東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

「アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~」それは、一冊の雑誌から始まった

2021/04/15(木) ~ 2021/05/05(水)

クリップ路線・徒歩ルート

クリップ周辺情報を見る

  • トップ

スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫氏の、“編集者”としての「もう一つの仕事」に焦点をあてた展覧会が開催。

  • 「アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~」それは、一冊の雑誌から始まったの画像1

  • 「アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~」それは、一冊の雑誌から始まったの画像2

  • 「アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~」それは、一冊の雑誌から始まったの画像3

    ▲撮影:荒木経惟

イベント詳細

鈴木敏夫氏は、日本初の本格的な商業アニメーション専門誌「アニメージュ」を創刊から中心となって支え、「宇宙戦艦ヤマト」や「機動戦士ガンダム」に象徴される日本で最初のアニメブームを盛り上げた立役者の一人です。「アニメージュ」で様々な実験的な試みを行う中で、高畑勲、宮崎駿両監督と運命的な出会いを果たし、「風の谷のナウシカ」を世に送り出しました。そして、編集者でありながらスタジオジブリ誕生への道筋をつくりました。
本展覧会では、鈴木敏夫氏が編集した1989年11月号までの12年弱にわたる「アニメージュ」をもとに、「機動戦士ガンダム」(79年)を軸とした爆発的なアニメブームから「風の谷のナウシカ」(84年)の成功、そしてスタジオジブリ誕生と「天空の城ラピュタ」(86年)までを振り返ります。本誌を作るうえで確立していった鈴木流のプロデュース術とはどういうものであるか、それが後の作品制作にどのような影響を与えたのか、スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫氏の、“編集者”としての「もう一つの仕事」に着目します。また、鈴木敏夫氏と「アニメージュ」が日本ばかりか世界のアニメーションの歴史と昨今の日本文化に与えた影響も紹介します。

(C) 1984 Studio Ghibli・H

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。"

基本情報

イベント名 「アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~」それは、一冊の雑誌から始まった
開催期間 2021/04/15(木) ~ 2021/05/05(水)
最寄り駅 銀座駅(徒歩1分) 銀座一丁目駅(徒歩3分) 東銀座駅(徒歩3分) 有楽町駅(徒歩8分)
会場 松屋銀座 8階イベントスクエア
オフィシャル
サイト
「アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~」それは、一冊の雑誌から始まった

松屋銀座のその他のイベント

松屋銀座のイベント一覧を見る

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ショッピングのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる