東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなし

2019/07/05(金) ~ 2019/09/29(日)

クリップ携帯に送る

  • トップ

着付け方やコーディネートひとつで、様相が変わるアンティーク着物を万華鏡のように楽しむ!大正から昭和の着物の着こなしを、当時の抒情画や文学作品から読み解く。

  • アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしの画像1

    ▲竹久夢二/画「SPRING」大正13年

  • アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしの画像2

    ▲竹久夢二の「SPRING」をもとに再現したコーディネート(左)と、同じ着物で帯や小物を変えた岩田バージョンのコーディネート(右)

  • アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしの画像3

    ▲高畠華宵「ニューファッション」大正末~昭和初期(左)と、高畠華宵「ニューファッション」をもとに再現したコーディネート(右)

  • アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしの画像4

    ▲須藤しげる「落葉の唄」大正末~昭和初期(左)と、着物・帯・半襟・帯留全て薔薇づくしの取り合わせ(右)

  • アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしの画像5

    ▲菊池寛/作 小説「結婚天気図」に描かれた挿絵をもとに再現したコーディネート

  • アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしの画像6

    ▲初公開!文豪・徳田秋聲の愛用のマント・鞄・ステッキ

イベント詳細

お隣同士に位置する弥生美術館と竹久夢二美術館にて、アンティーク着物の着こなしを紹介する展覧会が開催。竹久夢二など、大正から昭和に描かれた抒情画や文学作品のなかで描かれた乙女の着物の着こなしを元に、現代のファッションスタイリストがアンティーク着物をコーディネートし、元の作品と併せて紹介。着物のしたに着用の長襦袢に込められた遊び心を紹介するなど、興味深い展示もあり、当時の着物の着こなしを、平面と立体の両方から楽しめます。そして、本展初公開となる文豪・徳田秋聲の愛用のマントと鞄、ステッキも展示。懐かしい雰囲気はそのままに、どこか新鮮で、今でも充分お洒落なアンティーク着物の着こなしを存分に堪能できます。会期中はギャラリートークも開催。詳細は公式サイトをご確認ください。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

弥生美術館・竹久夢二美術館公式サイト

基本情報

イベント名 アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなし
開催期間 2019/07/05(金) ~ 2019/09/29(日)
最寄り駅 根津駅 東大前駅
会場 弥生美術館、竹久夢二美術館
時間 開始:10:00
終了:17:00
備考:入館は16:30まで
料金・費用 一般 900円、大学・高校生 800円、中学生・小学生 400円
※両美術館、併せて観覧可
※割引料金については公式サイトを参照
お問い合わせ 弥生美術館
電話番号:03-3812-0012
竹久夢二美術館
電話番号:03-5689-0462
オフィシャル
サイト
弥生美術館・竹久夢二美術館公式サイト
弥生美術館・竹久夢二美術館公式Facebook
このイベントを取り上げた特集
注意事項 毎週月曜休館
※ただし、7/15、8/12、9/16、9/23は開館、7/16、9/17、9/24は休館

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる