東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

ラウル・デュフィ展  絵画とテキスタイル・デザイン

2019/10/05(土) ~ 2019/12/15(日)
  • トップ

画業とモードの観点からデュフィの魅力に迫る!明るく華やかな絵画作品に、当時の上流階級の女性たちを魅了したテキスタイルの衣装作品や関連資料なども併せて展示。

  • ラウル・デュフィ展  絵画とテキスタイル・デザイン の画像1

    ▲《ニースの窓辺》
    1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵

  • ラウル・デュフィ展  絵画とテキスタイル・デザイン の画像2

    ▲《黄色いコンソール》
    1949年頃 油彩/キャンバス 大谷コレクション

  • ラウル・デュフィ展  絵画とテキスタイル・デザイン の画像3

    ▲イヴニング・コート《ペルシア》
    ドレス・デザイン原案 ポール・ポワレ(1911年)
    制作 モンジ・ギバン 2007年 絹 デュフィ・ビアンキーニ蔵

  • ラウル・デュフィ展  絵画とテキスタイル・デザイン の画像4

    ▲《ヴァイオリン》
    1989年(デザイン1914-20年頃) 毛織物 デュフィ・ビアンキーニ蔵

  • ラウル・デュフィ展  絵画とテキスタイル・デザイン の画像5

    ▲《貝殻と海の馬》
    1922-24年頃 金銀糸の入った錦 デュフィ・ビアンキーニ蔵

  • ラウル・デュフィ展  絵画とテキスタイル・デザイン の画像6

    ▲《ダンスホール〔紙の試し刷り〕》
    1920年頃 木版/紙 デュフィ・ビアンキーニ蔵

イベント詳細

パナソニック汐留美術館にて開催の本展では、絵画とテキスタイル・デザインの作品を紹介。デュフィが目指した表現の本質と作品に付随する装飾性の意義に迫ります。会場には、陽光があふれる穏やかな南仏の海と活気ある室内を描いた《ニースの窓辺》をはじめ、音楽や社交がテーマの油彩画など、現代でも多くの人々を惹きつけてやまない絵画のほか、デュフィがファッション・デザイナーに提供していたデザイン原画や下絵、オリジナルテキスタイル、復刻生産されたテキスタイルによる衣装作品など、デザイン関連の資料も多数展示されます。会期中は関連イベントも開催。詳細は公式サイトをご確認ください。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 ラウル・デュフィ展  絵画とテキスタイル・デザイン
開催期間 2019/10/05(土) ~ 2019/12/15(日)
最寄り駅 汐留駅 新橋駅
会場 パナソニック汐留美術館
時間 開始:10:00
終了:18:00
備考:11/1(金)、12/6(金)は20:00まで
※入館はいずれも閉館の30分前まで
料金・費用 一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中・高校生 500円、小学生以下無料
※他の割引情報は公式サイトをご確認ください。
お問い合わせ ハローダイヤル
電話番号:03-5777-8600
オフィシャル
サイト
パナソニック汐留美術館 
このイベントを取り上げた特集
注意事項 水曜休館

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる