1. ソロ活>
  2. 一人旅(東京観光、日帰り)>
  3. 赤坂・六本木・麻布・白金>
  4. 隠れた無料見学スポット「旧公衆衛生院」が素敵すぎる!レトロ好きさん必見の超穴場建築へ

2020/2/15

隠れた無料見学スポット「旧公衆衛生院」が素敵すぎる!レトロ好きさん必見の超穴場建築へ

一人静かに、穏やかなひとときを過ごしたい・・・そんな時にピッタリの場所が白金台にあります。歴史的建造物を活用した「港区立郷土歴史館」は館内を無料で散策できる、知る人ぞ知る隠れた人気スポット。一体どんな場所なの?どんなふうに楽しめるの?そんな疑問にお答えすべく、実際に足を運んでみました♪

一人静かに、穏やかなひとときを過ごしたい・・・そんな時にピッタリの場所が白金台にあります。歴史的建造物を活用した「港区立郷土歴史館」は館内を無料で散策できる、知る人ぞ知る隠れた人気スポット。一体どんな場所なの?どんなふうに楽しめるの?そんな疑問にお答えすべく、実際に足を運んでみました♪


ほぼすべての場所が撮影OK!フォトジェニックな名建造物/港区立郷土歴史館

港区立郷土歴史館


東京メトロ・白金台駅2番出口から徒歩約1分の場所にある「港区立郷土歴史館」。大きく立派な外観は、その迫力と美しさに圧倒されてしまいます。

建物自体は昭和13(1938)年、日本の公衆衛生の向上を目的とした研究機関「公衆衛生院」として建てられたもの。その役割を終えた後も、歴史的に貴重な建造物として保存・改修され、2018年11月からは「港区立郷土歴史館」を中心とした複合施設として活用されています。

「港区立郷土歴史館」では、港区の歴史や文化を紹介する常設展や期間限定の特別展・企画展は有料となりますが、うれしいことに建物見学なら無料で楽しむことができます。


港区立郷土歴史館


まずは玄関口である2階の中央ホールへ。洗練された吹き抜けの空間が、エレガントな雰囲気を醸し出しています。


港区立郷土歴史館


建物を設計したのは、東京大学の安田講堂の生みの親である内田祥三(うちだよしかず)。「内田ゴシック」と称されるデザインで人気を博し、数多くの名建築を設計した著名な建築家です。

館内の至るところに施された華美な装飾は、見ているだけでうっとり・・・!まるでタイムスリップしたかのような、ノスタルジックな気分を味わえますよ♪


港区立郷土歴史館


一部を除き、ほぼすべての場所が撮影OKというのもうれしいポイント。カメラを片手に散策を楽しむこともできます。

白金台という閑静で上品な土地柄同様、館内も静かで落ち着いた雰囲気。ゆったりと気ままに、ソロタイムを満喫してくださいね。


港区立郷土歴史館


ここからは、館内の代表的なスポットをいくつかご紹介。

2階のコミュニケーションルームに展示してあるステンドグラスは、訪れた人がこぞって写真を撮るという人気のフォトスポット。陽光が反射してキラキラと輝くカラフルなガラスは、眺めているだけで華やかな気持ちになります。


港区立郷土歴史館


4階へと上っていくと、2階とはまた趣きが異なる吹き抜けのホールが。こちらは、清潔感溢れるシンプルなデザインが印象的です。

同じ施設の中に多種多様な空間がそろっているので、いつまでも見飽きることがありません。


港区立郷土歴史館


そして、館内でも特に人気なのが4階の「旧講堂」。340席もある階段状の教室は壮観。ほとんど創設当時のまま残されているそうです。


港区立郷土歴史館


時計や照明、レリーフなども可能な限り残し、当時の雰囲気を守り続ける同館。趣向を凝らしたインテリアの数々はチェック必須。ぜひ細部まで鑑賞してみてくださいね。


港区立郷土歴史館


眺める角度を変えるだけで、印象もガラリと変わります。楽しみ方は十人十色。あなた好みの過ごし方で、心ゆくまで館内散策を堪能してください。



建造物以外も魅力満載♪館内の見所を一挙にご紹介!

港区立郷土歴史館


同館の魅力は建物の美しさだけではありません。

館内には、老若男女が楽しめるスポットが点在。2階のコミュニケーションルームは「さわれる展示室」として人気の無料の展示室です。


港区立郷土歴史館


中でも人気なのは、巨大なクジラの骨格標本!なんと、この骨も実際に手で触ることができるのです。

他にも、縄文土器や動物の剥製などに触れたり、貴重な古地図や浮世絵を閲覧したりすることも可能。「これも無料でいいの!?」と思わずビックリしてしまう、貴重な体験ができますよ。


港区立郷土歴史館


こらちは昔の生活を再現したコーナー。昭和のレトロな家電を集めたコーナーもあり、もちろん、実際に触れることができます。目で見て触れて感じて、ワクワクする時間を過ごしてください。


港区立郷土歴史館


3階にある図書室は誰でも閲覧可能。

主に港区の郷土資料や歴史関連の本、また港区内の博物館美術館に関する書籍などもそろっているので、優雅な読書タイムを過ごすのもオススメです。


港区立郷土歴史館


ちょっと一息つきたい時は1階のカフェ「VEGETABLE LIFE(ベジタブルライフ)」へ。

白金台の有名結婚式場「八芳園」がプロデュースするこちらでは、木のぬくもりあふれる明るい空間で、契約農家から届く新鮮野菜を使用したこだわりのカフェメニューを楽しむことができます。


港区立郷土歴史館


ランチタイムには、メインやデリを選べる「ベジボックス」(1,000円〜)が登場。ヘルシーで栄養バランスの良いランチはテイクアウトもできるので、近隣の奥様方などから好評を得ています。

館内散策の合間のティータイムやランチに利用するのも良いですね。


港区立郷土歴史館


ミュージアムショップ「ときどき」も要チェック。ここでしか出合えない商品や、期間限定のレアグッズ、スイーツなどが勢ぞろいしています。


港区立郷土歴史館


オリジナルグッズも豊富にラインナップ。タオルや豆皿、トートバッグ、Tシャツやパーカーなど、ハイセンスなグッズが多種多様に取りそろっています。

訪れた記念やお土産に、ぜひお気に入りをゲットしてください♡



まとめ

港区立郷土歴史館


ゆっくりとソロタイムを満喫することができる「港区立歴史郷土館」。友達やパートナーとワイワイ過ごす休日も良いけれど、たまには自分が思うままに時を過ごす、のんびりとした一人の時間を堪能してみては?クラシカルな世界に浸って、ソロ休日を楽しんでくださいね♪



港区立郷土歴史館
住所:東京都港区白金台4-6-2
電話番号:03-6450-2107
営業時間:月~金日9:00~17:00 土9:00~20:00
建物見学:無料
常設展観覧料:大人300円 小中学生100円 ※特別展、企画展は別料金
休館日:毎月第3木曜
最寄駅:白金台



取材・文/牧 五百音

※2020年2月15日の情報です。内容など情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※価格はすべて税込です。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事