東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのか

2019/11/19(火) ~ 2020/03/29(日)
  • トップ

豊かさとは、人間とは、生命とは?美術の領域を越えたプロジェクトや作品100点超を一挙公開。近未来を人々と共に考える本展のタイトルは、人工知能により決定。

  • 未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのかの画像1

    ▲アギ・ヘインズ《体温調整皮膚形成手術》(「変容」シリーズより)2013年

  • 未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのかの画像2

    ▲長谷川愛《シェアード・ベイビー》2011年

  • 未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのかの画像3

    ▲エコ・ロジック・スタジオ《H.O.R.T.U.S. XL アスタキサンチン g》 2019年 (C) NAARO

  • 未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのかの画像4

    ▲ビャルケ・インゲルス・グループ《オーシャニクス・シティ》2019年

  • 未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのかの画像5

    ▲WOHA《オアシア・ホテル・ダウンタウン》2016年撮影:Patrick Bingham-Hall

  • 未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのかの画像6

    ▲ビャルケ・インゲルス&ヤコブ・ランゲ《球体》
    2018年 撮影:MichaelFilippoff

イベント詳細

テクノロジーの発達は、日々の生活のさまざまな側面に大きな影響を与えようとしているいま、近未来のヴィジョンについて人々と共に考えようと試みる展覧会が森美術館にて開催。AI(人工知能)、バイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)などの最先端テクノロジーや、その影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の都市、環境問題からライフスタイルそして社会や人間のあり方について、100点を超えるプロジェクトや作品が紹介されます。さらに、本展でのAIを活用したコラボレーションの可能性について、AIの開発と実績において秀でる日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)と森美術館の間で協議が重ねられました。その結果、IBMが開発したAI「IBM Watson」を利用して生成された15,000を超える候補から選ばれたのが、本展のタイトルとなります。豊かさとは何か、人間とはそして生命とは何かという根源的な問いに、展示作品群から気づきを得られるかもしれません。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのか
開催期間 2019/11/19(火) ~ 2020/03/29(日)
最寄り駅 六本木駅
会場 森美術館
時間 開始:10:00
終了:22:00
備考:火曜日のみ17:00まで
※ただし11/19(火)、12/31(火)、2/11(火・祝)は22:00まで
※入館はいずれも閉館の30分前まで
料金・費用 一般 1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子ども(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円
※前売りチケット販売期間:発売中~2020/03/29(日)、詳細は公式サイトをご確認ください。
お問い合わせ ハローダイヤル
電話番号:03-5777-8600
オフィシャル
サイト
森美術館 未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命ー人は明日どう生きるのか
注意事項 会期中無休

森美術館のその他のイベント

森美術館のイベント一覧を見る

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる