東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

あやしい絵展

2021/03/23(火) ~ 2021/05/16(日)

クリップ路線・徒歩ルート

クリップ周辺情報を見る

  • トップ

妖しい、怪しい、奇しいなど様々な漢字を当てはめられる言葉「あやしい」。一度見たら忘れられない名画やディープで「あやしい」作品・物語をアートで紹介。

  • あやしい絵展の画像1

    ▲島成園 《無題》 大正7年、大阪市立美術館、半期展示

  • あやしい絵展の画像2

    ▲月岡芳年 《『魁題百撰相』のうち 辻弥兵衛盛昌》
    明治元年、町田市立国際版画美術館、半期展示

  • あやしい絵展の画像3

    ▲小村雪岱 《刺青(邦枝完二「お傳地獄」挿絵原画(『名作挿画全集』のための))》
    昭和10年、埼玉県立近代美術館、半期展示

  • あやしい絵展の画像4

    ▲甲斐庄楠音 《横櫛》 大正5年頃、京都国立近代美術館、通期展示

  • あやしい絵展の画像5

    ▲青木繁 《大穴牟知命》 明治38年、石橋財団 アーティゾン美術館(旧ブリヂストン美術館)、東京展のみ通期展示

  • あやしい絵展の画像6

    ▲上村松園 《花がたみ》 大正4年、松伯美術館、半期展示

イベント詳細

東京国立近代美術館で、「あやしい」絵画ばかりを集めた展覧会が開催されます。「あやしい」という言葉の意味は、そのどれにも共通するのが、「神秘的で不可思議」「奇怪な様子」という点ではないでしょうか。本展では、「美しい」だけでは括ることができない、グロテスク、エロティック、退廃的、神秘的、ミステリアスな作品などの「あやしい絵」が多数登場。上村松園《?》や《花がたみ》、甲斐庄楠音《横櫛》、橘小夢《安珍と清姫》など、幕末から昭和初期に制作された、一度見たら忘れられない名画やディープで「あやしい」作品・物語が紹介される展覧会です。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 あやしい絵展
開催期間 2021/03/23(火) ~ 2021/05/16(日)
最寄り駅 竹橋駅(徒歩3分) 九段下駅(徒歩13分)
会場 東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー
時間 開始:10:00
終了:17:00
備考:金・土は20:00まで
※入館は閉館30分前まで
料金・費用 未定
※決まり次第発表
お問い合わせ ハローダイヤル
電話番号:050-5541-8600
オフィシャル
サイト
あやしい絵展 公式サイト
備考 毎週月曜日、5月6日(木)休館
※ただし、3月29日(月)、5月3日(月・祝)は開館
※会期中、一部の作品は展示替えを予定

東京国立近代美術館のその他のイベント

東京国立近代美術館のイベント一覧を見る

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる