東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男

2019/09/03(火) ~ 2019/09/29(日)
  • トップ

浮世絵師・初代「歌川豊国」の魅力に迫る!これまでほとんど行われていない「歌川豊国」の画業全体を紹介する回顧展、太田記念美術館にて開催。

  • 生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男の画像1

    ▲歌川豊国「三代目市川高麗蔵の佐々木巌流」(太田記念美術館蔵)

  • 生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男の画像2

    ▲歌川豊国「役者舞台之姿絵 まさつや」(太田記念美術館蔵)

  • 生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男の画像3

    ▲上:歌川豊国「菅原伝授手習鑑」車引、下:歌川豊国「愛宕山夏景色」いずれも太田記念美術館蔵

  • 生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男の画像4

    ▲曲亭馬琴作/歌川豊国画『復讐奇譚稚枝鳩』巻之三(個人蔵)

  • 生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男の画像5

    ▲歌川豊国「猫の介科(みぶり)」(個人蔵)

イベント詳細

初代・歌川豊国は、東洲斎写楽と人気を競って役者絵の世界で頭角をあらわしました。彼の透明感のある爽やかな画風は、同時期に活躍した写楽を退け、役者絵の世界を席巻。美人画でも、人気絵師・喜多川歌麿の描く艷やかな女性とは異なる、健康的で柔らかな雰囲気の女性を描いて豊国は人気となりました。さらに、読本や合巻といった版本挿絵の世界では、葛飾北斎とも人気の上で互角に渡り合い、精力的に作品を生み出しています。本展では豊国の優れた作品を幅広く紹介しながら、筆があまり早いほうではなかったといわれる豊国を版元が策を練って画を描かせたエピソードなど人間味あふれる話も披露されます。会期中は連携企画も開催。詳細は公式ホームページをご確認ください。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男
開催期間 2019/09/03(火) ~ 2019/09/29(日)
最寄り駅 明治神宮前〈原宿〉駅
会場 太田記念美術館
時間 開始:10:30
終了:17:30
備考:入館は17:00まで
料金・費用 一般 1,000円、大学・高校生 700円、中学生以下無料
※中学生以上の学生は要学生証提示。
※障害者手帳提示で本人と付き添い1名は100円引き。
※料金はいずれも税込み。
※その他各種の割引については美術館へお問合せください。
お問い合わせ ハローダイヤル
電話番号:03-5777-8600
オフィシャル
サイト
太田記念美術館
注意事項 9/1(日)、2(月)、9(月)、17(火)、24(火)、30(月)は休館日

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる