東京のおでかけイベント情報満載

  •  ログイン
  •  新規会員登録

これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―

2019/04/06(土) ~ 2019/09/29(日)
  • トップ

「日本美術の花」といえる金屏風が、岡田美術館の3階の展示室を埋め尽くします。その豪華絢爛な「黄金の空間」を堪能できる展覧会です。

  • これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―の画像1

    ▲狩野派「春夏花鳥図屏風」(部分) 桃山時代(17世紀初頭) 岡田美術館蔵

  • これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―の画像2

    ▲尾形光琳「菊図屏風」(部分) 江戸時代前期 岡田美術館蔵 展示期間:7/5(金)~9/29(日)

  • これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―の画像3

    ▲木村武山「松に鶴図屏風」」(部分) 昭和2年(1927) 岡田美術館蔵

  • これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―の画像4

    ▲狩野派「春秋花鳥図屏風」(部分) 桃山時代~江戸時代初期(17世紀初頭) 岡田美術館蔵

  • これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―の画像5

    ▲「柳橋水車図屏風」(部分) 江戸時代前期 岡田美術館蔵 展示期間:4/6(土)~7/5(木)

  • これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―の画像6

    ▲「平家物語図屏風」(右隻部分) 江戸時代前期 岡田美術館蔵

イベント詳細

何枚かのパネルが連続し、折りたたむことができる「屏風」の発祥は中国。日本にもたらされた後、独自の発達を遂げた調度品です。なかでも、あでやかに彩り、輝く黄金で加飾した「金屏風」は、国内で幅広く使われただけでなく、アジアやヨーロッパの国王などに進物として贈られ、国際的に喜ばれた日本ならではの美術品でした。本展覧会では、桃山時代から昭和初期にいたる、狩野派・長谷川派・琳派ほかの画家たちが手掛けた花鳥画・名所絵・物語絵・山水図など「日本美術の花」といえる金屏風約30点によって、岡田美術館の3階全4室が埋め尽くされます。作品ごとに異なる金の使い方や、時代による変遷などに注目しながら、豪華絢爛な「黄金の空間」を堪能することができます。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 これぞ黄金の国・日本 金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―
開催期間 2019/04/06(土) ~ 2019/09/29(日)
最寄り駅 小涌谷駅
会場 岡田美術館 3F
時間 開始:9:00
終了:17:00
備考:入館は16:30まで
※会期中、一部展示替実施
料金・費用 一般・大学生 2,800(2,550)円、小・中・高校生 1,800(1,550)円
※( )内は前売
※特別展会場以外の観覧も可
お問い合わせ 岡田美術館
電話番号:0460-87-3931
オフィシャル
サイト
岡田美術館
注意事項 会期中無休

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる