食べ物を聞かれ、「イチゴ」と答えるとなんともイメージ通りである。それがイチゴの力だ。 そんなイチゴの季節がやって来た。各地でイチゴ狩りも始まっている。そこで私もイチゴ狩りに行ってみようと思う。誰かを誘ってもいいが、そんな友達も彼女もいないので、「ソロ活」だ。男一人でのイチゴ狩り。しかも、「はしご」する予定だ。

秩父でイチゴ狩り

女性が好きな食べ物を聞かれ「イチゴ」と答えると、かわいくていいが、男性が「イチゴ」と答えると、鳥肌的なものを感じる。しかし、好きなものは仕方がない。ということで、今年で30歳の私は一人、イチゴ狩りに出かけた。

▲男一人電車に揺られる

一般には「イチゴ狩り」だけれど、私としては「イチゴを摘みに出かける」と言いたい。私はそのようなメルヘンチックな生き物なのだ。ヒゲも濃いが、その一本一本にメルヘンが詰まっていると理解していただけると嬉しい。

▲和銅黒谷駅に来ました!

電車に一人揺られ、埼玉県の秩父にある「和銅黒谷駅」にやって来た。途中の電車で、私の前に座るのがカップルで、朝から楽しそうな会話をしていた。その間、私は一人で妖怪ウォッチをしていた。

▲まずは和銅農園で、

▲イチゴ狩りをします!

イチゴを食べる

和銅農園にやって来た。イチゴ狩りは30分の時間制限で1500円。ただし、時間は目安で、好きなだけ食べたら出てきてください、と言われた。温室内はあたたかく、赤い宝石と呼んでもいいような、ツヤのあるイチゴがたくさんなっている。

▲赤いイチゴを、

▲食べる

▲美味しい!

品種によって味が違うと言われたが、私の幸せな舌では、どれも等しく甘く美味しかった。「あき姫」や「とよ姫」と名付けられた品種のイチゴを、男一人で食べる。この日は私以外にお客さんはいなくて、全ての姫が私のものだ。

▲イチゴを90粒食べた

この場所の詳細

和銅農園

詳細を見る
電話

0494-25-4733
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

埼玉県秩父市黒谷457-3

営業時間

9:00~18:00

定休日

不定期

最寄り駅

和銅黒谷 (徒歩5分)

大きな地図を見る

この場所の詳細

和銅農園

電話番号

0494-25-4733
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

埼玉県秩父市黒谷457-3

営業時間

9:00~18:00

定休日

不定期

最寄り駅

和銅黒谷 (徒歩5分)

イチゴ狩りをはしごする

和銅農園では90粒のイチゴを食べた。農園の人に話を聞けば、イチゴ狩りは金曜日か土曜の朝一が狙い目だそうだ。土日に多くのお客さんがイチゴ狩りに来るので、そこからまた赤くなるのが翌週の金、土くらいらしい。

▲自転車で次のイチゴ狩りに向かう

せっかく秩父に来たので、他のイチゴ狩りに向かうべく、西武秩父駅で自転車を借りた。普通はせっかく秩父まで来たのだから、他のものも見たいとなるが、私ほどのメルヘン男子になると、もっとイチゴを欲するのだ。頭のてっぺんから足の先まで、全てがメルヘンであり、自転車をこぐ私は、もはやメルヘンの権化なのだ。自転車込みでメルヘンなのだ。

▲ということで、内田農園に来ました!

▲ここも広い!

2件目にやってきた内田農園も30分の時間制で1500円。ただしやはり好きなだけ食べたら出てきてください、と言われた。優しい。そして、ここにはちょうど大学生にリア充グループが来ていた。男女混合のグループで楽しそうである。

▲イチゴ美味しい!

▲私は一人で来ています

一人の私にも、イチゴは平等に甘かった。結果50粒のイチゴを食べた。いい加減、満腹なのだ。90粒から50粒への落ち込み。会社だったら倒産する落ち込みだけれど、イチゴ狩りなら、むしろ幸せな落ち込みだ。胃がイチゴだらけ。

▲50粒食べました

この場所の詳細

内田農園(秩父市)

詳細を見る
電話

0494-23-9603
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

埼玉県秩父市寺尾2307

営業時間

9:00~16:00 ※連休の最終日や月曜日などはいちごの数は少なくなります。 また、いちごが無くなり次第閉園となります。

最寄り駅

秩父

大きな地図を見る

この場所の詳細

内田農園(秩父市)

電話番号

0494-23-9603
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

埼玉県秩父市寺尾2307

営業時間

9:00~16:00 ※連休の最終日や月曜日などはいちごの数は少なくなります。 また、いちごが無くなり次第閉園となります。

定休日

最寄り駅

秩父

三件目のイチゴ狩り

内田農園を出て、また自転車をこぎ、本日最後のイチゴ農園へと向かった。ちなみにイチゴ狩りに行く場合は、事前に農園に電話をしてから行くべきだろう。実が赤くなってなかったりで、お休みということも少なくないのだ。

▲富田農園に到着!

▲ここも広い!

秩父では組合で決まっているようで、基本的にはどこも30分で1500円。ただしどこもその30分は緩い。結果、イチゴの食べ過ぎ。私の10%はイチゴでできていると言ってもいいかもしれない。アイドルよりもファンタジーな存在、それが私だ。

▲イチゴと同じくらいファンタジーな私!

もっともここまで来ると、さすがにお腹は満たされて来ているので、急いで食べるという野暮なことはしない。ハウス内のベンチに座り、イチゴの出来を鑑賞する余裕を見せることができる。はしごをすることで生まれる余裕。悟りと呼んでもいいかもしれない。

▲美しいな、と思っています

ここの農園で食べたイチゴは30個だった。満足だ。全身くまなくメルヘンでいっぱいだ。若干だけれど、メルヘンが漏れていた気がする。息がメルヘン臭いし、トイレが異常に近い。メルヘンの放出である(イチゴは90%が水分だそうです)。

▲合計、170粒のイチゴを食べました! 満足!

この場所の詳細

中蒔田・富田農園

詳細を見る
電話

0494-23-9210
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

埼玉県秩父市蒔田1666

営業時間

8:00~17:00

定休日

開園中は不定休

最寄り駅

西武秩父

大きな地図を見る

この場所の詳細

中蒔田・富田農園

電話番号

0494-23-9210
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

埼玉県秩父市蒔田1666

営業時間

8:00~17:00

定休日

開園中は不定休

最寄り駅

西武秩父

とにかく一人でイチゴ狩りはいいかもしれない。好きなだけを自分のペースで食べることができる。素晴らしい「ソロ活」だ。満腹だからと言って帰りたがる彼女はいないのだ。もっともそんな彼女が欲しいけれど。三脚を抱えてのイチゴ狩りは目立つのだ。

▲自分が写っている写真は三脚で撮っています! 三脚便利です!

地主恵亮

1985年福岡生まれ。基本的には運だけで生きているが取材日はだいたい雨になる。2014年より東京農業大学非常勤講師。著書に「妄想彼女」(鉄人社)、「昔のグルメガイドで東京おのぼり観光」(アスペクト)がある。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事

PR