東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

奇想の国の麗人たち ~絵で見る日本のあやしい話~

2020/10/31(土) ~ 2021/01/31(日)

クリップ路線・徒歩ルート

クリップ周辺情報を見る

  • トップ

日本人が長年語り続けてきた伝承文学を、その物語にまつわる絵画とともに紹介。入館はオンラインによる事前予約制を導入。

クリスマス特集2020

  • 奇想の国の麗人たち ~絵で見る日本のあやしい話~の画像1

    ▲「葵(あおい)」 御正伸/画 1981年 油彩 F100号 御正進/蔵

  • 奇想の国の麗人たち ~絵で見る日本のあやしい話~の画像2

    ▲「日高川」 加藤美紀/画 2020年(描きおろし 初公開) 紙・ガッシュ 作家蔵

  • 奇想の国の麗人たち ~絵で見る日本のあやしい話~の画像3

    ▲「文芸名作絵画読本 秋夜長物語 高畠華宵/画 1926年11月『婦人世界』

  • 奇想の国の麗人たち ~絵で見る日本のあやしい話~の画像4

    ▲「狐の嫁入りを描いた引きずりの着物」(部分) 田中翼/蔵 中川忠明/撮影 淡交社/協力

  • 奇想の国の麗人たち ~絵で見る日本のあやしい話~の画像5

    ▲「人魚の嘆き」 谷崎潤一郎/作 水島爾保有/画 1919年

  • 奇想の国の麗人たち ~絵で見る日本のあやしい話~の画像6

    ▲「残霊(ざんりょう)」 御正伸/画 1975年 油彩 F120号 御正進/蔵

イベント詳細

昔話、伝説、古典などからは、民族の特性を読み解くことができるといわれています。たとえば日本には、鳥や狐が人間に化けて嫁になったという話が多く伝えられていますが、他の国にはめったになく、ここに日本人の特質がありそうです。また、日本ではBL(ボーイズラブ)の元祖は古典文学にもみられ、男性同性愛にまつわる話が古典文学の一角を占めていますが、同性愛を罪とみなすキリスト教圏の人々から見ると、信じがたいことなのです。本展は、挿絵や絵画とともに日本の伝承文学を楽しみながら、日本の心に触れられる展覧会です。入館にはオンラインによる事前日時指定予約制を導入しています。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 奇想の国の麗人たち ~絵で見る日本のあやしい話~
開催期間 2020/10/31(土) ~ 2021/01/31(日)
最寄り駅 根津駅 東大前駅
時間 開始:10:30
終了:16:30
備考:入館は16:00まで
料金・費用 一般 1,000円、大学・高校生 900円、中学・小学生 500円
※キャッシュのみ、クレジットカード等使用不可
※竹久夢二美術館と併せて観覧可能
お問い合わせ 弥生美術館
電話番号:03-3812-0012
オフィシャル
サイト
弥生美術館 奇想の国の麗人たち ~絵で見る日本のあやしい話~
このイベントを取り上げた特集
備考 毎週月・火、11/4(水)、12/28(月)~1/2(土)休館
※ただし、11/3(火・祝)、11/23(月・祝)、1/11(月・祝)は開館

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる