東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントの中止・変更、店舗・施設の休業、営業時間の変更が発生するケースが増えています。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン-200年の肖像」展

開幕日未定~ 2020/06/28(日) ※新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、当初の開始予定日4/26(日)より延期

クリップ路線・徒歩ルート

クリップ周辺情報を見る

  • トップ

稀有な機会到来!日本初公開となるショパン自筆の楽譜や手紙そして「フリデリク・ショパンの肖像」など約250点を展示。音楽家の展覧会らしく音楽も堪能できる。

  • 日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン-200年の肖像」展の画像1

    ▲《フリデリク・ショパンの肖像》
    アリ・シェフェール、1847年、油彩、カンヴァス、51.5×44.0cm
    credit:Dordrechts Museum
    ※日本初公開

  • 日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン-200年の肖像」展の画像2

    ▲《「エチュードヘ長調作品10の8」自筆譜(製版用)》
    フリデリク・ショパン、1833年以前、インク、紙、
    25.4x34.1cm
    photo:The Fryderyk Chopin Institute
    ※日本初公開

  • 日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン-200年の肖像」展の画像3

    ▲《自筆の手紙ーパリのヴォイチェフ・グジマワ宛て(エディンバラ、1848年10月3日)》
    フリデリク・ショパン、1848年、インク、紙、13.5x14.5cm
    photo:The Fryderyk Chopin Institute
    ※日本初公開

  • 日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン-200年の肖像」展の画像4

    ▲《王立ワジェンキ公園のフリデリク・ショパン記念像胸部》
    エウゲニウシュ・ジャルコフスキ鋳造、
    ヴァツワフ・シマノフスキ原作(1926頃)
    1968年、ブロンズ、高さ54.0cm、幅38.0cm
    photo:The Fryderyk Chopin Institute

  • 日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン-200年の肖像」展の画像5

    ▲《著名なピアニストたち》
    グレゴワール&ドゥー版画、ニコラ=ウスタシュ・モラン原画、1842年、リトグラフ、紙、76×82.6cm
    photo:The Fryderyk ChopinInstitute

  • 日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン-200年の肖像」展の画像6

    ▲《ヴェジブノからのポーランド軍部隊の帰還》
    マルチン・ザレスキ、1831年、油彩、カンヴァス、51.5x79.0cm
    (C)Copyright by Ligier Piotr/Muzeum Narodowe w Warszawie

イベント詳細

今も世界中で愛され続けるポーランド出身の作曲家、フリデリク※1・ショパン(1810-1849)。繊細な曲調やピアノ曲を多く作曲したことから“ピアノの詩人”と呼ばれ、日本人にとっても心を引きつけてやまない特別な音楽家のひとりです。ポーランドの国立フリデリク・ショパン研究所※2の全面的な協力を得て企画、実施される本展では、日本初公開となるショパン自筆の楽譜や手紙をはじめ、油彩画、版画、ポスター、彫刻、書籍など約250点を展示。ショパンの自筆の楽譜は、非常に厳重に保管されており、所蔵するフリデリク・ショパン博物館でも公開は限られています。ショパンの音楽と生涯を主軸に、多彩な美術作品や資料を通じて生誕後約200年にわたるショパン像を紹介します。関連イベントも多数開催予定。日本にいながらにして間近で鑑賞できる稀有な機会となる展覧会です。

※1 本展では、ショパンの洗礼名をアルファベットではポーランド語のまま「Fryderyk」とし、カナ表記では原語の発音により近い「フリデリク」を用います。
※2 国立フリデリク・ショパン研究所:ショパンの遺品・権利などを一括して管理し、研究、出版、音楽会、普及活動、フリデリク・ショパン博物館の運営、ショパン国際ピアノコンクールの開催などを行っています。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン-200年の肖像」展
開催期間 開幕日未定~ 2020/06/28(日) ※新型コロナウイルス感染拡大に配慮し、当初の開始予定日4/26(日)より延期
最寄り駅 中村橋駅
会場 練馬区立美術館
時間 開始:10:00
終了:18:00
備考:入館は17:30まで
料金・費用 一般 1,000円、高校・大学生および65~74歳 800円
障害者(一般)500円、障害者(高校・大学生) 400円
団体(一般) 800円、団体(高校・大学生) 700円
※中学生以下および75歳以上無料
※一般以外の方は年齢等を確認できるものを要提示
お問い合わせ 練馬区立美術館
電話番号:03-3577-1821
オフィシャル
サイト
練馬区立美術館 日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン-200年の肖像」展
注意事項 月曜、5月7日(木)休館
※ただし、5月4日(月・祝)は開館
※新型コロナウイルスの感染症拡大の防止のため、開催期間などに変更が生じる場合があります。最新の情報は公式サイトをご確認ください

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる