画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年

2019/01/03(木) ~ 2019/03/31(日)
  • トップ

人気漫画家として劇画ブームを牽引し、いまなお精力的に作品を発表し続けるバロン吉元先生。約250点の作品展示のほか記念イベントも多数開催!先生ご本人の登場も♪

  • 画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年の画像1

    ▲「日本柔侠伝・第30章」扉絵原画
    / 『週刊漫画アクション』1979年6月28日号 / (C)バロン吉元

  • 画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年の画像2

    ▲『どん亀野郎』真珠湾編表紙原画 / 1974年 / (C)バロン吉元

  • 画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年の画像3

    ▲「現代柔俠伝」蛟龍期4原画 / 『週刊漫画アクション』 / 1975年7月10日号 / (C)バロン吉元

  • 画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年の画像4

    ▲「Sacrifice」2014年制作 2000×3000mm / (C)バロン吉元

  • 画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年の画像5

    ▲「血蝶」1991年 / 728×515mm(B2) / (C)バロン吉元

イベント詳細

1959年のデビュー以降、1960年代から70年代にかけて劇画ブームの第一線で人気漫画家として活躍したバロン吉元先生。印象深い画風と魅力的な人物像の代表作「柔俠伝」シリーズをはじめ、「どん亀野郎」「黒い鷲」「殴り屋」など数多くの作品を発表していました。人気絶頂の最中、全ての連載を終了し突如渡った米国...。1985年に帰国した後はバロンの名を伏せ、新たに絵画の制作を中心に活動を開始、現在も精力的に作品を制作発表を続け、国内外での個展を多数開催しています。本展では、漫画家時代からの作品をはじめ最新描きおろしを含む大型絵画作品や愛用の画材、関連資料など約250点の展示のほか、先生にゆかりのある方々によるトークイベントやギャラリートークも開催。また先生ご本人が登場し公開お悩み相談会に加えサイン会も開催されます!イベントの詳細は公式サイトをご確認ください。

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年
開催期間 2019/01/03(木) ~ 2019/03/31(日)
最寄り駅 根津駅 東大前駅
会場 弥生美術館
時間 開始:10:00
終了:17:00
備考:入館は16:30まで

展示替え:前期 1/3(木)~2/17(日)、後期 2/19(火)~3/31(日)
お問い合わせ 弥生美術館
電話番号:03-3812-0012
主催 主催 弥生美術館
特別協力 バロン.プロ、エ☆ミリー吉元(バロン.プロ/バロン吉元長女)
オフィシャル
サイト
弥生美術館
注意事項 毎週月曜、1月15日(火)・2月12日(火)休館
※ただし、1月14日(月・祝)・2月11日(月・祝)は開館

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる