東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター

2020/01/09(木) ~ 2020/03/08(日)
  • トップ

世界初公開を含む多数の未公開作品が東京へ!「カラー写真のパイオニア」と呼ばれた伝説の、未だ知られない写真家ソール・ライターの回顧展、再び開催。

  • ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライターの画像1

    ▲ソール・ライター 《薄紅色の傘》1950年代、発色現像方式印画 (c) Saul Leiter Foundation

  • ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライターの画像2

    ▲ソール・ライター 《セルフ・ポートレイト》1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント (c) Saul Leiter Foundation

  • ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライターの画像3

    ▲ソール・ライター 《無題》撮影年不詳、発色現像方式印画 (c) Saul Leiter Foundation

  • ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライターの画像4

    ▲ソール・ライター 《窓》1957年、発色現像方式印画 (c) Saul Leiter Foundation

  • ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライターの画像5

    ▲ソール・ライター 《落書きの顔》1950年、発色現像方式印画 (c) Saul Leiter Foundation

  • ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライターの画像6

    ▲ソール・ライター 《無題》撮影年不詳、発色現像方式印画 (c) Saul Leiter Foundation

イベント詳細

ニューヨークの写真家ソール・ライターの回顧展が、Bunkamura ザ・ミュージアムにて開催。前回大きな話題を呼んだ回顧展より3年余りの時を経て、再び、同じ会場にて開催されます。ファッション写真家として成功を収めながら、表舞台から姿を消したのは1980年代のこと。改めて彼の作品が脚光を浴びるきっかけとなったのは、2006年ドイツの出版社シュタイデル社刊行の自身の写真集『Early Color』によるものでした。約8万点のカラー写真と作品の大半を整理することなく世を去ったライターの「発掘作業」は、ニューヨークのソール・ライター財団により現在も継続中。前回の展覧会では発掘しきれていなかった膨大なアーカイブの中から、世界初公開を含む未公開作品と豊富な作品資料が東京へとやってきます。それらを通じて、ソール・ライターのさらに知られざる一面を紐解き、その魅力に迫る展覧会となります。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター
開催期間 2020/01/09(木) ~ 2020/03/08(日)
最寄り駅 渋谷駅 神泉駅
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム
時間 開始:10:00
終了:18:00
備考:金・土は21:00まで
※入館は各閉館の30分前まで
料金・費用 一般 1,500(1,300)円、大学・高校生 1,000(800)円、中・小学生 700(500)円
※( )内は前売券および20名以上の団体料金
※各種割引チケットなどの情報は公式サイトをご確認ください。
お問い合わせ ハローダイヤル
電話番号:03-5777-8600
備考:受付時間 8:00~22:00
主催 主催;Bunkamura、読売新聞社
協力:ソール・ライター財団
企画協力:コンタクト
オフィシャル
サイト
Bunkamura ザ・ミュージアム
注意事項 1/21(火)・2/18(火)のみ休館

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる