東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

大田区立 熊谷恒子記念館

オオタクリツ クマガイツネコキネンカン

西馬込駅 / 馬込駅
03-3773-0123

クリップ路線・徒歩ルート

クリップ周辺情報を見る

品格あるかなで昭和時代を代表する書家、熊谷恒子先生が生前住まわれていた家を改修した記念館です。

大正時代から昭和の初期にかけて山王から南馬込一帯には、多くの文学者や画家が集まり「馬込文士村」とよばれていました。この大田区立熊谷恒子記念館は、そんな馬込文士村の一角にあり、現代女流かな書道界の第一人者として高名な、熊谷恒子が生前住まわれていた家を改修したものです。熊谷恒子は、明治26年1月京都に生まれ、川北桜嶼、岡山高蔭などの巨匠に師事しました。昭和40年、当時皇太子妃であった美智子皇后へ進講。日展参与などの要職を歴任し、61年9月に逝去しました。記念館は、緑の多い閑静な地にあり、熊谷恒子の作品を展示しています。展示替えは概ね年2回、1月と7月に行い、20点前後の作品を展示しています。現在は、7月1日から「かなでつづる王朝文学の世界」と題し、竹取物語や源氏物語などの平安時代を代表する王朝文学の作品を展示する予定です。優雅な孤高の美を深められた熊谷恒子の幽玄な墨の世界をどうぞご鑑賞ください

大正時代から昭和の初期にかけて山王から南馬込一帯には、多くの文学者や画家が集まり「馬込文士村」とよばれていました。この大田区立熊谷恒子記念館は、そんな馬込文士村の一角にあり、現代女流かな書道界の第一人者として高名な、熊谷恒子が生前住まわれていた家を改修したものです。熊谷恒子は、明治26年1月京都に生まれ、川北桜嶼、岡山高蔭などの巨匠に師事しました。昭和40年、当時皇太子妃であった美智子皇后へ進講。日展参与などの要職を歴任し、61年9月に逝去しました。記念館は、緑の多い閑静な地にあり、熊谷恒子の作品を展示しています。展示替えは概ね年2回、1月と7月に行い、20点前後の作品を展示しています。現在は、7月1日から「かなでつづる王朝文学の世界」と題し、竹取物語や源氏物語などの平安時代を代表する王朝文学の作品を展示する予定です。優雅な孤高の美を深められた熊谷恒子の幽玄な墨の世界をどうぞご鑑賞ください。

基本情報

スポット名 大田区立 熊谷恒子記念館
住所

〒143-0025   東京都 大田区 南馬込4-5-14

point地図を見る

最寄り駅

西馬込駅 / 馬込駅

map路線&徒歩ルート検索

TEL

03-3773-0123

FAX

03-3773-0123

休館日 毎週月曜日(月曜休日の場合は、翌日)
開館時間 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで)

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのカテゴリから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる