東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおう

2020/10/16(金)~2021/03/07(日) ※新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、5/29(金)からの会期を変更して開催

クリップ路線・徒歩ルート

クリップ周辺情報を見る

『わかりあえなさ』を、お互いにわかりあおう。それにはどうするかを見てみよう。本展は「翻訳・トランスレーション」を軸に展開。

  • トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおうの画像1

    ▲トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおう キービジュアル

  • トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおうの画像2

    ▲島影圭佑「OTON GLASS」
    視覚障がい者のために、文字を代わりに読み上げるメガネ。

  • トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおうの画像3

    ▲永田康祐「Translation Zone」
    言語と食文化の類似に着目し、それぞれにおける文化的混交や摩擦を、翻訳という観点から考察する映像作品。

  • トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおうの画像4

    ▲長谷川 愛「Human X Shark」
    「サメを性的に魅惑する香水」の制作を通して、分子レベルでの異種間コミュニケーションについて考えるリサーチプロジェクト。

  • トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおうの画像5

    ▲Ferment Media Research「NukaBot v3」
    ぬか床の中に棲む無数の微生物たちの発酵具合を音声に翻訳するロボット。

  • トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおうの画像6

    ▲和田夏実「Visual Creole」
    想像を手の動きであらわして見せる視覚言語としての手話の世界を、鑑賞者とともに探る映像作品。

イベント詳細

わかりあえないはずの存在同士が意思疎通を図るため、コミュニケーションを支えるのが「翻訳」のプロセス。展覧会ディレクターに情報学研究者のドミニク・チェン氏を迎えて開催される本展では、「翻訳=トランスレーション」と呼ばれる行為をある種の「コミュニケーションのデザイン」と見なしてみます。普段から何気なく使っている言葉の不思議さ、そしてそこから生まれる「解釈」や「誤解」の面白さを実感できる空間をつくり、互いの「わかりあえなさ」を受け容れあう可能性を提示していきます。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

このイベントを取り上げた記事

基本情報

イベント名 トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおう
開催期間 2020/10/16(金)~2021/03/07(日) ※新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、5/29(金)からの会期を変更して開催
最寄り駅 六本木駅 乃木坂駅
会場 21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2
時間 開始:10:00
終了:19:00
備考:入場は閉館の30分前まで
料金・費用 一般 1,200円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料
※各種割引については公式サイト「ご利用案内」をご確認ください
お問い合わせ 21_21 DESIGN SIGHT
電話番号:03-3475-2121
オフィシャル
サイト
21_21 DESIGN SIGHT 公式サイト
備考 火曜日、年末年始(12月26日(土)~1月3日(日))は休館
※ただし、2月23日(火・祝)は除く

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる