東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生している場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

古典×現代2020ー時空を超える日本のアート

2020/06/24(水) ~ 2020/08/24(月) ※新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、当初予定の3/11(水) ~ 6/1(月)から延期

クリップ路線・徒歩ルート

クリップ周辺情報を見る

  • トップ

「葛飾北斎×しりあがり寿」「曾我蕭白×横尾忠則」など作品を比べて楽しめる。古典と現代の美術を対比して見えてくる、日本のアートの新たな魅力。

イベント詳細

古い時代の美術と現代美術の対比を通して、日本美術の豊かな土壌を探り、その魅力を新しい視点から発信する展覧会「古典×現代2020ー時空を超える日本のアート」が国立新美術館で開催されます。
会場は、江戸時代以前の絵画や仏像、陶芸や刀剣の名品を現代を生きる8人の作家の作品と対になるよう組み合わせ、一組ずつ8つの展示室で構成。古典側は曾我蕭白、円空、葛飾北斎ら誰もが知る巨匠の作品や、鎌倉時代の仏像、江戸時代の花鳥画、刀剣の名品を選出。現代側は、川内倫子、鴻池朋子、しりあがり寿、菅木志雄、棚田康司、田根剛、皆川明、横尾忠則ら、今の日本を代表するクリエイターたちの造形が並びます。現代作家たちの仕事と過去の名品との関係は様々。展覧会では、世界観や主題、造形、制作方法の類似を示すだけでなく、先達から得たインスピレーションや、だれもが知るイメージに基づくパロディ、古い作品を取り込んだインスタレーションなど、過去の偉業に積極的に関与していく現代の作家たちの姿にも焦点を当てます。
今日の優れた表現と、今なお私たちを惹きつけてやまない古の名品の比較を通じて、単独では見えてこない新たな魅力を発見してみては。

<展覧会のポイント>
・日本美術史の巨匠×気鋭の現代作家、8組の共演
・ジャンルをまたぐセレクション、幅広い創造分野を横断
・第一線で活躍する現代作家の新作ぞくぞく
・国立新美術館初、國華社との共同企画
・「日本博」プロジェクト採択企画

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 古典×現代2020ー時空を超える日本のアート
開催期間 2020/06/24(水) ~ 2020/08/24(月) ※新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、当初予定の3/11(水) ~ 6/1(月)から延期
最寄り駅 乃木坂駅 六本木駅
会場 国立新美術館 企画展示室2E
時間 開始:10:00
終了:18:00
備考:入場は閉館の30分前まで
料金・費用 【当日券】
一般 1,700円、大学生 1,100円、高校生 700円
※詳細については展覧会HPにてご確認ください。
お問い合わせ ハローダイヤル
電話番号:03-5777-8600
オフィシャル
サイト
古典×現代2020ー時空を超える日本のアート
備考 休館日:毎週火曜日

国立新美術館のその他のイベント

国立新美術館のイベント一覧を見る

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる