1. ソロ活>
  2. 食べる>
  3. 銀座・有楽町・日比谷・築地>
  4. 一人でじっくり贅沢に。“元祖”を食す

一人でじっくり贅沢に。“元祖”を食す

食品や生活雑貨、洋服など、最近は安価でも良質なものが手に入れられるようになった時代。けれど、日本には古くからの伝統を守り続け、今なお人々に愛されるものもたくさんあるはず。そんな“本物=元祖”を見つける旅は、一人だからこそよりゆっくり贅沢に噛みしめることができるのかも。創業100年以上の老舗をめぐり、タイムスリップした気分で“元祖の味”を楽しみに出かけよう!

元祖&独創的なオムライスを、老舗洋食屋でペロリ

明治28(1895)年に銀座に創業した、洋食の先駆け的存在である「煉瓦亭」。100年の歴史がある人気のポークカツレツは捨てがたいけれど、やはりおすすめは「元祖オムライス」。
一見普通のオムライスだが卵で包まれておらず、ご飯と卵を混ぜて炒めているため表面はカリッとした食感。中は黄身がトロっとしていているので、食感をダブルで楽しめるのが◎。塩・こしょうのさっぱりとした味わいのなか、濃厚なケチャップを合わせて食べればどこか懐かしさも感じられる。これぞオムライスの元祖であり、他では味わえない独創的な一品だ。ザ・洋食屋という歴史ある雰囲気も一緒に楽しもう。

▲photo by *****さん

この場所の詳細

煉瓦亭

詳細を見る
電話

03-3561-3882
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都中央区銀座3-5-16

最寄り駅

銀座

大きな地図を見る

この場所の詳細

煉瓦亭

電話番号

03-3561-3882
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都中央区銀座3-5-16

営業時間

定休日

最寄り駅

銀座

軍鶏を使った贅沢な元祖親子丼で、江戸前の粋を感じる

宝暦10(1760)年創業の老舗で250年以上の歴史がある、軍鶏鍋専門店「玉ひで」。軍鶏鍋の残りの割下を卵でとじる食べ方にヒントを得て、明治24年頃に五代目の妻女が創案したのが「親子丼」。以来、親子丼発祥の店としても有名に。
お昼に食べられる「特撰軍鶏 親子丼」は全4種。ここはやはり「元祖親子丼」をいただこう。吟味した鶏肉と卵に、関東の優れた醤油の風味とみりんの上品な香りを活かし、香りのある具を入れない、江戸前の味わいを守り抜いているそう。
単品はもちろん、5,000円で元祖親子丼のほか料理4品も楽しめるお得な「元祖親子昼コース」もご用意。お座敷で一人ゆっくり食べるのが粋かも。

▲photo by Nobu365さん

この場所の詳細

鳥料理 玉ひで

詳細を見る
電話

03-3668-7651
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都中央区日本橋人形町1-17-10

営業時間

火〜日・祝前日・祝日 昼の部 11:30〜14:30 ◆親子丼:11:30〜13:30 ※13:30までにご来店のお客様で終了 ◆コース:11:30〜14:30(L.O13:30) ※並ばずにお入りください 夜の部 17:00〜21:30 (L.O.20:30) 休日は昼のみの営業となる場合もございます。※臨時休業する場合もございますのでホームページにてご確認ください

定休日

ホームページ又はお店にてお問合せください

最寄り駅

人形町

大きな地図を見る

この場所の詳細

鳥料理 玉ひで

電話番号

03-3668-7651
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都中央区日本橋人形町1-17-10

営業時間

火〜日・祝前日・祝日 昼の部 11:30〜14:30 ◆親子丼:11:30〜13:30 ※13:30までにご来店のお客様で終了 ◆コース:11:30〜14:30(L.O13:30) ※並ばずにお入りください 夜の部 17:00〜21:30 (L.O.20:30) 休日は昼のみの営業となる場合もございます。※臨時休業する場合もございますのでホームページにてご確認ください

定休日

ホームページ又はお店にてお問合せください

最寄り駅

人形町

富士山をイメージ!?元祖冷やし中華はボリュームたっぷり

「揚子江菜館」は明治39(1906)年に創業した老舗で、家族代々の常連も多い上海料理の名店。神保町駅から徒歩すぐに位置し、中華料理店らしい赤い外観が目じるしだ。
注目は、こちらのお店が元祖の冷やし中華「五目冷やし」。糸寒天、チャーシューやエビ、錦糸卵など、10種類の具がのる豪華版で、ボリュームたっぷり。盛り付けは富士山の四季をイメージしているそうなので、見た目にもにぎやかで楽しい一品だ。また、タレは甘さの中に、酸味もある味わいで、濃さはありながら後に残らない。この甘めのタレがどこか懐かしさを感じられるようだ。
この他にも作家・池波正太郎が好んで食べたという、上海式肉焼きそばやシューマイなども自慢の一品。栄養が偏りがちなお一人様にぜひ来てほしいとのこと。なお、通し営業をしているので、ランチタイムを逃してもOK!数々の文豪が足繁く通い、英知を蓄えたという神保町の名店で、歴史を感じながらゆっくり味わっていただきたい。

この場所の詳細

揚子江菜館

詳細を見る
電話

03-3291-0218
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都千代田区神田神保町1-11-13

最寄り駅

神保町

大きな地図を見る

この場所の詳細

揚子江菜館

電話番号

03-3291-0218
※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所

東京都千代田区神田神保町1-11-13

営業時間

定休日

最寄り駅

神保町