東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録
  •  クリップとは?

リニューアル・オープン記念展 企画展「百年の編み手たち ー流動する日本の近現代美術ー」

2019/03/29(金) ~ 2019/06/16(日)
  • トップ

企画展示室全3フロアを使って開催!1910年代から現在までの、東京都現代美術館の実験精神あふれる作品の数々を、現在の創造に繋がる視点で紹介する初めての展覧会。

  • リニューアル・オープン記念展 企画展「百年の編み手たち ー流動する日本の近現代美術ー」の画像1

    岸田劉生《椿君に贈る自画像》1914

  • リニューアル・オープン記念展 企画展「百年の編み手たち ー流動する日本の近現代美術ー」の画像2

    . 中原實《杉の子》1947

  • リニューアル・オープン記念展 企画展「百年の編み手たち ー流動する日本の近現代美術ー」の画像3

    . 桂ゆき《抵抗》1952

  • リニューアル・オープン記念展 企画展「百年の編み手たち ー流動する日本の近現代美術ー」の画像4

    . 横尾忠則《腰巻お仙》(劇団状況劇場)1966

  • リニューアル・オープン記念展 企画展「百年の編み手たち ー流動する日本の近現代美術ー」の画像5

    森村泰昌《肖像(少年 1、2、3)》1988

  • リニューアル・オープン記念展 企画展「百年の編み手たち ー流動する日本の近現代美術ー」の画像6

    泉太郎《ステーキハウス》2009

イベント詳細

岸田劉生が活躍した大正時代から現在まで、それぞれの時代の美術を創作する「編み手たち」は、その時々の課題と向き合い、「 日本の美術のありよう」をめぐって批評的に制作してきました。この展覧会は、日本の近現代の創造を、新旧の多様な表現や技術を編集し、そして社会と創造的な関係を切り結んできた「編み手たち」による試みという側面から再考するものです。作品からはハイブリッドな性格をもつ日本における創造のありようそのものを主題とする、先駆的な制作のあり方が見えてくるでしょう。同時代美術の多様なあり方と伴走してきた 東京都現代美術館のコレクションの中から、選りすぐりの作品だけでなく、美術図書室の創作版画誌や特別文庫など戦前からの貴重な資料を紹介。また、時代とともに変化してきた、東京都現代美術館が位置する木場という地域をめぐる創造も紹介します。日本の近現代美術史のなかに点在する重要な作品群を、東京都現代美術館の3フロアの展示室全体を使って総覧することで、百年にわたる歴史の一側面があきらかになるでしょう。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 リニューアル・オープン記念展 企画展「百年の編み手たち ー流動する日本の近現代美術ー」
開催期間 2019/03/29(金) ~ 2019/06/16(日)
最寄り駅 清澄白河駅(徒歩9分)
会場 東京都現代美術館 企画展示室 3F、1F、B2F
時間 開始:10:00
終了:18:00
備考:※展示室入場は閉館の30分前まで
お問い合わせ ハローダイヤル
電話番号:03-5777-8600
オフィシャル
サイト
東京都現代美術館
注意事項 毎週月曜休館(祝日の場合は翌平日)
※ただし、2019/4/29(月・祝)、5/6(月・休)は開館

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる