東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

曖昧の断片

2019/06/22(土) ~ 2019/07/12(金)
  • トップ

「曖昧の断片」

  • 曖昧の断片の画像1

    紺野真弓/Mayumi Konno 《Under cover of images》 2019, 35.6x45.7cm, アクリル、キャンバス

  • 曖昧の断片の画像2

    平井豊果/Yutaka Hirai 《肖像画#2》 2018, 51.5x36.4cm, アクリルガッシュ、コラージュ、キャンバス

イベント詳細

「曖昧の断片」

2019/6/22(土) – 7/12(金) 12:00-19:00  (日、月、祝 – 休廊)
オープニング・レセプション 6/22(土) 17:00-19:00
 
ARTISTS:紺野真弓・平井豊果
 
紺野真弓の作品は、人の認識するイメージの揺らぎや人によって切り取られたイメージなどをテーマに制作される。
描かれる女性の悲しげな表情には、唯一無二の魅力がある。
平井豊果の作品は、この世界の不条理さが根底にあり、悲しみや不安感が無意識の内に込められ、存在しない幻想を見るかのような独特の世界観を持つ。
作品の内面に多くの共通点を持つアンニュイな雰囲気の作品群をお楽しみください。
 
※作品の販売は抽選を予定しております。詳細は後日HPに掲載いたしますので、お待ちください。
 
◆紺野 真弓 Mayumi KONNO
 
1987年宮城県生まれ。2015年より作家活動を開始。
 
個々人によって切り取られたりフィルターを通したりして見られる物事のように、それぞれが見ている/見られている形をテーマに作品を制作。
デジタルイラストで使用される効果を取り入れるなど、「人によって作られるイメージ」の表現を試みている。
 
(主な展覧会)
2016年 個展「ずっと絵の中」/アートコンプレックスセンター
2017年 個展「部屋の形」/アートコンプレックスセンター
2018年 個展「蝶々結びを忘れて」/アートコンプレックスセンター
 
◆平井 豊果 Yutaka HIRAI
 
神奈川県鎌倉市生まれ。
好奇心が強く自由奔放に生きたい自分と,それらを許さない糞真面目なもう一人の自分が常に対立し如何にして生きるかを考えながら制作しています。
2013年暮れから現在まで毎日何か一つ制作する事を続けています。
 
(主な展覧会)
2017 年 個展「真夜中の肖像」/ondo STAY&EXHIBITION
2018年 個展「原点回帰」/TETOKA
2018年 イラストレーションウェーブ展/3331アーツ千代田
 
(賞歴)
2017年 イラストノート誌第18回ノート展入選
2017年 東京イラストレーターズ・ソサエティ 第15回TIS公募TIS大賞
2018年 ペーターズギャラリーコンペ 大久保明子賞

基本情報

イベント名 曖昧の断片
開催期間 2019/06/22(土) ~ 2019/07/12(金)
最寄り駅 日本橋駅(徒歩1分) 京橋駅 宝町駅
会場 MASATAKA CONTEMPORARY
時間 開場:12:00
終了:19:00
お問い合わせ info@masataka-contemporary.com
電話番号:03-3275-1019
オフィシャル
サイト
http://www.masataka-contemporary.com/

MASATAKA CONTEMPORARYのその他のイベント

MASATAKA CONTEMPORARYのイベント一覧を見る

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる