葛飾区郷土と天文の博物館

カツシカクキョウドトテンモンノハクブツカン

亀有/お花茶屋
03-3838-1101

郷土「かつしか」の歴史と、宇宙をテーマにした博物館です。

郷土展示室では、葛飾の歴史に関する展示のほか、復元された、昭和30年代の家があります。また晴れていればいつも太陽が見られる天文展示室、国内有数のプラネタリウム、天体観測室もあります。


【5F/屋上】
1)天体観測室
 屈折クーデ式としては日本最大級の口径を誇る25cm望遠鏡をそなえています。
2)太陽望遠鏡
 日本有数の性能を誇る太陽望遠鏡。晴れていればつねに太陽をとらえ続けています。
【3F・天文のフロア】
3)天文展示室
 太陽望遠鏡による今の太陽の姿やいん石などを展示しています。
4)プラネタリウム
生解説や多彩な番組で星や宇宙の世界をわかりやすく紹介します。
【2F・郷土のフロア】
5)水とかつしか
 郷土かつしかの風土は水との深いかかわりのなかではぐくまれてきました。
6)かつしかのあゆみ
 古墳時代から、室町戦国、江戸時代へと郷土かつしかの歴史をたどります。
7)かつしかのくらし
 近代以降、農地が宅地や工場

郷土展示室では、葛飾の歴史に関する展示のほか、復元された、昭和30年代の家があります。また晴れていればいつも太陽が見られる天文展示室、国内有数のプラネタリウム、天体観測室もあります。


【5F/屋上】
1)天体観測室
 屈折クーデ式としては日本最大級の口径を誇る25cm望遠鏡をそなえています。
2)太陽望遠鏡
 日本有数の性能を誇る太陽望遠鏡。晴れていればつねに太陽をとらえ続けています。
【3F・天文のフロア】
3)天文展示室
 太陽望遠鏡による今の太陽の姿やいん石などを展示しています。
4)プラネタリウム
生解説や多彩な番組で星や宇宙の世界をわかりやすく紹介します。
【2F・郷土のフロア】
5)水とかつしか
 郷土かつしかの風土は水との深いかかわりのなかではぐくまれてきました。
6)かつしかのあゆみ
 古墳時代から、室町戦国、江戸時代へと郷土かつしかの歴史をたどります。
7)かつしかのくらし
 近代以降、農地が宅地や工場に変化をとげていった姿をたどります。
8)特別企画展示室
 常設展示以外の催しを行います。
【1F】
9)レファレンスコーナー
 博物館の資料を学習するコーナー。
10)体験学習室
 実体験!見て、聞いて、作るコーナー。
11)講堂
 さまざまな講座を行っています。
【その他のスポット】
 館内には展示のほかにも、意外な見どころがいろいろあります。
 展示やプラネタリウムの見学の合間にお楽しみください


<料金>(かっこ内は20名以上の団体)
入館料
 大人 100円(80円)
 小・中学生 50円(40円)
 幼児 無料
プラネタリウム観覧料
 大人 350円(280円)
 小・中学生 100円(80円)
 幼児 50円(40円)
土曜日の小・中学生の入館・プラネタリウム観覧は無料です。
障害者手帳をお持ちの方と介護者2名までの入館・プラネタリウム観覧(コンサート等のイベントは
のぞく)は全額免除となります。
プラネタリウムは入替制です。
複数の番組をご覧になる場合は、番組ごとに上記の観覧料が必要です。

<プラネタリウム上映開始時刻>
公式サイトにてご確認ください。

<交通のご案内>
■電車・バスで
・京成電鉄本線「お花茶屋」下車、徒歩8分
・JR常磐線各駅停車(地下鉄千代田線直通)「亀有」下車、徒歩25分
・京成タウンバス(有57系統)「上千葉小学校」または「共栄学園」下車、徒歩5分
 バスは亀有駅より毎時00分と30分に発車
・レインボーかつしか(有71・有72系統)・京成タウンバス(有70系統)「白鳥わかば公園」下車、
 徒歩3分 (金町・亀有方面~ウェルピアかつしか方面)

・東京方面から:
  東京---JR山手線(内回り)または京浜東北線(各駅停車)[15分]--->日暮里
  日暮里---京成本線(各駅停車)[15分]--->お花茶屋
・新宿方面から:
  新宿---JR山手線(外回り)[20分]--->日暮里
  日暮里---京成本線(各駅停車)[15分]--->お花茶屋
・浅草方面から:
  浅草---都営浅草線・京成押上線(直通)[12分]--->青砥
  青砥---京成本線(各駅停車)[2分]--->お花茶屋
・越谷方面から:
  越谷---東武伊勢崎線(準急)[20分]--->牛田
  牛田---徒歩[1分]--->関屋
  関屋---京成本線(各駅停車)[4分]--->お花茶屋
・所要時間は目安です。また、乗り換え時間は含まれていません。

■自動車で
・首都高速6号向島線下り・中央環状線内回り(C2)「小菅」出口より車で5分
・首都高速中央環状線(C2)「四つ木」出口より車で5分
・首都高速6号三郷線「加平」出口より車で10分
・水戸街道(国道6号線)「白鳥」交差点より車で3分
・駐車場の収容台数は15台です(徒歩7~8分の所に民間の有料駐車場もあります)。
 土・日曜日、祝日は駐車場が込み合いますので電車・バスをご利用ください。

掲載記事

おすすめポイント

葛飾区郷土と天文の博物館の基本情報

スポット名 葛飾区郷土と天文の博物館
住所

〒125-0063   東京都 葛飾区 白鳥3-25-1

point地図を見る

最寄駅

亀有 /お花茶屋

map路線&徒歩ルート検索

TEL

03-3838-1101

FAX

03-5680-0849

休館日 月曜日(祝日の場合は開館)/第2・4火曜日(祝日の場合は翌日休館)
年末年始(12月28日~1月1日、1月2日~4日は一部開館)
開館時間 火曜日~木曜日 9:00~17:00
金曜日~土曜日 9:00~21:00
日曜日・祝日  9:00~17:00
入館券は閉館30分前まで発売します。
オフィシャルサイト

葛飾区郷土と天文の博物館公式サイト

レッツエンジョイ東京の特集 お月見特集
東京のプラネタリウム

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

このスポットのエリア情報を見る

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる