ルーベンス展-バロックの誕生

2018/10/16(火) ~ 2019/01/20(日)

17世紀の欧州に生まれた壮麗華美なバロック美術様式。それを代表する画家のひとり、ルーベンス。その美術様式は、彼の作品にどのように影響を与えたのかを探る!

  • ルーベンス展-バロックの誕生の画像1

  • ルーベンス展-バロックの誕生の画像2

イベント詳細

ペーテル・パウル・ルーベンスの名は、日本ではテレビ名作アニメーション「フランダースの犬」によって広く知られています。主人公ネロが一目みたいと望み続けた「アントワープ聖母大聖堂」の祭壇画の作者であり、本展のメイン・アーティストがルーベンス。17世紀のイタリアに生まれた美術様式「バロック」を代表する画家のひとりです。本展では、ルーベンスの作品を西洋美術史を踏まえ、16世紀のイタリアの芸術家の作品や同時代以降のイタリア・バロックの芸術家たちとの作品とともに展示。ルーベンスが、バロック美術から何を学び、作品に取り入れ、後に続く画家たちにどのような影響を残したのかを展覧することができます。ルーベンスの展覧会はこれまでも開催されていますが、ルーベンスとイタリア・バロック美術との影響関係に焦点を当てた展覧会は初めての試みとなります。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。
※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

このイベントを取り上げた記事

基本情報

イベント名 ルーベンス展-バロックの誕生
開催期間 2018/10/16(火) ~ 2019/01/20(日)
最寄り駅 上野駅(徒歩1分)
会場 国立西洋美術館
時間 開始:9:30
終了:17:30
備考:金曜日・土曜日は20:00まで(ただし11/17は17:30まで)
入館はいずれも閉館の30分前まで
料金・費用 一般 1,600(1,400)円、大学生 1,200(1,000)円、高校生 800(600)円
※( )内は前売・20名以上の団体料金
※中学生以下無料
※心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳を提示してください)
※前売券販売 2018年10月15日(月)まで、日テレゼロチケ、セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、e+、CNプレイガイドにて
お問い合わせ ハローダイヤル
電話番号:03-5777-8600
主催 国立西洋美術館、TBS、朝日新聞社
オフィシャル
サイト
ルーベンス展-バロックの誕生
注意事項 毎週月曜(ただし12/24、1/14は開館)、12/28~1/1、1/15は休館

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる